« 東京かわら版 | トップページ | 最終日の「仙厓展」 »

2010.11.03

顔見世・夜の部は、ほぼかぶりつき

11月2日(火) 「吉例顔見世大歌舞伎 夜の部」 16:30~

「ひらかな盛衰記 逆櫓」幸四郎(松右衛門実ハ樋口次郎兼光)、魁春(お筆)、高麗蔵(およし)、段四郎(権四郎)、富十郎(畠山重忠)ほか 「梅の栄」芝翫、宜生、右近ほか 「傾城花子 忍ぶの惣太 都鳥廓白浪」菊五郎(忍ぶの惣太/木の葉の峰蔵)、菊之助(傾城花子実は天狗小僧実は吉田松若丸)、團蔵(葛飾十右衛門)、時蔵(お梶)、歌六(宵寝の丑市)ほか

 やれやれ、やっと音羽屋が東京に。待ってたんだもーん、というわけで、2日めに行くのだ 音羽屋席は2列22だったんだけど、1列21~23が空席だったもんで、視界を遮るものはまるでナシ。「逆櫓」では迫力の幸四郎樋口がどどーん、でした。いや、幕が開いて・・・まずは金太郎ちゃんが真ん前でしたワ。前の方にわりと空席があったのは、初日と祝日に挟まれた2日目の不運(←営業的には)かしら。申し訳ないけど私にはありがたかった、ということで。

 おっとその前に・・・。お隣さんは綺麗なお着物の女性とお連れ様で、よその人を見るとやはり歌舞伎に着物(しかも、はんなり系)はいいわねー! と思っちゃう。なんとなく気分が盛り上がるじゃない? 自分も着たらどうだ、と思うけど、それはなかなか。

 「逆櫓」はそんなわけで近くから見たこともあり、期待以上に面白かった。いきなり芝のぶちゃんがいて・・・どうせなら白塗りの綺麗な芝のぶちゃんがよかったなぁ。2日めだから、段四郎さんの台詞はまだまだあやしいけど、でもだからダメってわけでは決してないもんね。

 幸四郎さんをこんな近くから見る機会があまりなかったんだな、と改めて思うほど、いやー顔も大きくて立派だけど存在そのものの大きさを感じた。松右衛門でいる間は台詞もよくわかったし。樋口としての台詞は、まぁ正直、感覚で聞いてた私。

 立ち回りもすごくたっぷりで、いろいろ面白いのね(ズラリ倒立とか)。間近で見ると迫力!だけど、ちょっと引いたあたりから見ると、綺麗だろうな・・・。しかしこれを毎日、25日間続けるんだから、役者さんの体力には感服してしまう。富十郎さんも登場しての最後の場面、幸四郎さんのお顔からしたたる汗もよく見えた。そういえば、このあたりで、後ろの方からお喋りがわりと(しばしば)聞こえて、先月のあの悪夢がよみがえってしまった。変な大向こうでもなく、切れたのでもなく、よくあるちょっと大きめな声ってだけなのに。相当なダメージを受けたんだ、と改めて思ったことでした。

 本日のお弁当は、猫並さんのブログに影響されて「弁松」。頭の中が昨日から「お赤飯!!」になってたのー。でも、弁松に行ったら注文(支払い)してから、ちょっと待たされた。名前を聞かれてびっくりしたんだけど、できあがったら名前を呼ばれる、というわけで(そんなに大勢待ってたわけでもないが)。やっぱり歌舞伎座建て替えの間は、規模縮小なんでしょうかねぇ。

 踊り「梅の栄」もけっこう楽しめた。初め出てくる4人の中では、つい右近くんを見ちゃうのは・・・視線の持っていき方とかがキリっと決まってるから? 宜生くんんはママ似だわね~。立派に踊って、おじいちゃんも楽しそう。この際、季節感は無視して、こういうホンワカな一幕(こちらもニッコリするような)も、いいものだなと思った。

 で、待ってました!忍ぶの惣太。私は初めて見るんで期待というか妄想大(笑)。
 これねぇ、すごく意外だったんだけど、菊パパや時蔵さんの台詞もけっこうあやういところがあって、そういう印象がなかったもんで一度ならず驚いた。やっぱり上演頻度が低いからかな(復活狂言なんかだと、覚える!ということになるのでしょうか)。

 男と女の間を行き来する菊ちゃん。私はラストの男の姿を現してから、が、すごく好きだったなー。スッキリした美しさといいましょうか・・・。うーん、花子の時よりも美しく思えてしまった。赤の長襦袢の上に黒紋付を着ての、おまんまの立ち回り。ここは菊パパが化粧ともどもおかしくて。
 舞台となる場所こそ、三圍稲荷とか長命寺、木母寺・・・江戸!!なんだけど、登場するのはそもそも京の人だし・・・なんだか不思議。(葛飾十右衛門が「場末の葛飾」と言ったのが、先月の国立劇場「最果て千住」に引き続き、うむむ~なワードでした。)
 あ、そんな中で、歌六さんがここに加わって不敵な存在感だったのが、妙に(強烈に)新鮮だったなぁ。

 千穐楽近くにもう一度、3階から見るつもりなので、また別な感じでも楽しめると思う。

|

« 東京かわら版 | トップページ | 最終日の「仙厓展」 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

なんと!同じ日に昼の部を見ていた私のお隣、1列目21-23番も空席だったんですよ。(私は通路脇の24番でした)で、河内山が出てきたくらいに23番の人はいらしたんですが、22-23は最後まで空席。2列目は埋まってたのに。いやいや、実は、25-27番くらいも空席。いったいどうしたことでしょう???

