« 本も着飾る秋 | トップページ | SWAは何年ぶりかしら »

2010.10.19

「カエサル」の前後

10月18日(月) 「カエサル」 13:30~ 於・日生劇場

 いつもだとあまり見るようなタイプのお芝居じゃないんだけど、歌舞伎の舞台ではない幸四郎を見たい気持ちがむくむくと(笑)。共演者もなかなか魅力的だし、それに、12月の歌舞伎公演にそなえて、B席からの見え方をチェックしておきたい気持ちもあった。

 そんなこんなで、2階席の最後列、ただしほんとにセンター、という席を確保してみた。値段のわりに楽しめたとは思うけど、ここから菊ちゃんを見るか? いやもっと前でしょう、などとも思う。B席の最前列はどこかなー(3000円は魅力的)。B席に限らず、SでもAでもオススメの席があったら教えてね。

 ざっと感想モドキを書くくらいの余裕しかないんだけど、ほんとに幸四郎って朗々と台詞を言うのね。聞き惚れちゃう。ーマとか、ここなどという単語も耳に残る。・・・んだけど、ほほーっと台詞を聞いてて中身が頭に届かないきらいがあった。でも、やっぱり存在感はすごいなぁ。今後もいろいろ見たくなる。

 あと渡辺いっけい(キケロ)と高橋恵子(セルヴィーリア)が、すごくよかった。もちろん、瑳川哲朗、勝部演之も(もう少し出番があればよかったのに)。

 これは栗山民也演出。「情熱大陸」の中では(「ロックンロール」の稽古の時)、「わからなくていい」と彼は言ってたんだけど、やはりそれは劇場やお芝居による、ってことよね。ま、この時代のことは説明されなきゃ、でもあるし。

 チラシに「リーダー不在の現代日本におくる、激動と波乱の歴史大作」とある。今の日本、日本人に送る、という部分が前面に出るところが、私の好みじゃないかもな(「イリアス」を思い浮かべるのだが)。

 終演後、日比公園の方向へ歩き出したら、向こうから、魔法使いのおばあさん、みたいな人が来るのが目にはいった(全身じゃなくて上半身くらいしか見えなかった)。それは・・・実は小澤征爾氏なのでしたワ。杖をついてらしたけど、お元気そうでした。終演後の楽屋に用がおありだったのかしら。というわけで、いつもながら劇場周辺では「おじさん発見器」なのでした。

|

« 本も着飾る秋 | トップページ | SWAは何年ぶりかしら »

演劇」カテゴリの記事

コメント

見慣れた弁慶や大星や梶原あたりと、あのカエサルの口跡が、同じ役者のものだとは思えないくらい朗々でしょう?
歌舞伎以外の幸四郎をみるたび、私は高麗屋の後援会に入ろうかと思い立っては止めてるんですから。あはは。

キケロ。冒頭のシーンで「え、渡辺いっけいがキケロなの???」と驚いて、その時点では全然イメージが違うと思ってたのに、終わって見たらあれ以外のキケロは考えられないかもという気分になってました。

公演によって座席配分は変わる可能性がありますが、以前ここで高麗屋の梨園座や玉三郎の鏡花、亀治郎の信玄をみた時には、B席って今回同様に2階の後ろ3列(中央だけ2列)だった気がします。それ以外はすべてA席で。
オケピを作らない舞台構成だと前3列は近過ぎる気がするんですが、でも一度くらいはそこで見たいかも(笑)1階は傾斜がゆるいので後ろになるくらいならGC席のが断然見やすいと、私は思いますです。

投稿: 猫並 | 2010.10.20 20:17

昨日、見てきました。1日違いだったんですね。そして、なんと私も2回最後列、ほぼセンターだったと思います(通路際だったけど)。
芝居は面白かったような、面白くなかったような…結局よかったのかどうなのか、よくわかりませんでした でも幸四郎さんは台詞が明朗だったぶん、歌舞伎よりずっとよかったですわ 

投稿: SwingingFujisan | 2010.10.20 21:45

猫並さま
まず、座席情報ありがとうございます。そうですか、B席ってかなり少ないんですねぇ。菊ちゃん玉手を一度くらい上から見たいんですが、頑張ってA席にしようかなぁ。あと1週間くらい考えよっ。

オススメの幸四郎(歌舞伎以外)、確かに確かに。ほんとに朗々として、聞く方も台詞に酔いそうでした。梶原とかの、う~う~と、どうしてあんなに違うのかしら。
そして舞台ですごく大きい!! 見てよかったです。そして、また違うタイプのお芝居も見てみたい。
私は猫並レポで、渡辺いっけい=キケロ、というのはわかって行ってたわけですが、こんなに舞台で映える人とは。なんでしょうねぇ、役にふくらみがある? 水野美紀を休憩時間にチラシで確認するまで忘れていて、おおあれがそうだったのか、でした。役として、どうもねぇ・・・。

投稿: きびだんご | 2010.10.20 23:00

SwingingFujisanさま
あらっ、1日違いでしたか。席も同じあたりだったとは(同じ日でも、気がつかない可能性大の、目甲斐性ナシの私たち
お芝居は、もう少し近くで見ればまた引き込まれる部分もあったかな、という気がしています。でも、私の場合は、上にも書いたけれど「メッセージを押しつけられる」気配を感じると、サーッと引いちゃうんで、その辺かも。
しかーし、幸四郎の別の面を見られたのは、大満足です

投稿: きびだんご | 2010.10.20 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本も着飾る秋 | トップページ | SWAは何年ぶりかしら »