« 「異形の人たち」のチェーホフ?! | トップページ | 本の整理 »

2011.01.29

訃報の伝わり方

 昨夜、「チェーホフ?!」を見た帰りの電車の中で、山崎権一さんが亡くなられたというメールをもらった。メールをくれた友人とは、歌舞伎座最後の俳優祭に一緒に行って、権一さんとも親しく話をしていた(ツーショット写真も)。そういえば、去年、名古屋の金鯱や直侍の蕎麦屋で、ああ権一さんじゃないんだ、と「不在」を寂しく思ったのだった。もう永遠に不在なんだ、と思うとほんとに寂しい。ご冥福をお祈りします。

 最近、訃報を知るきっかけはネットニュースの見出し、ということも多い。私はPCを立ち上げるとniftyのホームに行くよう設定してるので、それが一番早いかな。富十郎さんの時はそれで、ほんとに「えっ!?」と声が出たんでした。万之介さんは、偶然のぞいたサイトから、信じられずにニュースをたどって行ったっけ。

 それとは全く別のことだけど、私は仕事で週刊誌や月刊誌にかかわることもある、ということは発売日以前に載ってる情報をいくつか知ってる、ということで。別に重大情報でも内緒でもなんでもないことでも、職務上、知り得たことはとりあえず発売日までは黙っておく、というのが鉄則ね。こんな、一般に広く公開しているわけでもないブログですらそうなのに、なんにも考えない人が多いんだろうな、と思う昨今。情報が簡単に手に入ることは、イコール簡単に出て行くってことだから、ほんと気をつけなくっちゃ。ツイッターとか、怖すぎる。

 ・・・というのも、ある人が亡くなった、という文脈に出会って(一部でしか有名ではない人ですが)、いやそういう報道は確認できないけど、伏せてるんだろうか(ありうる。発売日までには解禁されてるのか)などなど、ものすごく混乱したことがあったから。生きてる人を故人にしちゃうのは許されないミスだから、そのあたりは神経質になるわよー。結果的にはたぶん「思い違い」だったと思われますが。
 その時、こういうのを事実として呟いたりしたら、すごく広まっていくものなんだろうか、などと思ったりしたわけ。

 ネットを便利に使うが、隷属はしないぞ(大げさ)、というスタンスで行きたいです。でも、これからもどんどん新しくなっていくから、いつもいつも試行錯誤だろうな。

|

« 「異形の人たち」のチェーホフ?! | トップページ | 本の整理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

つぶやき関係には一切関わらないようにしている(と公言すると仕事上は困るので黙ってる)のですが、なるほど、訃報の情報ってそういうのが一番早くて、一番危険かもしれないですね。なんとなく、選挙の時の当確間違いを連想してしまいました。
私は、トミーさんも山崎さんも報道メディアのサイトで知りましたが、千之丞さんだけは、茂山狂言会のHPに「本日…(昨日だったかも・爆)」と出たのを見たんです。もう削除されてますが。
公式サイトを持ってても、こういう風に運用できないと意味ないかもなって、かえって感心した次第で。

投稿: 猫並 | 2011.01.30 11:31

猫並さま
つぶやき・・・私は仕事上も全く必要ないんで。電子書籍の行方は気になりますけどねー。でも、音羽屋がツイッターに参入した時、ついうっかりアカウントを取って、あちらが素早く退会したのにもかかわらず、放置。いや、最初から休眠状態だったんで、どうでもいいや、というだけです。でも、なんとなくハシゴを外された感は否めない
茂山狂言会のHPはしっかり管理されてるんですねぇ・・・。
あ、松也くんは、「入れ物」だけじゃなくて中身を充実させようとしてるんでしょ。今後に期待!!

投稿: きびだんご | 2011.01.30 16:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「異形の人たち」のチェーホフ?! | トップページ | 本の整理 »