« 不忍ブックストリート week 2011 | トップページ | 茨木のり子ブームは続く »

2011.05.01

私の先月今月

5月1日

 4月にはあれこれ見たようだけれども、行こうかな、と思いつつ行かなかった舞台が2つ。「ゴドーを待ちながら」(新国立劇場)と「欲望という名の電車」(パルコ劇場)。前者はすごく有名だけども見たことがなくて、見ておくべき?ではあり、実際に何回かチケットを買おうとしたのだけれど(最終クリック寸前まで、が何回も)、結局パス。日にちが合わなかった、というだけでもないな・・・。「欲望~」は、なんだろう。今はいいや、と思ったのかもしれない。

 行く予定だったけど行かなかったのも2本。断れない急ぎの仕事があって、早く終わればと思ってたのに、仕事が終わったときにはもはや開演時刻を過ぎていた、劇団AUN「ヴェニスの商人」。だから人に譲るとか売るとかもできず、空席にしてしまい申し訳ない。もう一つ、三鷹で上演された「わが星」は、かなり興味があったんだけど、都合がつかなくなった。交換もできず、単純に売っちゃったなぁ。当日券で行けば良かったかと、少し後悔。これもけっこう人気だったみたい。

 でも、見たお芝居は「トップ・ガールズ」「紅姉妹」「国民の映画」「早乙女太一公演」と、どれもほんとに面白くて(それは、いろいろ余韻を残してくれるということで)、そういう意味ではハズレなし、なのでした。歌舞伎がどうしたことか、のめりこむまでにはいかず、ここらでバキッと目を覚ましたいな。

 あと、まさに3月11日に放映予定だった「浮標」が、震災で飛んでしまい(予約録画していたので、津波の映像などが入ってた)、もう放映されないかと思ってたら4月30日に無事放映。たまたまテレビ欄をチェックして気がついてよかったなぁ。

 そして5月。予定は未定だけれども、月初めと終わりを、岡山行きのために空けてるんで、間に(2週間ちょっとの中に)ギュッといろいろつまってしまい、それはそれで困ったことに。恒例となった「市馬落語集 三夜」も、予定してるのは1日だけ。行けなくはないんだけど、そう頑張らなくていいか、という気分なので。まぁ、直前に気が変わる、ということもあるかな。

 さて、今月はどんなことになるのやら

|

« 不忍ブックストリート week 2011 | トップページ | 茨木のり子ブームは続く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不忍ブックストリート week 2011 | トップページ | 茨木のり子ブームは続く »