« 自分で誕生日を祝う、記念観劇なのだ | トップページ | おやつかめ? »

2011.04.25

千穐楽の「トップ・ガールズ」

4月24日(日) 「トップ・ガールズ」 13:00~ 於・シアターコクーン

 4月1日が初日で、はや楽日か。私は5日(火曜日)に見て以来。まぁ2回確保してたのは、しのぶちゃんが主演ゆえ、ではあったのだけれど、1回目にはギョッ、で終わってたシーンなども楽しめて、よしよし!

 ・・・よしよし、にはならないのが、自分のうかつさ加減。先月、同じコクーンで「日本人のへそ」を見た時も、たまたま千穐楽の日曜マチネで開演時間が早かった・・・直前に気づいて事なきを得ていたのに、どうしてまた同じことをするかなあ。どちらも14時開演と思いこんでた。こちらはチケットを確認したのが11時40分だったので、ぎりぎりセーフ。お昼ご飯のカレーを煮てる最中だったけど、あわてたなぁ。
 (先日の府中図書館の続きで、できれば都立中央図書館に行きたかったから、早めの支度をしていただけで、それがなければ完璧に遅刻・挫折していたでしょう)

 席について、同じ列の中央ブロック方向へ顔を向けたら、音羽屋の愛想のいい番頭さんが! ・・・ということは、純子奥さまがお見えの様子。終演後には、舞台の重厚な雰囲気とはずいぶんイメージの違う吉田鋼太郎さんもお見かけした。

*翌朝テレビでローマ法王を見たら、不謹慎にも笑ってしまった。だってあの法王ヨハンナ(というか帽子?の使い方)を思い出して・・・。

 と、余計なことばっかり書いてますが。
 冒頭の「脳内会議」の場面も、さすがにゆったり楽しめた気がする。要は女たちが好き放題、自分のことを(笑)喋ってるわけだけれど、時に、2人が同時に喋るんで、前はそれが少し疲れたんだっけな(狂言でもそんなことが間々あるけど、ふだんはないでしょ)。人の話を受けて、結局自分のことを話してるなんてのも、ありがちだよねー。それらを頑張って聞こうとか思わず、やってるやってる、くらいで。

 ほかにも、喋っている当事者ではなくて、無言のウェートレスの表情やしぐさ、マーリーンとのやりとりなど、いろんなところに目がいったと思う。そんなわけで、それぞれの話の中身はそれほど集中しては聞いてなかったかな(このあたりが2回目ゆえ)。その分、イザベラ・バードがやたらに妹のことを言ってる、とか、子供を何人も産んだのに、の二条とか、それぞれの人がなぜここに現れるのか、という方に興味が行ってたな。イザベラ役の麻実れいは後のシーンではマーリーンの姉だから、とうぜん二重写しになってくる。
 というか、マーリーンの「脳内会議」なんだから、彼女のいろんな現実や夢を投影しているのは当たり前で、そんなこんなも含めて(彼女の昇進のお祝いだし)、頑張ってる(戦ってる)部分が想像できて、かわいらしくも思える。

 ラストシーン。どうも私は、2人の話を同時に聞けないのと同じく(これは聞けなくても当たり前?) 、見る方も、一度には見えないんだなぁ、とガックリ。背景に、1幕の脳内会議の面々(フリートを除く)と、それ以外にも、ズラリと歴史上のトップ・ガールズが・・・なんかコレクション・ボックスに収められたみたいに! ちょうど私の真正面に見えた、愛くるしい王女マルガリータと、マリー・アントワネット?くらいしか見ないうちに、もう、そこから出てきた「動く」人、つまり役者さんに気を取られて、後はなーんも見てません。テレビでやってくれないかな。NGワードがいくつもあるからダメか。

|

« 自分で誕生日を祝う、記念観劇なのだ | トップページ | おやつかめ? »

演劇」カテゴリの記事

コメント

私は…ど真ん中のマダム・サッチャーと、一人置いてそれを囲むように立ってたプリンセス・ダイアナとクリス・エバート、端っこにいたアウン・サン・スーチーが最初に目に入って(写真あるいは写実感があったからかも)せいで「イギリス関連の人々?」と瞬間的に思ったんですが…すぐ横にプリマヴェーラのビーナスがいたりマルガリータがいるのが判ったらつい「全部判るかな」と一人クイズを始めてしまいました。で、左上にいた制服っぽい衣装の若い東洋人のところでモー娘?AKB?と引っ掛かってしまい…あの場面の絵だけ、もう一度見たいです。プログラムに載ってたら嬉しかったのになぁ

投稿: 猫並 | 2011.04.27 06:37

猫並さま
私、1回目に見た時もろくろく見てないんですよ。わー、なになに、と思ってるうちに皆さんが出てきたから。(あ、麻実れいさんはジョイスのままでしたね)
今回は、一番にマルガリータが目に入って、えーっと名前はなんだっけ、エリザベートじゃなくて・・・えーと、そうだ で、ほぼ終わっちゃったんです。ダメじゃん!! あちらは真実、お人形のよう、なんですけどねー(爆)。

言われてみれば、最初の時はサッチャーにすぐ目が行った・・・のは、やはりセンターから見てたからかな。私もあの場面を、ぜひぜひ見たいです。写真はげしく希望。

投稿: きびだんご | 2011.04.27 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分で誕生日を祝う、記念観劇なのだ | トップページ | おやつかめ? »