« 桜の一日:夜は三鷹 | トップページ | 日曜日の独り言 »

2011.04.09

またもやかぶりつきの演舞場

4月8日(金) 「四月大歌舞伎 夜の部」16:30~ 於・新橋演舞場

「絵本太功記 尼ヶ崎閑居の場」團十郎(光秀)、時蔵(十次郎)、三津五郎(佐藤正清)、秀太郎(皐月)、菊五郎(久吉)ほか 「男女道成寺」松緑、菊之助 「権三と助十」三津五郎(権三)、松緑(助十)、亀三郎(助八)、時蔵(おかん)、左團次(家主)ほか

 今月は音羽会にお願いしたのは夜の部だけ。なかなか日にちが決められなくて(実家行きが二転三転して)、月末近くに頼んだのに(だから?)1列のちょっと右・26番でありました。うひゃー。昼の部は、去年の巡業でも見た一條大蔵だし、来月のこともあるから財布の紐を締めちゃったけど、そんなに差をつけてよかったのかしら。

 3月、震災後の23日に、やはりかぶりつきから見たけれど、あの時と比べるとお客さんの入りもずいぶん多かったように思う。ゆえに、ロビーや売店などにも活気があった。私も、もうちょっとワクワク気分で出かけたかったのに、前夜の地震や朝の強風に、今ひとつ気分ものらず、なのでした。そんな気持ちは劇場に入るとふっとんだけど。

 そして! 私の隣(つまり通路際席)は「うーん、あなた誰?」と、つい思ってしまう小ぶりの帽子と黒系のお洋服と・・・妙に目立つ女性でしたが、真横というのはかえって見えづらく、気になっただけで終わっちゃった。うむむ。

 というようなどうでもいい話は別として、まず「太十」ですよ・・・。いちおう、これが楽しみではあったのに、かぶりつきにいながらとなっちゃう私って。←疲れが今ごろ出た、ということにしておきます。菊ちゃん初菊が引っ込むまでは、もちろん凝視。ういういしくて可愛くて、時蔵さんの十次郎とぴったりお似合い。時蔵さんは想像以上に雰囲気のある十次郎で、夜の部全体で、一番印象に残った。

 私はこの「太十」って、文楽の記憶も強いからかもしれないけど、光秀がなんだかしっくりこなくって。一人別の芝居してるよう、というと言い過ぎだけど、そんな思いが最後までぬぐえなかった。秀太郎さんの皐月も、なんとなく気もそぞろに見えちゃったし。ま、半醒半睡でのタワゴトですが。そんなわけで、ありゃりゃ、終わってしまった、という気分。

 男女道成寺は、最初の松緑さんの真ん前でなくてよかったな、なーんて。いや、可愛らしいけどもね(爆)。踊り自体は、もちろんもうちょっと後ろからじゃないと・・・。でも、所化さんたちの表情や視線(特に巳之助くん)とか、後見の方の一瞬の鋭い視線などなど、この席ならではのこともあった。そして、手拭いも取れちゃったのよねー。左隣の目立つ人にワンタッチして私の所に飛んできたんで、えー、どうしようと思いつつも、もちろん貰っちゃったよん。

Tenugui01 Tenugui02_2

そういえば、前に道成寺の手拭いが取れたのは、演舞場の福助さん、なのでした。

 「権三と助十」も若手が活躍してて面白かった。井戸替えで大勢登場して、どやどや楽しくていいよね。なんでもないことみたいだけど、そういうのが意外と効いてる感じ。あと、悪者の勘太郎が、配役を見てなくて團蔵さんかと思ってたら市蔵さんで、不気味な雰囲気にゾクゾク。秀調さんの猿廻しもいい感じだったなぁ。最後に菊十郎さんが出てくるのも!!  突出して誰が、ということじゃなくて、終始いい雰囲気だし、めでたしめでたしで、気持ちよく帰路についたのでした。

|

« 桜の一日:夜は三鷹 | トップページ | 日曜日の独り言 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

同じ日に観劇でした!ま、私はいつもの3階コーナー席ですが(^_^;

ここのところ、夜の部は最後の演目をパスすることが続いていたのですが、今月は最後がとっても楽しみで(^-^)。いろいろな方のレビューで「楽しく気持ちよく終われる」とありましたが、その通りでした。時さまのはじけっぷりが超らぶりぃ♪三津五郎さんの江戸っ子は見ていて本当に気持ちいい。梅枝くんは自分で言うまで「大阪」の人とはわかりませんでした(笑)が、ま、いっか。

ほぼ1ヶ月ぶりの歌舞伎観劇でしたが、明るい気持ちで帰路につくことができました。

都心はやっぱり候補者のポスターもたくさん貼ってあるのね、と思った(笑)からつぎでした。

投稿: からつぎ | 2011.04.09 20:43

私も同じく、何故か途中から睡魔に襲われ、まだらボケ状態でした。
母親を誤って刺殺、息子も死んでしまうというドラマティックなお芝居で寝ちゃう私って恥ずかしい・・と思って周りを見渡すと同じくコックリしている人が何人も!(笑)
道成寺では皆さんパッチリと覚醒していましたが。

手拭い、所化さんが頑張ってくれて、ナント2階席にいた私もゲット!
国立手拭いと違って、家紋と名前が入っているのが嬉しい。

そうそう、最後に菊十郎さんが登場してくれて、さらにほのぼのとした良い雰囲気になりましたね。

投稿: 尚花 | 2011.04.09 23:44

からつぎさま
あらっ、珍しく金曜日にご観劇でしたのね。私は4月から、きほん金曜に仕事の予定を入れないことにしたので、早速、遊んじゃいました。というか、仕事減らしてこんなことではいけないんですが・・・。

「権三と助十」、ほんと楽しかったですね。こんな風に、あーよかったな、とニコニコ劇場を出られるのも大事。特にこんな時期だから! 梅枝くんの言葉、時々、大阪?というイントネーションが(控えめに)入ってて、ほほえましかったです。

明日は投票日。夕食時になぜかTBSの都知事選アンケート(自動音声)電話がかかってきたのでした。我が家近くはポスター5枚、だったかな。

投稿: きびだんご | 2011.04.10 00:13

尚花さま
あら~、尚花さんのところにも手拭いが しかも2階で、だなんて素晴らしい。遠投した所化さんもキャッチした尚花さんも。・・・新しくなった歌舞伎座で、菊ちゃんの道成寺を見て、手拭いも貰いたーい

「太十」では「仲間」でしたか。でも最前列はやはりマズイです。・・・たまたま目に入った2列のセンター(中高年男性が4、5人並んでた)も、揃って討ち死に状態だったんですよぉ。お話の状況がわかりづらい、というのもあるかしら。
菊十郎さん登場の、雰囲気がとてもいいですよね!! おかげでニコニコ度がさらに

投稿: きびだんご | 2011.04.10 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜の一日:夜は三鷹 | トップページ | 日曜日の独り言 »