« TBS情熱大陸・栗山民也 | トップページ | 本も着飾る秋 »

2010.10.17

有名アナウンサーによる、安宅・勧進帳の解説

10月17日(日) 「能を知る会 東京公演」 13:00~ 於・国立能楽堂

解説「歌舞伎と能 『勧進帳』と『安宅』」スペシャルゲスト 狂言「川上」野村万作、石田幸雄 一調「百萬」観世喜之、観世元伯--休憩--能「安宅 勧進帳 滝流」中森貫太(武蔵坊弁慶)、森常好(冨樫某)、中川優奈(源義経)ほか 大鼓・佃良勝、小鼓・観世新九郎、笛・寺井宏明

 岡山行きがナシになって、そうだ諦めてたこの会に行ける!と。そう思って調べたら、指定席チケットも安く買えたのでラッキーだった(+カンフェティの大量ポイント付き)。指定席は正面のみで、脇と中は自由席。かなり右とはいえ6列だったし、申し訳ないくらい。

 さて、解説があることはわかってたんだけど、NHKの伝統芸能番組でお馴染みのアナウンサー、とサイトなどには書いてあった。名前はナシ・・・だけど、やっぱりあの方よね、と思っていた通り、葛西聖司氏なのでした。名前を出しちゃいけない何かがあるの? 会の主催者、中森さんの挨拶のあと、おや、葛西氏はふつうに客席に座ってらしたのね(正面6列の中央通路そば)。そこから立ち上がって、前に進んでお話が始まった。さすがに、親しみやすくフムフムとよくわかる。これについては別項を立てる・・・かも。

 「川上」は万作さんで何度か見ているけど、ちょっと久しぶり。ほんと、狂言にもこんな曲があるんだ、と思った最初なんだなー。最後に手を携えて去っていく2人の後ろ姿に、しんみりしちゃった。

 「安宅」を見るのは2度目。前回はトモダチが素晴らしくいい席を取ってくれたこともあり、うわぁ・・・と圧倒されつつ見たのでした。その時は小書は「勧進帳」のみだったけど、今回は「滝流」も。子方ちゃんはこれで卒業とのことでした。確かに小学校6年生でスラリとしてるし、見た目からはもうちょっと小さい方がいいのかも。
 前半に、ちょっとアブナイ時もあったけど、勧進帳を読み上げるあたりからはバッチリ。気合いというか迫力をまざまざと感じた。まぁ、直面な分、さらに若さを感じさせる一行、というところも。

 しかーし、弁慶というとつい歌舞伎では・・・なんて思い描いちゃって、その時に浮かぶ顔が吉右衛門なのが我ながらおかしかった。笛の人は、なんか独特の不思議な雰囲気があったかも。

|

« TBS情熱大陸・栗山民也 | トップページ | 本も着飾る秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

解説は好きです。よく登場されるのは馬場あき子さんとか、三宅晶子さんとか。みなさんお話が興味深く、見目麗しく。。。ところでNHKの古典芸能アナウンサーというのは、どうやって採用しているのでしょう。野次馬的に興味あり。

投稿: クヮンジンチョウ | 2010.10.18 23:35

クヮンジンチョウさま
お名前が綺麗に決まってる。パチパチ。

解説、私も好きです。田中貴子さんで聞いたことがあると思います。国立の普及公演など行きたいと思いつつ、なかなかねー。
NHKの古典芸能のアナウンサー、葛西さんより若い世代の男性では、どなたなのか思い浮かばなーい。

投稿: きびだんご | 2010.10.19 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TBS情熱大陸・栗山民也 | トップページ | 本も着飾る秋 »