« 美容院で読む「家庭画報」2月号 | トップページ | 古き時代の精神を思う »

2011.01.25

気になる舞台:2月

 見に行こうかどうしようか、ちょっと迷っているうちに、いつの間にか公演が終わってた、なんてことがよくある。来月はどうもそんな舞台がいくつも・・・。

 公演日順に(チケットの発売状況などは調べてない)
熱海殺人事件@紀伊國屋ホール、2/4~2/14
・マッチ売りの少女@座・高円寺1、2/11~2/20
・コラボレーション@紀伊國屋ホール、2/19~2/27

 熱海~は、「紀伊國屋つかこうへい復活祭」と銘打たれている。確かに、ほかならぬ紀伊國屋ホールだし、山崎銀之丞だし。長谷川京子ってのが、私には未知数だけども。今、やっと気がついたけど、どうして2500円という「破格」の値段なんでしょう。

 マッチ売りの少女は、MODE公演だから見たい、のではあるけれど・・・なんたって別役実作品だから、そこで躊躇ってしまうのよ。しかもキャストが、私には新鮮味がない。演出の松本氏が全幅の信頼を置いてる4人でしょうが。

 コラボレーションは、加藤健一事務所で、鵜山仁の演出。なかなかここのお芝居までは手を広げられないんだけど、いつも気にはなってる。ロナルド・ハーウッド作のストーリーにも惹かれてる。

 上演時期だけ言えば、どれも重ならずに見られるんだなー。さて、現実にはどうなっているかな。どれか一つでも見てるかしら。ちなみに、来月はすでに、「浮標」「南へ」「シングルマザーズ」には行くんでした。やっぱり無理か。

|

« 美容院で読む「家庭画報」2月号 | トップページ | 古き時代の精神を思う »

演劇」カテゴリの記事

コメント

さすがにVAN99ホールでの99円の時代のものは観ていませんが、つかこうへいが紀伊国屋ホールに進出したときは毎回観に行っていました。あのときは1000円でおつりが来たように記憶しています。学生時代はお金がなくて、芝居はつかこうへいくらいしか観られなかったというのが本音ですが。

その後もつかこうへいは随分追っかけましたが、いつも安かった。

今では1万円以上もする芝居にも平気でお金を払えるようになりましたが、とてもそんな価値があるとは思えない芝居が多いですね。

投稿: ケイジ | 2011.01.26 07:54

ケイジさま
さすが、そんなに前からご覧になってたんですね。私はたかだか・・・(それでも)20年前くらいかなぁ。やっぱり紀伊國屋ホールでなくちゃ、という気はします。
それに、上では長谷川京子が、なんて書いたけど、婦人警官役は、だいたい「?」という人でしたね。中ではほんと小西真奈美が印象的だったので、今に至るまで気になる存在です。

お芝居に、流行りの「コストパフォーマンス」なんて言葉は似つかわしくないとは思うけど、それでもなー、と思うことはあります。
大仕掛けでガンガン行くのもいいけど、たまにはちっちゃい劇場で、濃い空気を吸いたくもなります。

投稿: きびだんご | 2011.01.27 00:35

「熱海」は銀之丞さんだし見たいなと思ったのですが、私は紀伊國屋ホールが苦手でして(椅子が、ね)。
「南へ」はまだ迷ってる…チケット残っているのかしら。
歌舞伎のリピートとか考えると、なかなか他の演劇の日程が厳しいですわ。それなのに、早々とチケットを取らなくてはならないんですもの
きびだんご様のバイタリティーには毎度毎度ただ感服です!!

投稿: SwingingFujisan | 2011.01.29 11:16

SwingingFujisanさま
>きびだんご様のバイタリティーには毎度毎度ただ感服です!!
いや、SwingingFujisan様には言われたくないというか(笑)。
来月は歌舞伎に音羽屋が出ない、というのが大きいですわ。
3月なんてやりくり(時間も財布も)が大変ですもん、ね。
紀伊國屋ホールの椅子は確かにねぇ・・・。
でも、形状としてはサザンシアターよりも好きです。
「南へ」野田ファンならともかく、というところかしら。
あ、2月の「気になる」には焼肉ドラゴンもあるのでした


投稿: きびだんご | 2011.01.29 11:29

あはは、私には言われたくないって

「南へ」、めんどくせえと思いながら劇場会員登録したら(芸術劇場には未登録だった)、すでに予定枚数終了ですって ぴあもe-plusも完売でした。見通しが甘かったですわね
きびだんご劇場に期待するとしましょう。

来月は演舞場の歌舞伎はないけれど、けっこう色々入れてしまってキツいのでしたわ(でも、きっときびだんご様には敵わない)。

紀伊國屋ホールは1回でメゲてしまったのでサザンシアターと形状を比較するほどは知らないのですが、きっとファンはたくさんいらっしゃるのでしょうね。

投稿: SwingingFujisan | 2011.01.29 12:44

SwingingFujisanさま
むふふ。どっちもどっち、と言われてる気がしますが。いや、どっちもどっちな人々の集まりかしらねー。
「南へ」は、それはまあ暢気といえば暢気。同じことはきっと「熱海殺人事件」に関して言えるんでしょう・・・。
でも、芸術劇場の会員ワクは意外と使えるんでは。あーっ、近々改修に入るんでした。リニューアル記念にはどーんと

投稿: きびだんご | 2011.01.29 16:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美容院で読む「家庭画報」2月号 | トップページ | 古き時代の精神を思う »