« 小栗旬くんは、やっぱり舞台が素敵 | トップページ | お年玉週間の最後は啄木 »

2011.01.14

この4人の舞台で大笑いするとは

1月14日(金) 「大人は、かく戦えり」 19:00~ 於・新国立劇場 小劇場

シス・カンパニー公演 作/ヤスミナ・レザ 翻訳/徐賀世子 演出/マギー 美術/松井るみ 出演/大竹しのぶ、段田安則、秋山菜津子、高橋克実

 あー、よく笑ったなぁ。上演時間80分。最初、状況がわかるまでは、クスリくらいだったんだけど、だんだん 
 とにかく出演者の名前(特に秋山菜津子と段田安則)だけでチケットを買っていたから、どうやら「子供どうしの喧嘩の後始末で、2組の夫婦が集まって大人が喧嘩」? という事前の情報に、少しおびえてた。ガンガン来たらどうしましょう。・・・でも、チラシにも「大ヒット・コメディ」とある通り、ちょっと肩の力を抜いて楽しむコメディでした。

 と言っても、そういう時に、役者の力量などなどが出るのかもね。4人のバランスというかチームワークもよさげ。そうそう、大竹・段田、秋山・高橋が2組の夫婦だけど、2人組で結束してるわけでは勿論なくて、あちこち攻守が変わる。

 見終わって、さて話はどうなったんだっけ? いや、あははと笑って頭もスッキリでよかったんじゃない?というところです。・・・でもやはり、大竹しのぶの発声は苦手かも~。

|

« 小栗旬くんは、やっぱり舞台が素敵 | トップページ | お年玉週間の最後は啄木 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

大笑いしちゃうようなコメディなんですか。
そうか、それなら観ても良かったかも。
やけたトタン屋根のハイテンションな言い合いにグッタリしてしまったので、その二の舞になるかな~とチケットを手放してしまいましたが。
きっとご縁がなかったのだわ、と諦めましょうっと(笑)

投稿: 尚花 | 2011.01.15 09:34

尚花さま
そうでしたか、これはパスなのね。
惜しかった、ぜひとも、というほどでもないけど、あー面白かった、という感じですわ。
・・・でも、これはいつしか記憶の向こうに消えても、トタン猫は覚えていそうです。

投稿: きびだんご | 2011.01.15 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小栗旬くんは、やっぱり舞台が素敵 | トップページ | お年玉週間の最後は啄木 »