« 先週、今週、今月 | トップページ | Bedge Pardon で覚えるしかない »

2011.03.08

お習字のち歌舞伎

3月7日(月) 「三月大歌舞伎 夜の部」 16:40~

「源氏物語 浮舟」吉右衛門(匂宮)、染五郎(薫大将)、菊之助(浮舟)、芝雀(中の君)、魁春(中将)、菊五郎(時方)ほか 「水天宮利生深川 筆屋幸兵衛」幸四郎(船津幸兵衛)、松緑(車引三五郎)、彦三郎(金貸因業金兵衛)ほか 「吉原雀」梅玉、福助

 お習字の日(ほんとは5時まで@六本木)ということはわかってたんだけど、早じまいをして行こう!というわけで、この日に。電車も便利ですもん。だけど、思い通りにいかないのが世の常で、あやうく遅れるところでしたっ。夜の部の開演が10分遅い、というのが、こんなに有り難いとは思わなかった。

 さて、まずは3階から見る「浮舟」。まぁ、この後にかぶりつきで見たりする「予習」がてら、というところかな。あらま、吉右衛門が匂宮ですか、ではあったんだけど、身分ゆえの傲慢さと色好みの感じ(そう嫌味ではない)が、なかなか気に入ったのだった。染五郎は昼に続いて「いい人」(?)で、この匂宮-薫の対照が意外と面白かった。

 菊ちゃん浮舟も、最初の東国から下って来た、物も恐れも知らぬ美しいだけの女の子から、宇治での憂いまで、3階で舞台は遠い分、声の雰囲気の違いがよくわかった。実は、芝雀の役がとてもピッタリだな、と。菊五郎・時方は当然としても、全体の配役がよかったように思う。

 でも、今度友人たちと見る前には、源氏に名を借りた昼メロ、とでも言っておこうかな。なんというか、北條秀司がこれを書いた時代の、男の感覚、みたいなのにアップアップしそうなんですもん。そういうねとっとした部分が、持ち味としてもねー。

 「筆屋幸兵衛」って、明治座でやればちょうどいいんじゃないの?? と言っても、やりたいのは幸四郎だけなのかな・・・。重量級の昼の部でたいそうくたびれた経験をふまえ(笑)、前半は少し力を抜いてボンヤリ(zzz)見てました。台詞は全く黙阿弥、と思ったけど、チラシに「黙阿弥の代表作」とあるんで、へぇぇ? 松緑が雰囲気を変えるいい役というか、風情があってよかったなー。お習字帰りの私は筆を4本持っておりましたですよ(爆)。

 ラストが夜の部の追善狂言「吉原雀」。目にもあでやかで、ただ見てるだけで楽しくて(なーんも考えないし)、これで気分も軽くなる、ってものね。やっぱり、昼の部にも踊りが入ってればよかったのに・・・。

|

« 先週、今週、今月 | トップページ | Bedge Pardon で覚えるしかない »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

夜の部、3回ご覧になる予定なんですね。
私は今のところ(笑)2回の予定。
浮舟、良さそうですね。楽しみだわ~
吉右衛門さんもセリフがちゃんと入ったようで、今週末安心して観られます。
源氏に名を借りた昼メロ・・ですか!(笑)

投稿: 尚花 | 2011.03.09 10:52

尚花さま
そうなんですー、3回 後から、飲み会が主目的でプラス観劇、というのを入れてしまって・・・初めからそう決めてたら、もちろん2回にしてますワ。でもまぁ、いろいろ話のタネ、もとい、酒のサカナに

>吉右衛門さんもセリフがちゃんと入ったようで
あ、それほど事故はなかったから、書かなかっただけでして。終盤、プロンプ聞き直しもありました。でも、日を追って・・・ですよね、きっと。
週末をお楽しみに!!

投稿: きびだんご | 2011.03.09 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週、今週、今月 | トップページ | Bedge Pardon で覚えるしかない »