« 「菊」という字を練習中 | トップページ | 重源さまに会って来よう »

2010.11.06

感動しちゃったぜぃ、直侍

11月6日(土) 「吉例 顔見世大歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・新橋演舞場

通し狂言 天衣紛上野初花 河内山と直侍」 序幕/湯島天神境内の場、上州屋見世先の場 二幕目/大口楼廻し部屋の場、同 三千歳部屋の場、吉原田圃根岸美智の場 三幕目/松江邸広間の場、同 書院の場、同 玄関先の場 四幕目/入谷村蕎麦屋の場、大口屋寮の場 浄瑠璃「忍逢春雪解」清元連中 大詰/池の端河内山妾宅の場
幸四郎(河内山)、時蔵(三千歳)、段四郎(金子市之丞)、團蔵(暗闇の丑松)、秀太郎(後家おまき)、田之助(按摩丈賀)、菊五郎(片岡直次郎)ほか

 河内山と直侍は別々に見ることが多いけど、今回は通し! いやぁ、面白かったなぁ。月1ペースで集合している友人達との予定がなかなか立てられなかったから、とりあえず今日は一人で3階から。でも、いろいろ感想をお寄せくださる皆さまの「昼の部、よかった!」の声にも自信を得て、後日みんなで見ることに決めたのでした。

 今日はどういう気の迷いか(笑)、3階と言っても3階Bではなくて、センター。2列しかない部分の2列目。いや、1列目よりも気楽でいいかも。後ろにもたれたり、ちょっと身を乗り出したり、好きにしてましたワ(ただし、もたれてると、昼食後にとなりがち)。

 あ、上から1階の1列を見たら、なんと今日も25、26は最後まで空席だったもよう。なんか不気味だったりして・・・。(小説の読み過ぎ?)

 「河内山と直侍」の通しは、見たことがある(ような気はする)。たぶん国立で幸四郎&染五郎。でもね、大詰の「河内山妾宅」は全く記憶ナシ。雪の中を逃げる直次郎でオシマイ・・・いろいろゴッチャになってるのかな。(いや、大口屋の寮に市之丞が来るのも知らないし、ほんとに通しを見てるのかと)反省したので、備忘録たるこのブログ、序幕~大詰を記録しておきます。

 のっけ、湯島天神の場から、私もこの幸四郎・河内山はOKだわ~(←何がOKなんだか)。でも顔がいやに白くて髪が黒くて、ちょっと不思議。髪のせいで顔の白さに目がいくのかしら。いつもの「河内山」はあのツルツル頭のイメージしかないんだもん。通しだと、金子市之丞と丑松が、しばしば登場してきて、印象に残る。

 河内山チームで言うと、やっぱり錦之助の松江侯がいいわねぇ。あのワガママで癇性なトノサマぶり! 私の席からは、「馬鹿め」と言う河内山を見送る松江侯の表情は見えなかったけど、しっかり想像しちゃったよ。浪路の梅枝くんもういういしく綺麗。ま、上州屋の後家おまきの貫禄にくらべると、後見人の和泉屋清兵衛(友右衛門)が、少し頼りなかったかなぁ(思い出した、夜の部でも権十郎がお梶=時蔵の父親役で、この2人に関してはもう少し年輩の人がよかった)。

 さて、直次郎。なんてカッコイイんでしょ。決して褒められた人間じゃなくて最後にはお縄にかかるとしても、なんだろう、「生きてる」って感じ。人と向き合った時に、相手に対して真摯なのね、この男は。・・・って、直次郎を生きる菊五郎のことなの。三千歳が惚れるのも無理ない。時蔵・三千歳は、花魁だけど清潔感があって一途さが素敵。そういえば新造の2人、芝のぶ、菊三呂も、そんな時蔵に似合ってる。

