« 2月の市馬落語集 | トップページ | 文楽の第1部と2部を続けて見る »

2011.02.20

ルテ花形歌舞伎、第1部はセーフ!!

2月16日(水) 「二月花形歌舞伎 第1部」 12:30~ 於・ ル テアトル銀座

於染久松色読販(おそめひさまつ うきなのよみうり) お染の七役」 亀治郎、染五郎、亀三郎、亀鶴ほか

 17日~19日に、予定外で岡山に帰ったものだから、18日に取っていたルテの第2部はボツ(ついでに、19日の「ペテン・ザ・ペテン」もね)。なんとか16日の第1部は見られてよかった。これらはぜーんぶ、3等席だったんだけど、だからこそ、交換するとか買い直すのが難しいんだもの(といって、高い席を買い直すわけにはねぇ・・・)。

 先月のルテの歌舞伎公演には行っていないから、ここで歌舞伎を見るのは初めて。ほぉほぉ、賑やかに飾り付けられてるのね。でも、お芝居で行く時には、1階のエレベーターが混んではいなかったから、エレベーター待ちの行列に、まずはギョッ、でした。

 席は26列の左寄り。傾斜がかなりあるし、とても見やすかった。・・・でも、意外と椅子の座り心地がよくなかったかも。

 多くの人がそうであるように(?)、亀ちゃんの早替わりを見に行った、という感じかなぁ。筋書きも買わず、実は出演者もあまりちゃんと見てなかったのよ。休憩時間にポスターでチェックしたくらい。なので、菊三呂さん!?とか、見ながら驚いてたりして。

 それと、前にいつ見たんだっけ、というのがわからず(福助さんのは見てない)、なんかモヤモヤ。

 ・・・と言いつつも、もちろんとても楽しく見たのでした。これで3000円って御の字、というくらい。どうしても「早替わり」に気をとられちゃって・・・。たぶん、亀治郎の「お染の七役」を見たことがある、というくらいしか、後々、記憶には残らないのかも。でも、こういうのこそ、友人たちと見に行けばいいのかもしれないな。

 あ、いまチラシを見ていて、おお、鶴屋南北の作であったのか、と。んじゃぁ、私は今月、松竹座と、ここ、片方ずつ見た歌舞伎がどちらも南北だったのね~。折しも、芥川賞の贈呈式・パーティもあったようですが、南北研究をしていた受賞作家のことを思い浮かべた。週刊誌の阿川佐和子との対談は、ちょっと面白かったけど、作品は全く読んでません!

 17日の行きの新幹線の中で、とつぜん喉に「エヘン虫」がとりついて、そのまま・・・帰宅したらちょっと暴れ始めたみたい。幸い今日は日曜日。しっかり休養しますワ。

 演目としては「女殺油地獄」は好きじゃないけど、染五郎の与兵衛は見たかったなぁ。それが残念なり。

 

|

« 2月の市馬落語集 | トップページ | 文楽の第1部と2部を続けて見る »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。お疲れ様でした。
風邪がひどくならないように今日はゆっくり休養してくださいね。

そうそう菊三呂さん!
登場した時はびっくりしたと同時に嬉しくなっちゃいました。
出先で思いがけず友達に出会った時みたいな気持ち(笑)

早替わり、鮮やかでしたね!
もう一度観れば、早替わりだけでなく筋やお芝居もじっくり楽しめるのではと思うのですが、再見の予定はナシです。
今月のルテは昼夜どちらも観る予定がなかったのに、結局どちらも観ることになり・・やっぱり歌舞伎を観ずにひと月過ごすのは寂しいのです。

投稿: 尚花 | 2011.02.20 11:15

尚花さま
ただいま~、そして、ありがとうございます。
ちょうど仕事のキリをつけたところで、そういう心の隙が、病気を呼び込むのかも。いや、病気にまでは行ってないんですが。

菊三呂さんには驚きましたよね(そう、嬉しい驚き!)。なんとなく、音羽屋の皆さんはお休みのような気がしてたんで。

で、尚花さんは結局、「女殺~」もご覧になった(なる?)のですね。いいな~
でも! あと10日もすれば3月の初日ですもん、楽しみ楽しみ あ、でもチケットはまだ届いてない いつものことかぁ。

投稿: きびだんご | 2011.02.20 22:10

2度見ましたが、やっぱり早替りに気を取られちゃいました (^-^;
「女殺」、ご覧いただきたかったですわ~、残念。

自分が行かれなくなった3等席のチケットって、入手困難チケットならともかくほんと難しいですよねえ。私も「ペテン」を結局はムダにしてしまいました。

まだ体調がお戻りになっていらっしゃらないご様子、3月初日も近いのですし、くれぐれも油断召されずお大事になさってくださいね。

投稿: SwingingFujisan | 2011.02.26 10:34

SwingingFujisanさま
ルテは昨日が千穐楽でしたかしら。ほんと、染五郎・与兵衛は残念・・・6時半からの回が設定してあって(←こういう努力は必要ですよね)、勤めていても見に行きやすかったのになぁ。くやしいから、4月の文楽劇場で「油地獄」を見てやるぅぅ
私はお芝居に行けなくなった時は、売り抜けることも多いですが、2~3000円のだと、知人にプレゼントする場合も。そういう人たち(暇はかなりある若手噺家と、友人の母)が、今月は代演(笑)してくれました。実は3等チケなどは売りやすい部分もあるんですが、やりとりなどが面倒で・・・。

ふだん異常なくらい頑健なもので、風邪程度でも驚かれます。面と向かって「オニの霍乱」と言われる私って でも、確かに油断しちゃいけませんね。ありがとうございます。初日に向けてパワーアップ(しかし26日朝現在、チケ届かず。そろそろ心配の黒雲が

投稿: きびだんご | 2011.02.26 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月の市馬落語集 | トップページ | 文楽の第1部と2部を続けて見る »