« 中止公演の払い戻し作業 | トップページ | 劇場にいられる幸せを味わう »

2011.03.22

「アエラ」は購読してません!

 我が家は、朝日新聞「も」取っているので、新聞で今週号の「アエラ」の広告を目にした途端にギョッとした。大きな文字で「放射能がくる」。それだけで、胸のあたりがぞわぞわ騒いで、見てられない。つまり広告としても(当然雑誌としても)絶対×。少なくとも私には。

 さすがに批判が大きかったようで、編集長が謝罪、なんてのもネットで見たけれど。当たり前だよ。正直言うと、ポストとか現代なら、私もそこまで思わない・・・かもしれない。が、新聞社で出してる雑誌がそれじゃあいけないでしょう。「売れる」ことだけ考えてたとしか思えないなぁ。

 私は広告だけしか見てないけど、ネットで防毒マスクの表紙も見た。いやだ。怒りというよりも、なんか悲しい。いろんな意味で。

 確か、朝日新聞に広告を載せる時には、基準というかNGワードがあったような気もするんだけど(電車内の中吊りにも)、ある意味、重箱の隅をつつくような言葉狩り以前に、自分チを何とかしなさいだわ。今回の広告を載せる際に、何も議論はなかったのかな。

 ずーっと昔、アエラがとても面白くて定期購読(新聞販売店から)をしてた。そのうちつまらなく感じて買うのはやめて、火曜日に会社で読んでるんだけども。うーん。会社も厳しい状況にあるから、色々見直しの際には「アエラ」は第一候補だな。

|

« 中止公演の払い戻し作業 | トップページ | 劇場にいられる幸せを味わう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

肝心の雑誌は吊り広告すら見てないんですが、ネットで割合に大きく扱ってたもんだから、表紙の画像は見ました。ツィッターで謝ったとか聞きましたが、それでも自主回収とか、しないんですよね、きっと。…この号に、野田秀樹の~火を消すなが載ってるんですよね?!
なんだか不思議。

投稿: 猫並 | 2011.03.22 14:40

猫並さま
そうそう、謝ったといっても・・・という程度です。
ところで、このアエラに野田秀樹「劇場の灯~」が載ってるわけではありません。それはNODA MAPのホームページで見ました。
で、この号の連載で野田さんが書いてるのは
「東京よ、冷静になれ」
というタイトル。東北が復興するためには、原発事故に苦しむ土地を助けるためには、東京に住んでいる人間は一刻も早く冷静さを取り戻せ、と。
しかーし、文中には「冷静さを欠く報道、安易に恐怖心を煽るだけのその姿勢」を批判してる箇所があるの。それがこの号に載ってる皮肉!! 野田さん、何か言ってよ。

投稿: きびだんご | 2011.03.22 20:03

アエラ広告、見ました。他にも扇情的な見出しがたくさん。朝日新聞の見識はどこにいったのでしょう!「現代やポストなら...」というのは笑いました、確かにそうですね。
アエラがやるのはシャレにならんですね。アエラも創刊時には、ある種の颯爽とした感じがありましたが、今はあまり特徴も感じられないような(読んですらいませんが)
そのまた昔の「朝日ジャーナル」のような骨を感じる週刊誌が今はないですね。

それにしても、きびだんごさまの文章力もすごいですね。アエラへの怒りが、飄々と、かつグサリと書かれていて、こんな人が書く記事が読みたいと思いました!

投稿: よこ奴 | 2011.03.22 23:21

おお、そうなんですか。
NODA・MAPのサイトのひつまぶしがアエラの連載とイコールなんだと思ってましたが、別モノだったのかぁ。
いや、だからといって雑誌を買いに行くほど野田秀樹の文章のファンじゃないんですけど(^^ゞ
でもホントに、この表紙を見て、野菜や牛乳の報道を聞くと、騒げと言われてるようにしか思えないです。
お能も仕事もキャンセルになって暇だし、なんだか悔しいから放射線について勉強してやる!

投稿: 猫並 | 2011.03.22 23:29

よこ奴さま
どっひゃー。過分なお言葉、ありがとうございます。照れる~(と、そこにまず反応する) いや、私はヒトサマ(プロ)の文章に茶々を入れて暮らしてるだけで、書き物はいたしませんです。

昨日、アエラは手にとりましたが、野田さんのコラムを読むためだけでした。「いやだ」という拒否反応の方が強いんですもん。
雑誌そのものは、書店など売ってる所に行かないと目に触れませんが、その広告となると、新聞を広げた人はもれなく見ることになります。文字も大きいし。改めてそのことも考えた次第です。
雑誌もだんだん「年を取る」ことはわかりますが、明らかにマイナスの方向へ行ってるなぁ、と。女性のライフスタイルや、受験・就職関係の記事などなどで、今までもそう感じてきたんですけど。なんなのでしょうね、単なる「おりこうさん」の記者ばかりになったのかしら?? つまりは新聞本体も・・・。

投稿: きびだんご | 2011.03.23 08:04

猫並さま
私もNODA MAP のホームページをそんなに見てはないのですが、あそこの「コラム」だか「まかないエッセイ」だかは、「ひつまぶし」と連動してます。今回の「劇場の灯を消してはいけない」は、それとは別物なので。
いつもの「ひつまぶし」はまぁクダラナイです(笑)。子どもの話題が出てたりすると、野田秀樹も人の親、と妙に感慨深いというか、微妙な気持ちになったり。
理系の猫並さん!放射線についてぜひ勉強して下さい。実際の作業や専門的な分析は、その道のプロに任せるしかありませんが(半可通がぐだぐだ評論するな、と時に毒づく)、基礎的な正しい知識を持つことは必要ですもんね。・・・私も人任せじゃいけないか。
昨夜の家族の会話で「元素周期表」のことが出て、いつもバカ担当の私が覚えてるんでビックリされました(大学は化学で受験だいっ)。

投稿: きびだんご | 2011.03.23 08:17

再びこんばんは。"水平リーベボクの船..." ですか?久しぶり(笑)

確かに雑誌の寿命はありますが、朝日にはもっとがんばってほしいですね。うちは、朝日と読売をとっていますが、最近読売のセンスのほうが勝っている(っていう言い方も変ですが)記事が多いような気がします。臨時夕刊を出したのも読売が先で、朝日が追いかけたような...国際面も絶対に読売が強いように思います。「おりこう」だけじゃなくて、記者としてのセンスが必要なんですよね~!って、変な新聞談義になってすみません!!アエラ、野田さんのコラムだけ立ち読みしよかな

きびだんごさんのコラムも文春あたりで掲載されるといいな(しつこいですね、すみません、あはは)でも、ほんと、味わいのある文章、いつも楽しませていただいております♪

投稿: よこ奴 | 2011.03.23 22:31

よこ奴さま
そうです! ~なぁに間があるシップすぐ来らぁ。
だけど、言えてもそれがなんだか、わっかりませーん。

私は読売新聞には馴染みがないんです。どうも避けちゃうのは、アンチ・ジャイアンツのせいかも。
ほんとは色々読みたいのですが、現実には朝日と東京の2紙読むのもなかなか大変です。朝日に義理立てする理由は全くなく、単に惰性なんですよねー。「読み比べ」を意識してやってみようかしら。
ニュースをネットで見ることも多いですが、あちらは速報的に眺めるくらいしかできません。

投稿: きびだんご | 2011.03.23 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中止公演の払い戻し作業 | トップページ | 劇場にいられる幸せを味わう »