« 串田版「十二夜」 | トップページ | 日本晴れの初落語 »

2011.01.09

「着物で歌舞伎」に行ってきた

1月9日(日) 「新春浅草歌舞伎 第2部」 15:00~ 於・浅草公会堂

Asakusa02 ←入口でもらった記念品

「お年玉 年始ご挨拶」亀治郎 「壺坂霊験記」愛之助(沢市)、七之助(お里) 「黒手組曲輪達引」亀治郎(番頭権九郎/牛若伝次/花川戸助六)、七之助(揚巻)、春猿(白玉)、寿猿(白酒売)、笑三郎(三浦屋女房お仲)、亀鶴(鳥居新左衛門)、愛之助(紀伊国屋文左衛門)ほか

 いやはや。基本的にはこういう「着物で歌舞伎の日」みたいなのは避けてるんだけど、チケットの発売日から何日もボンヤリしていたから、3等がなくて、戻りを待ってるうちにやむなくこの日になっちゃった。3階の2列目、左(3番)。お隣は年輩のご夫婦だったけど、やはり仕方なく、ということだった。でも、お二人ともお着物で素敵だったけど。洋服ではダメというわけではないから、点々、洋服の人も。

 WOWOWの収録があった(昨日もだったとか)。年始ご挨拶では、亀ちゃんがそのことに触れて、「お客様を撮りに来ているのではありませんから(緊張しないように)」と笑わせていた。でも、それに続けて、カメラ十何台でどんなに撮ろうとも、一期一会、生の迫力には敵いません、と。
 あと、画像にある記念品の説明を。これはレター・オ-プナーなんだけど、使い方が難しいから説明するように言われたとのことで。お隣の方のは赤でした。

 ほかには、黒手組助六の「水入り」に触れて、舞台稽古で水に入ったら冷たくて・・・お客様の熱気で、会場を暖めてほしい、などなど仰ってました。

 「壺坂霊験記」は、舞台を見ているうちに、文楽で見た記憶が意外にもすごく甦ってきた。そう、簑助さんの遣うお里の姿が・・・。出だしが淡々とした義太夫なんで、どんな話だっけ、なんてちょっと不安になったりして。七之助くんをものすごく久しぶりに見たような気がする。いや、気がするんじゃなくて久しぶり、なんだよねぇ。けなげな女房が似合う。わりと顔立ちが寂しげだから、よけいそう思えるのかも。

 狂言や落語などにも、目の見えない人の話はたくさんある。夫婦の物語ということでは狂言「川上」なんかも思い出すけれど、最後に目があいた沢市が、花道で、今まで使っていた杖を大事そうに感謝を込めて頭上に掲げるところが、思いがけない余韻となった。

 「黒手組」は亀ちゃんオンステージ! 序幕「忍岡道行の場」でのビックリ仰天のお遊びなども、大いに楽しんだ。・・・けれども、面白いと思ういっぽうで、亀ちゃんから気持ちが離れちゃうような、ちょっと複雑な気分なのだ。新吉原仲之町の場、三浦屋格子先の場、ともに、ちょっとだれるところもあった気がする。いや、私の席のあたり、ものすごく暖房が効いていて、頭がボワボワしてたから余計にそう思ったのかも。

 着物で歌舞伎の日には、後援会の受付の方々なんかも着物なんだなぁ、とか、色々おもしろかった。私なんか、3階でもあり、この日をやむなく選んだ、という気分的なものもあって、紬で行ったんだけど、でもやっぱり歌舞伎は柔らかものがいいかなぁ。ふくらはぎくらいまでの丈の着物(帯は普通におたいこみたい)に、足元はブーツ、というお嬢さんもいましたワ。ごったがえしていて、よく見えなかったのが残念。

|

« 串田版「十二夜」 | トップページ | 日本晴れの初落語 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