幸四郎の顔、大きいですよね…
昔、染五郎時代なんてどちらかといえばイケメンだった記憶があるんですが、何かの間違いか?と思うくらい。
樋口とか知盛とかの立ち回りには、この顔が必要だな~ってしみじみ感じました。
そして私はなぜか、お正月とか顔見世とかで、菊五郎にかぶりつくつもりで出かけたのに幸四郎の巨顔に圧倒されたことが何度もあるような…

投稿: 猫並 | 2010.11.03 10:23

私も2列目のほぼ同じ位置から夜の部を観ます。
花子、実は霧太郎、実は松若丸って、さすが歌舞伎の人物設定、何でもありです(笑)
でも、そのお陰で菊ちゃんの魅力をたっぷり楽しめるんだから、無茶な設定だって受け入れちゃいます。
今日の昼の部も予想をはるかに上回る面白さだったので、夜の部も今からワクワクです。


投稿: 尚花 | 2010.11.03 20:59

猫並さま
えーっ、昼の部も21~23が空席でしたか。それはビックリ。
夜の部の24にも、こなれたお着物のオバサマ(私よりもかなり年上、だと思われます)がお座りでしたよ。この空席は最後まで、ではあったのですが、「逆櫓」の後で、20のオババが21へ移動して22を荷物置きにするという、贅沢な使い方! 私の前が荷物でよかった。
幸四郎の顔、ほんとに目を疑うくらい大きかったです。成長したの?(笑) その昔、芝翫の顔の大きさ(長さ?)に、わーっ!!となって以来の衝撃でした。夢に出てきそう。でも確かに、樋口や知盛の立ち回りに「必要な迫力顔」ですよね。
私は染五郎時代を歌舞伎では見てないと思うんですがあんな大きな顔にはとても思えなかったなー。

投稿: きびだんご | 2010.11.03 21:56

尚花さま
おかえりなさい
夜の部も、たっぷり楽しめますよ。おまんまの立ち回りの場面で、ほぼ真正面に菊ちゃんだもーん
昼の部も、とてもよさそうですね! 困ったことに3階Aしか取ってなくて、後半に1階から見ようかな、という気持ちもあったんですが、今月は実家に行くことになり、計画に暗雲がたちこめてます
どこかで強行突破するかなぁ。

投稿: きびだんご | 2010.11.03 22:01

こんばんは。

今日昼の部に行ってきたのですが(いつもの3階B席)、1階1列目が気になって(笑)見てみましたら、25~28がぽっかりと空いていました。三幕目でやっと27だけ埋まりましたがそれ以外は空いたままでした。で、舞台はとってもおもしろかったのでもう1回行こうかなぁなんて思っています。
そうそう、3階正面に「めでたい焼き」屋さんが出ていましたよ♪

菊五郎丈と時様を見ているといつもドキドキしてきてしまうからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2010.11.04 18:15

からつぎさま
お帰りなさい!! 昼の部、大満足という感じですね。私も早く行きたいっ・・・いや、もう2つ寝ればとりあえず3階へ参りますが。今、1階から見る、というのも画策中←でもどうなるかなぁ。それにしても、今日も1列にそんな空席が。うーん。

「めでたい焼き」屋さん、復活とは、嬉しいサプライズ 並んでギリギリ買えた「さよなら公演」を思い出します。

投稿: きびだんご | 2010.11.04 23:28

こんばんは。
しばらくぶりのコメントですみません!!
まだ今月の演舞場は行っていないので、きびだんご様の観劇記をざっと拝読しました(ごめんなさい、自分が見た後でもう一度ちゃんと訪問いたします)ら、幸四郎さんの顔の大きさにウケちゃいました。
歌舞伎役者さんというのは顔が小さいと貧弱に見えるので(鬘や衣裳に負けちゃう)、大きいほうが立派でいいと思いますが、あの樋口の鬘などは余計顔を大きく見せるのではないでしょうか。吉右衛門さんのときにも「デカっ!!」と思いましたもの それと、男の人ってトシを取ると顔が大きくなりますよね。
芝翫さんの顔についてのきびだんご様ったら、思わず吹き出してしまいました
なんて、あんまり他人の顔の大きさをどうこう言えない私ではあります…

投稿: SwingingFujisan | 2010.11.07 23:56

SwingingFujisanさま
今月は私の方が、お先にっですもんね。
私も、自分がまだ見てない舞台の感想は、後からちゃんと読む派、です!!
でも、私の「夜の部」の感想なんて、顔のデカさとか台詞の入り具合とか、表面的なことばっかりですよん

確かに樋口のあの鬘やなんかは、いやが上にも顔を大きく見せるんでしょうね。でも、滅多に2列めの真正面から幸四郎さんを見たりしないから、圧倒されたのでした。・・・で、芝翫丈はとにかく初めて「顔でかっ」と思った役者さんだったので。その時、踊りだったんですけどねー。私にしてはよく覚えてる!!
で、役者さんは「見られる」お仕事なんですし、お顔は大きい方がいいようなので、それはどんどん言っちゃってもいいのではないかしらん。

投稿: きびだんご | 2010.11.08 00:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京かわら版 | トップページ | 最終日の「仙厓展」 »