« 霊南坂付近?の桜 | トップページ | 桜の一日:昼は能楽堂 »

2011.04.07

「チラシが魔除けになる」!?

4月5日(火) 「トップ・ガールズ」 19:00~ 於・シアターコクーン

(シス・カンパニー公演)
演出/ 鈴木裕美 作/キャリル・チャーチル 翻訳/徐賀世子 美術/松井るみ 出演/寺島しのぶ(マーリーン)、小泉今日子(二条/ウィン)、渡辺えり(フリート/アンジー)、鈴木杏(忍耐強きグリゼルダ/ジニーン/ネル)、池谷のぶえ(ウエートレス/キット/ショーナ)、神野三鈴(法王ヨハンナ/ルイーズ)、麻実れい(イザベラ・バード/ジョイス/キッド夫人)

 キャストはいずれも個性の強い7人の女優。彼女たちが黒い衣裳で正面を向いてほほえんでいるチラシを見ただけで、わー!見るのにエネルギーがいりそうね、と、まずは思ってしまった。公演パンフレット(1000円。全額、震災の義援金として寄付)の「稽古場レポート」の冒頭に、「巷では『チラシが魔除けになる』とも囁かれていると聞く」とあって、うむうむ確かに、と。

 そしてこの稽古場レポートの写真でもわかる、稽古時の真剣かつなごやか楽しい雰囲気(一線で活躍する女優たちのガールズ・トーク世界)が、そのまま、第1幕前半の、古今東西のトップ・ガールズたちのトークに繋がってるような、ある種の余裕のようなものが感じられた。実際はどうなのか、それはわからないけど、少なくとも客席では、ゆったりと「脳内会議」の好き放題(笑)を楽しんだのだった。

 1幕2幕を通じて、寺島しのぶだけは変わらず「マーリーン」だけど、ほかの人たちは、歴史上の人物から、一転して現在(1980年代前半のイギリス)の女性を演じる。その変身の具合も、相当楽しいのでした。それもこれも、まずはイザベラ・バードや法王ヨハンナになりきってるから、かしら。

 というわけで、みんなうまいなぁ、というのがほんと素直な感想。麻実れい、神野三鈴、鈴木杏あたりの、なりきり方(落差)は特に。ま、渡辺えりは、すべてを通じて「怪演」ですけどね。・・・という意味では、得難いキャラクターでもあるし、フェミニズムの話であるだけに感慨深いというか(劇団時代のそういう苦労話はあちこちで言われてきたよう)。

 で、考えれば、寺島しのぶのマーリーンは、それらを受けつつも、「現在」の自分(=キャリア・ウーマンとして、あの父と母の娘として、ジョイスの妹として、そして・・・)があるわけで。30年ほどの時を超えて、今も充分通じる葛藤が描かれる。

 話が進んでいくにつれて、なぜ、冒頭のガールズ・トークで、「ああいう話題」ばかりだったのか、ガッテンしちゃう。そうすると、それがわかった上で、もう一度トークを聞きたくもなるのよ。(って、千秋楽にもう一回見るのです。最初、重い芝居だったら2回見るのはキツイな、と思ってたけど、いや全然そんなことはなかくてよかった)

 ジョイスとマーリーンという姉妹の物語の部分では、私も2人姉妹の妹なので、どこか何か共感する部分があったように思う。

 舞台美術も印象的で、ほんとスタッフもほとんど女性だし、舞台の上だけではなくて、舞台作りがまさにトップ・ガールズの世界なのかも。

*これを書いている最中に地震があって、物置部屋から一時避難。朝になって読んでみたら、動揺のせいか(というか、地震はそう大きくなくても気持ちが暗くなる)誤字を直しきれないままでしたねー。

|

« 霊南坂付近?の桜 | トップページ | 桜の一日:昼は能楽堂 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

…私は、誤変換はもちろんのこと、前後のつながりがへんだったり、文章が破たんしているなんて、普通、平時の出来事です(爆)

のっけの時空を超えたお茶会の存在理由が、あとにならないと判らないせいか、なーんとなくもう一度見直したい気持ちが残りやすいと、私も思いました。

投稿: 猫並 | 2011.04.08 18:05

猫並さま
誤字(誤変換)、ふだんは私も放置しておくことが多いんですが、今回は「余震」があったことの記憶に、と。
冒頭のガールズ・トークに、二条が入ってるのが、なんか不思議に思えるし。千秋楽までに、登場人物をちょこっと調べておこう・・・ということは、たぶんありえない 私にとってはイザベラ・バードだけが有名人物でした。

投稿: きびだんご | 2011.04.08 22:45

昨日見てきましたが、睡眠不足のせいか、かなり寝てしまいました。
きびだんご様のレポを拝読して、もったいなかったなあと後悔しても遅い…
しのぶちゃん、もっのすご~くチャーミングでした。

投稿: SwingingFujisan | 2011.04.13 15:37

SwingingFujisanさま
お疲れさまでした 私は今日(13日)、歌舞伎でまたでしたよぉ。春だからね・・・。
しのぶちゃん、ショートヘアもぴったり似合ってるし、ほんと素敵でしたね。年と共にどんどん輝きを増すタイプに違いない。長生きして、ずっと見なくっちゃ。

投稿: きびだんご | 2011.04.13 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊南坂付近?の桜 | トップページ | 桜の一日:昼は能楽堂 »