« 12月14日は何の日だ? | トップページ | 井心亭にて真打昇進襲名披露 »

2010.12.16

歌舞伎で泣き(昼)、落語でも泣く(夜)

12月15日(水) 「日生劇場大歌舞伎」→「みたか井心亭 柳家喬太郎独演会」

落語の感想はまた別に書くつもり。

 日生劇場は2階F列から。通路のすぐ後ろね。もちろん遠いけど、ここから見る「達陀」も楽しみだったので。
 でも、意外なことに(?)、ほんとに「合邦庵室」はいいなぁ、と、つくづく。そこに至るまでの流れがあるから、尚更、なんだけど。その後に「達陀」という組み合わせも、相乗効果かもしれない。

 最前列で見てた時よりも顔がよく見えない分、玉手御前や、両親の「声」を中心に物語が進んでいったかのような印象。だから、門口の「かかさん」から始まる「家族」の心情が、深く心に入ってきた。そこに松緑の奴入平が不思議にアクセントになってるのよね。いやぁ、泣いちゃいました。

 落語は、喬太郎の新作。「文七元結」の別バージョンという感じで、左官・長兵衛が佐野槌にお久を預けて、1年後の大晦日、50両を返しにいく吾妻橋の上で文七に会うところから話が始まる。長兵衛の「死ぬな!」という気持ちが痛いほど・・・。後で張り出された演題には「文七元結」と書いてあったけど、違うと思うな。元結屋にならないようだし。

|

« 12月14日は何の日だ? | トップページ | 井心亭にて真打昇進襲名披露 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

今度の合邦、NHKの芸術劇場で放映になりますね!(かぶちゃじゃなくて、NHKというのが妙にうれしかったりして)
それも年明けすぐ(といっても歌舞伎は最終週の28日だけど)ってのが凄いというか、なんというか。
めったに録画しないワタクシですが、ブルーレイで撮っておく?なんて思いついたりしております。撮らないかもしれないんだけど。
来年は梅幸さんの17回忌だから、追善しないかなぁなんて期待もしてます!

投稿: 猫並 | 2010.12.16 21:27

猫並さま
わーい、ホットなニュースをありがとうございます!!
そんなに早く放映してくれるんだ。
NHKなら我が家の時代遅れのテレビでもOK。
でも・・・この機会に、テレビとDVDを買い換えようかな、という気持ちがむくむく。何しろビデオデッキというものを持っていなかったのに、いきなりDVDを買ったのは萬斎「オイディプス王」のためだった、という前歴があるしなー。
だれかお年玉をくれないかしら(笑)。

そして、来年17回忌とな。それは追善しなきゃ!!

投稿: きびだんご | 2010.12.16 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月14日は何の日だ? | トップページ | 井心亭にて真打昇進襲名披露 »