« お習字のち歌舞伎 | トップページ | 宿題がたまる一方 »

2011.03.09

Bedge Pardon で覚えるしかない

 〈生誕50周年スペシャル〉の三谷幸喜氏。「国民の映画」の上演が始まりましたねー。東京→大阪→横浜と、5月1日まで。

 その後、6月6日から、世田谷パブリックシアターにて、萬斎さん主演の「ベッジ・パードン」が! しかーし、このタイトルが覚えられないというか、誤解しまくり。長らく、ヘッジ・バートンと思っていて、ある時、あれ? バートンじゃない、パードンだ。・・・が、まだ、ベッジの方には気づいてなかった。

 そして、ちゃんと記憶した、はずなんだけども、どっこい、とっさに何だったっけ、間違って覚えてたんだけど、いったい正しいのは何? というわけで、もう横文字で覚えるしかないような気がしてきた。いや、「世田パブ、三谷幸喜、萬斎主演、漱石の話」くらいで、タイトルはなくても通じるでしょうが。

 さっき、パブリックシアターのサイトを見たら、会員先行(抽選予約)に申し込むためには3月11日までに登録する必要がある、と出ていた。公演期間、ほぼ2ヶ月なんだけどなぁ、それ目当てに登録する人もけっこういるかしら。

 あ、「ベッジ・パードン」のパードンの方は覚えられるんだった。なぜかと言えば、うっかり変に変換して「パー丼」になったから

|

« お習字のち歌舞伎 | トップページ | 宿題がたまる一方 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

私もこの名前、つい先日やっと覚えたのでした。検索するのに必要だったんですもの(ちなみに、私はI beg your pardonのpardonね、でベッジのほうは、パードンが「p」だからこっちは「b」と覚えました。まわりくどい)。
世田パブの会員登録、未だ迷っています。この芝居、ぴあやe-plusでの先行販売がなさそうなんですよね。となると頼りは劇場の会員先行販売。でも抽選でしょう。私の場合、世田パブの他の芝居は会員枠でなくてもいいやと思っているので、これのためだけに会費を払うのはなあ…(会員になれば必ず取れるなら話は別ですけれど)。と言って、この前の「国民の映画」みたいに取り損うこともあるし…。でも今回は公演期間が長いから大丈夫かなあ…
とか、色々悩んでいます。悩んでいるうちに期限過ぎちゃいますね (^-^;
長々、ぐだぐだとごめんなさい。

投稿: SwingingFujisan | 2011.03.09 22:04

SwingingFujisanさま
正式の、写真入りのチラシが出てから、あらら~、と思ったのでした。それでもなお、ヘッジと信じてたし。
そうそう、横文字にするとpardonは特にわかりやすく、そこから頭はPじゃなくてb、となりますよね。思考回路が同じなのかしら

シス・カンパニーの公演チケって、えてしてこんな感じが多い気がします。特に競争が激しそうなものほどね。以前、シスで草なぎくんが出たのなんか、Sept先行なのに電話申込みの際、自分の名前を録音させられたり、大変な思いをしました(そしてそれほど面白くなかった)。
キャパもパルコ劇場より大きいし(ゆえに舞台から遠いこともありうるけど)、公演期間も長いからなぁ・・・と私も思ってます。

投稿: きびだんご | 2011.03.09 22:44

通りすがりにご紹介させて下さいませ
人間国宝の技に迫る 映画「文楽 冥途の飛脚」30年経て上映!
東京都写真美術館で上映中です。
玉男の忠兵衛、簑助の梅川に、先代勘十郎。
住大夫、綱大夫に、越路大夫は封印切り!なんと音楽監修は武満徹。
http://www.bunraku-movie.com

投稿: 竹本豊竹 | 2011.03.10 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お習字のち歌舞伎 | トップページ | 宿題がたまる一方 »