« 「鳥瞰図」に思う、震災後の演劇 | トップページ | 超ハスキーボイスで文楽の感想をば »

2011.05.15

「ぴあ落語」は草月ホールで

5月14日(土) 「rakugoオルタナティブvol.1 『落語の中の女』」夜の部 17:00~ 於・草月ホール

菊六・転宅、池田成志・紙入れ、文左衛門・子別れ--仲入り--三三・橋場の雪、「座談(夜の部出演者)」(事前ネタ出し)

 先月の「柳家三三で北村薫」から、草月ホールづいている。主催も同じ「ぴあ」。当日もらったプログラムには、主催・ぴあ、制作・立川企画とあり、「ぴあ落語」ツイッター始めました、なんて書いてある。ぴあは紙媒体から撤退して・・・この先、いろいろやってくんでしょうね。

 今回の「落語の中の女」は、昼夜で、メイン(?)はナルシーが「紙入れ」をやる、ということ(昼夜ともに)。昼は志らくとの二人会状態だったもよう(開口一番は、らく兵)。たまたまカンフェティを覗いたら、あら前方で通路際のいい席が!と買ってしまったけど、A列って、うしろのBから傾斜がつく残念な席でした。まぁ、そうだよね。いい所は主催者が持ってらぁ。

 最近、役者さんが落語をやるのが増えている。私は小宮泰孝を何回か聞いてるけど、この先、千葉雅子と喬太郎が組む会があったり、松永玲子もなんかあったっけ・・・? もちろん風間杜夫を忘れちゃいけない!

 って、別にナルシーを聞きに行ったわけではもちろんないの。「橋場の雪」を聞いたことなかったし、文左衛門も嫌いじゃないし。

 なので「紙入れ」については特に感想はなし。マクラで「鋼鉄番長」での怪我降板に触れてたから、おお、今週は橋本じゅんと池田成志、降板組を図らずも見たんだなぁ(私は早めに見てたから2人とも出演してた)。しかし、数限りなく舞台に立っていても、落語はとても緊張するそうです。ナルシーは「昼の部、汗びっしょりになった後、落ち着こうと外へ出たら、片桐はいりさんが電話してるし。よけい緊張する」、なんて言ってたから、はいりさんも夜の部をご覧になってたんでしょう。緊張のせいか、喋るときに舌で唇をなめることが何回かあって、それは美しくないよ。

 文左衛門は相変わらずのキャラ。登場して、あの凄みでもって、綺麗なホールで・・・上納金で建てたんでしょ、立川談志の家みたいなもの、なーんて言ったり。最後の座談でも、このキャラが炸裂して面白かった! 「橋場の雪」は、なんだ、「夢の酒」の別バージョンみたいなのか、と。タイトルがとても綺麗で、しっとり系の噺かと思ってた。しかし三三さんは2つ目時代から折りにふれて聞くことがあったけど、落語の評価が高くなる人は必ずマクラも面白くなってるんだなぁ、と実感。

 最後の座談は・・・司会者が前回の三三&北村薫の時と同じ、ぴあの人。前はほとんどいるだけで、お二人が勝手にどんどん話していたけど、今回はそうもいかず、「むちゃブリ」の連続。たぶん三三さんに進行させたら、うまくいったと思うけど、いくらトリとはいえこの顔ぶれでそういうことはできないんだろうね。じゃあ、この座談がつまらなかったのかといえば、決してそんなことはなくて、インパクトのある司会も含めて、面白かった。ナルシーゆえに聞きに来た人は、もっと彼に喋ってほしかったかも、ですが。

|

« 「鳥瞰図」に思う、震災後の演劇 | トップページ | 超ハスキーボイスで文楽の感想をば »

落語」カテゴリの記事

コメント

これ、来月のを取ってあるんです、なぜか。って、別に続きモノってわけじゃないでしょうけど。落語会って、アタリマエだけど小規模なので、人気のモノはご贔屓だけで完売し取れず、そうでもないモノは情報そのものが入ってこないので行く機会を得られず、寄席ほど気軽じゃないもんで、私なんぞはカンフェティで見つけるとかなり嬉しいです。だから、あんまりよくわからないのにとっちゃったりする…

投稿: 猫並 | 2011.05.15 11:27

猫並さま
おお! 来月ということは、市馬師匠の回かしら、志らく師匠の回かしら。私も迷ってるんですけどねぇ←市馬(落語は1席だから・・・)。
きっと、その「むちゃブリ」司会者が出てきますよ! お楽しみに(爆)。
カンフェティには落語もけっこう出ますよね。私もほんとフラフラっと取ったりします。草月ホールは適度なキャパでいいと思います。落語をあまり大きなホールで聞きたくはないので。

投稿: きびだんご | 2011.05.15 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「鳥瞰図」に思う、震災後の演劇 | トップページ | 超ハスキーボイスで文楽の感想をば »