« ずっしりたっぷり、演舞場の昼 | トップページ | 先週、今週、今月 »

2011.03.06

葛の葉と「乳」

Karube ←おっぱいパンもあります お土産にするにははばかられる・・・。

 この前、実家に帰った時、ケアハウスなどを2、3カ所、見て回ったんだけど、その途中で、姉が「ここへ来たんだから“おっぱいパン”を買おう」と、小さなパン屋さんで車を停めた。ナンデスカ、ソレハ・・・。私には全く初耳! しかーし、お店に入ったら、パンはすでに売り切れていて、サブレとクッキーがあるのみ。

 なんでも「おっぱい絵馬」(ビジュアルがすごい)が奉納されている神社の近くだから、だそうですが、いつからそんなのが有名になったのか。秘密のケンミンSHOWなんかでは、とっくに出てるのかなぁ。

 この衝撃的な神社&パン屋の存在を知った2日後くらいに、文楽の「葛の葉」を見ましたらば・・・やたらと「乳」という言葉が耳について、それもこれも、おっぱい神社(別名)のせいにちがいない、と。
 今まで、なんとなく聞き流していたのかなぁ。いや、それこそ乳を含ませる場面なんかも歌舞伎では記憶に残ってるんだけど、それはそれ、というだけで終わってたよう。

 ま、冷静に考えれば5歳にもなっておっぱいを求める童子は、今の世ではちょっと・・・ではあるけれども(笑)、実の母と子の絆が、乳に象徴されていて、即物的に有無を言わさず納得させられるんだな。

 また藤十郎の葛の葉も見たいな、と思いつつ、でも、こんなサブレやなんかを思い出しそうで、ちょっと恐ろしいぞ。

 

|

« ずっしりたっぷり、演舞場の昼 | トップページ | 先週、今週、今月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ずっしりたっぷり、演舞場の昼 | トップページ | 先週、今週、今月 »