« 今年も9月に歌舞伎観劇会 | トップページ | 7月19日は扇子記念日 »

2011.07.21

夏といえば、花園神社の椿組

7月20日(水) 「けもの撃ち」 19:00~ 於・花園神社境内特設ステージ

(椿組2011年夏・花園神社野外劇)
作・演出/竹重洋平 出演/山本亨、辻親八、各務立基、松本紀保、井上カオリほか

 暑い夏には、花園神社で野外劇でしょう!というのが、そろそろ身に付いてきた昨今。でも、今年が26年目という歴史を考えると、ほんと私は新参者だけどねー。
 しかも、見に行った20日は台風接近、大雨注意の日で、特に夜になって気温が急激に下がったから、冷たいお茶をもてあまし、汗もかかなかった。なんか調子狂っちゃう。

 台風だなぁ・・・と前日から、天気予報を何度もチェック。何が起ころうと、休演になるはずはないし、むしろ、そういう時の方が面白そう、という気持ちもあった。じっさい、上演中に激しく降っていた時間帯もあったけど、客席には全く関係なし。9時の終演時間にはすっかりやんでいた。まぁね、暑い~!と、ゼーゼーいいながら見るくらいの方がいいのかも、と、ちょっと贅沢なことも思ったのでした。

 さて、今年のお芝居は・・・マタギvs.人食い熊の話なの。たまたま見た日は涼しかったけど、これ普通に暑い日だと、見てるだけで暑苦しそうよ。衣裳が毛皮しょってるし。
 もちろんそこに侠客・花村一家や朝日楼という旅籠(というか女郎宿)の面々、町の男女が大勢入り乱れて、たっぷりエネルギッシュかつ猥雑な2時間!

 ここに松本紀保が出演というのが、ちょっとビックリだったなぁ。朝日楼にいる女郎で、他の子とはつるまない役どころ。一番最初に出て来たとき、声を張り上げるシーンで、ちょっとな・・・と思ったんだけど、その後は普通にOKだった。マタギのリーダー、伝蔵(山本)の息子の相手をする場面(暗転)で、「こうらいや」という声がかかったみたいだったなぁ。いっしゅん耳を疑ったけど、たぶん。

 主役はもちろんマタギの伝蔵(山本亨)だけど、見終わってみると、その息子・半兵衛(鈴木幸二)の成長物語という側面があったなぁ、と。親に言われるがまま(反発を感じつつも)従っているところから、親と決別し、しかし最後はその親を乗り越え跡をつぐ存在となるまで。

 ま、去年の「椿版 天保十二年のシェイクスピア」の印象が圧倒的で、ついそれを思うと、山本さんも力抜け気味かも。やっぱり「オレが主役!」「かっこいいオレ(笑)」ってのは去年だったでしょう。でも、それはそれ、これはこれ。ちょっと情けない部分もまた魅力的だったりする。

 各務さん演じる銑次が、花村一家の食客で着流しのいい男(しずめ=松本紀保の相手)で、最初から「ナニモノ?」感が漂ってた。でも、最後まで、大きなポイントというか、何かをひっくり返したりする役ではなくて、ちょっと肩すかしをくらった気分。いや、肩すかしといえば、ほんとに人食い熊がいるのか?という、ミステリーのようなホラーのような空気も、作り物の巨大な熊が現れるに至って、あはは~、ストレートだったのか、と。
 ここでホラー(心理的な)になったら、野外劇テイストじゃないかもね。

 大勢の出演者が、歌い踊るシーンもあり、神社の境内という場所を生かした舞台で、ほんと2時間、こんな都会の真ん中で別世界を味わったのでした。もっと暑さと戦いながら見たかった、などと、勝手なことを書いて今年の感想とします(暑けりゃ暑いで、絶対文句言ってるね)。

|

« 今年も9月に歌舞伎観劇会 | トップページ | 7月19日は扇子記念日 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

ありゃ、これまた小宮孝泰さんがらみですが、
小宮さんのホームページの掲示板を見ると、小宮さんも『けもの撃ち』を観ていて、絶対のお薦めだと絶賛しています。

そういえば野外芝居なんて、はるか昔に行ったのが最後で随分行ってません。赤テント、黒テント、行きましたっけ、って古~。
ぎっしり膝送りのギュウギュウ詰め。そんな中、役者は客席に乱入して客の足を踏んづけながら歩く、自転車に乗った役者が通ったこともありました。客席に水を撒いたことも!
それでも、楽しくて仕方なかった。若かったんですなあ、私も、芝居も。

私にしては、ありえない時間に書いていますが、なんだか眠れないんです、今夜は。

投稿: ケイジ | 2011.07.23 02:03

ケイジさま
ありゃま、ほんと夜更かしですねぇ。金曜夜だからいいとしても・・・。気温の急激な変化で調子狂ったのかも。お気をつけ下さい。

さて、小宮さん!! あらま、と掲示板を見に行きました。私がもっと映画のこととかわかっていれば、更に面白かったんでしょうか。
野外芝居って独特なものがありますね。あのエネルギーって、人間と土や木やいろんな物の力が合体したような感じ。若かりし頃のそんな思い出をいっぱいお持ちのケイジさんが、羨ましいです。

小宮さんの公式サイト。掲示板にそんな感想なんかが書いてあるなんてビックリ。「線路は続くよ どこまでも」の告知も探せないし・・・と機会があったらよろしく。

投稿: きびだんご | 2011.07.23 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も9月に歌舞伎観劇会 | トップページ | 7月19日は扇子記念日 »