へー、ほー、着物の日は番頭席も着物なんですか。それはそれは。
私はいまだかつてこの日に行ったことがないんですよ。どうせ着物で行く可能性が高いんだから、この日にして記念品をもらうのもいいよなぁと思うのですが、なんとなく普通の土日よりも混んでるのではないか?という先入観を持ってました。
でも…そうか、3階で見るならなおのこと着物の日がいいかも。なぜなら、普段の浅草の3階はカジュアル過ぎてテンション下がります(爆)着飾ってこい!などとは絶対に申しませんがモノには限度と言うもんが…

投稿: 猫並 | 2011.01.09 23:35

そうでしたか、昨日は<着物で歌舞伎>の日だったのですね。
皆さんがお着物の客席、華やかでしょうね。
普段の歌舞伎でもお着物姿の方をお見掛けすると嬉しくなってしまうのです。
それなら自分も着ればいいのにっていう話なんですけれど。
まずは着付けを習って、年相応な着物を用意して・・となると「洋服で良し」と思ってしまうヘタレな私です(笑)

水入り、華奢な亀治郎さんが本当に寒そうでお気の毒になってしまいました。
水入りナシで良かったんじゃないかしら、なんて思ったりもしました。

投稿: 尚花 | 2011.01.10 09:45

猫並さま
私は都営新宿線(馬喰横山)→都営浅草線ルートで行ったんですが、馬喰横山ですでに、着物の方何人もと一緒に改札へ向かって、「これは浅草歌舞伎よね、皆さん」という感じでした。(やっぱり猫並さんは便利な所にお住まいだな、とその時も思いました!)
会場では、まず受付のモギリのお兄さんも和服。着付けを直してくれるらしいブースも、1階席と3階席にあったもよう。
でも、ほんと3階でも「晴れの日」感が漂っていて、それはそれで盛り上がるものがありました。もっと若い人が多いのかと思ってたらそうでもなくて、一度はいいかもしれません。
いつも以上に幕間がごった返してたり、下へ降りるのが大変だったりして、それほど観察できなかったのが心残りです(笑)。

投稿: きびだんご | 2011.01.10 10:40

尚花さま
いやいや、着物に関しては私も初心者でして・・・。7、8年前に、嫁入りで持ってきた着物を捨てようかとさえ思ってたところから、一念発起(落語に行くようになって、気軽に着物を着てる人を見たからかな。構えなくていいんだ、という感じで)。着付けは相変わらず下手くそですが、きっちり着なくていいのよ、という人に習ったんで、居直ってます。猫並さんのように、さささっと着物で出かけるのが夢ですが、それはなかなか・・・。尚花さんも、思い立ったら吉日、ということもありますよ!!
水入り・・・1階でご覧になったのかしら。とにかく私は自分が暑かったもんで、演じてるご本人にまで気が回りませんでした

投稿: きびだんご | 2011.01.10 10:47

亀ちゃんからちょっと気持ちが離れる…私もそう。評価しながらどこかでこれは私の求めている亀ちゃんじゃない、と私の場合は思ってるのでしょう。
三浦屋、私もかなりきつかったです(私は1階だったけど)。しかし、演舞場なんかも3階は暑すぎ。睡魔と闘うのに必死です。

着物の日の記念品、何かなあと思っていました(^^)

投稿: SwingingFujisan | 2011.01.16 21:17

SwingingFujisanさま
記念品のことは全く頭になかったので、貰った時は嬉しかったです。貰った時はね 不器用なんで、せっかく亀ちゃんが説明してくれても難しい!

さて、第2部はほんと疲れちゃったんですよね。舞台に入り込めなくて、股くぐりなんかも、ちょっとしつこく感じたり。そういう時、亀ちゃんのどういうのが一番見たいかな、などと考えたり。
今日(16日)の第1部では、全然暑いとは思いませんでした。外の気温が低いから? それとも、第2部は「水入り」があるから??

投稿: きびだんご | 2011.01.16 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 串田版「十二夜」 | トップページ | 日本晴れの初落語 »