 んでもって、三千歳に、一緒に死ぬなどと言わずに自分の供養をしてくれ、と言う直次郎。いや~、こういうところが好きだなぁと今回、すごく思った。甘やかな空気の中に強いものがある、といった感じ。これは菊五郎-時蔵ゆえに感じたのかもしれない。

 幕切れシーンも気持ちよくて、それは河内山の胆力、直次郎の潔さのゆえか。最初、演目と配役を知った時に、幸四郎の河内山なのぉ?と思ってしまった違和感もどこへやら。顔見世でこの2人の河内山&直次郎が見られて、歌舞伎気分がデス。

Suitou  今日は珍しくいろいろ荷物持参。暑い時期には重くて持ち歩けなかった水筒も、今なら持って行ける。最近は銀河プラザで南部せんべいを買って、おやつにするのが気に入ってるのよー。3階では「めで鯛焼き」のいい匂いがしてましたが、それはまた今度。

|

« 「菊」という字を練習中 | トップページ | 重源さまに会って来よう »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

良かったですよね、昼の部。
夜を先に観て、おお、夜はいい!と思ったけれど、翌日に昼を見て、おおおお、やっぱりオヤジはいい!と思っちゃいましたもん。

1列目25番って、良い場所だと思うんですけど…もしかして、その日の朝いきなり思い立って出かけたら、その席が取れるってことなんですかね?!
いかーん、そんなこと思いついちゃったら、つい誘惑に負けちゃうかも~

投稿: 猫並 | 2010.11.07 20:43

猫並さま
謎の空席1列25。毎回チェックしちゃいそうです。
明日あたり、あわてて音羽会に頼んだ14日「昼の部」チケットが届くようなんですが、いったいどの辺りが貰えてるのかなー(金曜朝FAXしたら、もうその日のうちに投函したんだって←鈴木氏談。こういうのは素早い!!)。
ほんと菊ちゃんの私も、昼の部の菊パパに惚れ直しましたワ。ついうかうかフラフラと演舞場に通ったりしてなんにもせよ、この先しばらくは音羽屋の舞台が見られるから、ウレシイ。

投稿: きびだんご | 2010.11.07 22:30

今日の夜の部、一列目の27・28が最後まで空席でした。
この辺りの席は、どなたの後援会が持っている席??なんて思ったりもして。
良い席が空席なのは勿体無いですよね。

夜の部、菊ちゃんを堪能できたので嬉しかったのですが、もしかしたら昼の部の方が良かったかもしれないと。。
通しは見応えがあるし、皆さん適役でしたし。
菊五郎さんも直侍の方が断然素敵だし!

投稿: 尚花 | 2010.11.07 23:42

尚花さま
うふっ。お帰りなさい。
尚花さんは、昼の部を先にご覧になったのねー。
そうなんですよっ。私も昼の方が気に入った、というのが正直なところです。菊パパの直侍は無敵だわっ
夜の部、私が見た2日目は、まだまだ台詞がアヤシイ役者さんも多くて、私も初めて見る演目だから、よけい厳しかったのかも。これは楽日近くに3階から見るので、それに期待してみます。

1列目チェック、ありがとうございます(笑)。今月は行くたびに見てしまうな、絶対!!

投稿: きびだんご | 2010.11.08 00:43

こんばんは。

WEb松竹を見てみたら、たまたま昼の部行ける日の3Bコーナー席が戻っていたので迷わずゲット!うふ、もう一度直侍が見られるぅ♪『謎の空席1列25』も忘れずにチェックしてきますね(笑)。

お昼は何にしようかなぁ、のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2010.11.09 23:10

からつぎさま
昨夜、私も見つけましたよっ。からつぎさまがゲットされたのは、きっと、あの日のあの席に違いない!!なーんて。 コーナー席だけが(3階Bは他の袖席もナシなのに)出てましたねっ からつぎさまに「見にきて~」だったのですワ、きっと。
その際は謎の空席チェック、よろしく~

投稿: きびだんご | 2010.11.09 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「菊」という字を練習中 | トップページ | 重源さまに会って来よう »