« シアタートラムで、長い旅をした | トップページ | 珍しくドラマを見る »

2011.07.30

今月2回目の浅草公会堂

7月29日(金) 「伝統芸能の今 2011」 17:00~ 於・浅草公会堂

(市川亀治郎×三響會 特別公演)
能と歌舞伎による羽衣」(素踊り)  (4人によるトーク) 一調「願書」 舞踊「近江のお兼

 今年で3回目となるこの会、今まではなぜかタイミングが合わず行けなかったので、今回初めて。それは金曜日の仕事を減らしたから実現しただけで、そうでなかったら、今年もダメでした、で終わってるのよね。

 しかーし、突然、演舞場での歌舞伎チャリティーがこの日に重なるとは あぁぁ、どうせ他の予定はなかったんだから、13時~のチケットを取っておけば演舞場にも行けたんだけど・・・。とは思ったけど、いやいや、こちらに行くのが運命だったと思って(笑)。

 というわけで、菊ちゃんのチャリティー公演「祈り」に続いて、今月2回も浅草公会堂へ行ったのでした。チケットはカンフェティで買ったから、たしかポイントも使って少し安く行けたような気がする。買ったのがかなり前のことで、最早あまり覚えてないけどね。あぁそうそう、ためしにサイトを見てみたら「く列」だったんで、あらっと、喜んでクリックしたんだった。

 公会堂に着いて、階段を上がったら、いきなり人が溢れていて、亀治郎さんと傳左衛門さんが並んで募金活動をしてらした(長蛇の列)。・・・と、そこから客席入口側に行くと、広忠さんと傳次郎さんが、別々にパンフレット販売中!(広忠さんは寂しくて亀治郎さんの方に合流したんですって)。

 最初の「羽衣」は、能楽囃子と謡に乗せて歌舞伎舞踊を、という趣向。笛は福原寛さん、地謡は、観世喜正、谷本健吾、坂口貴信の各氏。これはねぇ・・・やっぱり私には難しくって。なんていうか、それぞれバラバラにしか捉えられないのよねー。で、ちょっと妄想タイムだったかも。

 トークでは、上手側に亀チーム、下手側に歌舞伎囃子チームと分かれて(いやナントカチームと言ってたわけじゃなく、私が便宜上そう呼んでるだけですが)。上手から順に、広忠、亀治郎、傳左衛門、傳次郎。亀チームの2人は揃いの亀プロ倶楽部の?浴衣でした。だもんで自己紹介の時に「亀プロ倶楽部の亀井広忠です」と
 本日2回目の公演だけど「昼の部も来た人」で、いくつも手が上がってた。「去年も来た人」では更に。

 みなさん、それぞれに話もうまいというか、すごく面白いのね。それは気心の知れた4人だから、ということも大きいのでしょう。そういえば、パブリックシアターの獅子虎阿吽傳でもトークはあったけど(私が行ったのはずいぶん前のこと)、あちらの堅い雰囲気とはずいぶん違う。そして3兄弟のキャラクターの違いもまた面白いのね~。亀ちゃん(一人っ子だっけ)はこういう中にいると、また楽しいんだろうな、とも思う。
 とはいえ、3・11の震災に触れた亀ちゃんの言葉を聞いててウルッときたりもした。
 最後には(財)がんの子供を守る会の方と、NPO法人世界の子どもにワクチンを 日本委員会の方の挨拶も。

 トークの中で、「願書」は大変な曲で、「なんでこんなのにしたんだろう」(by広忠)なんて仰ってましたが、謡の観世さん、そして広忠さんともに、ほんと気迫の舞台ですごくよかった! わけもなく感動しましたです。

 それから一転、「近江のお兼」は明るく華やかに。脇鼓・傳九郎さん、大鼓・傳八郎さんが加わり、長唄(杵屋利光/今藤長龍郎 ほか)の皆さん。
 トークの中で、(これは昼も言ったから、夜も言いましょうと)傳左衛門さん。「最初に出て来る若い者の段一郎さんは今日がお誕生日。昼に『一杯拍手して下さい』と言ったら、ほんとにすごい拍手で、私はずっと笑いながら演奏してました」とのこと。夜もまた、大拍手で傳左衛門さんも傳次郎さんもニコニコ。ちょっと珍しいものを見た、という感じ。
 亀治郎さんの踊りも、キレがあって気持ちいい。最後にこんな風に華やかに終わると、よかったなーという気持ちが一層強くなるものね。カーテンコールには広忠さんも出てらした。

 終演後は同じく浅草組だった友人と、いろいろお喋り。あ、その昔「鼓の家」のDVDを頂いたというご縁があったから、ここで会うのは必然だったのかもね。そして実は私がiPad相談をもちかけていたのでありました。何しろ私の周りには使ってる人がいないんだもん(アナログな紙人間が多いからね)。使わせてもらいましたです。いや~、面白い! 欲しいっ!!

|

« シアタートラムで、長い旅をした | トップページ | 珍しくドラマを見る »

能・狂言」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

入口での募金活動はいつもご本人たちが立っていらっしゃって、スタッフだから募金しないわけではもちろんないけれど、やっぱりそれはファンにとって嬉しいものです。
演奏も素晴らしいけれど、トークも三兄弟の仲のよさ、芸への厳しい態度が窺えて大好きなんです。
亀ちゃんの踊りは青楓さんの襲名公演までお預けですわ
そうそう、段一郎さん、お誕生日だったんですってね。盛り上がってよかった!! 段一郎さんも嬉しかったでしょうね(^^)

ところでiPADは友人が早くから使っておりますが、新しいおもちゃ好きの私としてももう少し様子を見たいところです。iPAD2はだいぶ軽くなったみたいだけれどもうちょっと小さくならないかな、なんて…。

投稿: SwingingFujisan | 2011.08.04 13:48

Swingingfujisan さま
今回は私が代わりに見てきました、というところで。ほんと、あんなに年のくっついた三兄弟で、しかも伝統芸能の二つの家って、凡人には想像もできないくらいだけど、でも素敵な 方たちですよね。楽しかったです。来年もぜひ行きたいです。
iPad はこの時の師匠に、実家で使いたいなら通信状況をよく確認するようアドバイスをもらいました。その後、発作的にスマホを買ったから、しばしこれをオモチャにしてみます。

投稿: きびだんご | 2011.08.04 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シアタートラムで、長い旅をした | トップページ | 珍しくドラマを見る »