« 日曜日の独り言 | トップページ | 今月は團菊と相性が悪かった »

2011.04.12

聴く力

 ちょっとしたきっかけがあって、大事にしている本を並べた一画から茨木のり子「おんなのことば」という詩のアンソロジー(6冊の詩集から35編を選んだもの)を取り出した。これ、実は長らく、持っていることさえ忘れていたのですが。

 たぶん「倚りかからず」が話題になっていた頃に、そんな売れ筋本を買うのは気恥ずかしいけど、でも読んでみたくて、買ったのではなかったかしら。

 その中から1編、ご紹介。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    聴く力

ひとのこころの湖水
その深浅に
立ちどまり耳澄ます
ということがない

風の音に驚いたり
鳥の声に惚(ほう)けたり
ひとり耳そばだてる
そんなしぐさからも遠ざかるばかり

小鳥の会話がわかったせいで
古い樹木の難儀を救い
綺麗な娘の病気まで直した民話
「聴耳頭巾」を持っていた うからやから

その末裔(すえ)は我がことのみに無我夢中
舌ばかりほの赤くくるくると空転し
どう言いくるめようか
どう圧倒してやろうか

だが
どうして言葉たり得よう
(た)のものを じっと
受けとめる力がなければ

|

« 日曜日の独り言 | トップページ | 今月は團菊と相性が悪かった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハッとさせられる言葉が心に刺さります。
我が身を振り返るきっかけを与えてくれますね。
もっと読んでみたくなり「おんなのことば」と「倚りかからず」を注文しました。
ご紹介ありがとうございました。

投稿: 尚花 | 2011.04.12 09:54

尚花さま
猫並さんから私のところへ、そして尚花さんへ、茨木のり子バトンが渡ってる、という感じですかねー。
「おんなのことば」は文庫本サイズで(でも表紙は固い)、そっと持っているのにいい気がします。何年かぶりで茨木のり子を思いだして、私ももっといろいろ読みたくなってます。

投稿: きびだんご | 2011.04.12 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日の独り言 | トップページ | 今月は團菊と相性が悪かった »