« 松竹座・雑感 その2 | トップページ | 「息が足りないこの世の息が」 »

2011.07.12

本日の、朝の部/昼の部/夜の部

7月12日(火)

 こんなタイトルにしたからといって、ダブルどころかトリプルで観劇したわけではありません。今日の予定は決まった順に

・「ベッジ・パードン」ソワレ
・菊之助チャリティ公演「祈り」昼の部

 これだけのはずだったのに、昨日仕上げるはずの仕事が今日に持ち越しとなり(締め切りは今日だったから、遅れてはいないけども)、午前中あせってチェック、そして納品。これがやむを得ず入った「朝の部」なり。

・・・だから、1時からの「菊之助のお出迎え」に、行く気まんまんだったのに、とうてい間に合わず。ま、仕事を大事にしなくちゃ劇場にも行けないわけだからサバサバしてますが。

 でもね、仕事を終えてスッキリしたところで、チャリティ舞踊公演を見て、期待以上にこれが楽しかったのよ。菊之助の「うかれ坊主」ってイメージがこわれそう?・・・なんて思ってたけど、それはそれで妙に楽しめたのでした。なんでかなー(笑)。そして30分の幕間に、アンヂェラスまで行ってお茶してるのがまたいいでしょ。音羽屋トモダチとのお喋りに時間がたつのを忘れ、パタパタ浅草公会堂に駆け戻ったよん。

 そして、「藤娘」だもんね。いや~、眼福眼福 最初の右近くんの「子守」も入れて、ほんといい演目構成だったのでは。(と、踊りは何もわからないながら、そんな人が楽しめる、という意味でも)。

 三軒茶屋への移動の途中、時間があるから久しぶりに神保町へ。やっぱり三省堂が好きなんだなぁ。

 「ベッジ・パードン」、今日は3階席から。センターは2列しかないあたり、演舞場と同じだわね。私は1列だったけど、2列目も気楽でいいわね。そして、立ち見の人が3階にもいっぱい入っていて、それは1階から見てた時には気づかなかったんで、今さらながら、人気に驚きもした。トータルで3時間超だから、よっぽど元気じゃないとつらいと思うけど、若い人はこういうのもいいものかもね。(3階席でも7000円というのは、かなりいい値段ですもん)

 そして、今日は遠かったけど(しっかりオペラグラスは持参)、1回目の時よりもいろんな意味でしっかり、しかも新鮮みをもって見られた気がする。同じ三谷さんの「国民の映画」が、初回にドッカーンと衝撃を受けて、その余韻に浸るような2回目だったのに対して、ベッジはジワジワくるタイプのお芝居なのかも。あくまで私個人にとってね。

 というわけで、踊りもすっかり楽しんで、気分よく三軒茶屋に行き、お芝居の世界も堪能できて、幸せな一日なのでした。これだから、やめられないのよー。今はベッジの最初と最後に使われた曲(マイ・フェア・レディのだっけ)が頭をぐるぐるし、それだけじゃなくて、途中で金之助が歌う「じいちゃん、さーけのんで」の歌がそれにかぶさって、実はすごいことになってます。

|

« 松竹座・雑感 その2 | トップページ | 「息が足りないこの世の息が」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

猛暑とは無縁の別世界からやって来たかのような爽やかで涼しげな菊ちゃんのお出迎えでしたよ。
暑苦しく汗まみれのオジサンばかり見ている目が洗い清められたかのよう(笑)

うかれ坊主、あのビジュアルを受け入れることができなかった私は狭量なのか・・
でも、藤娘を堪能できたので満足満足の舞踊会でした。


投稿: 尚花 | 2011.07.13 09:51

尚花さま
んー 「お出迎え」に行けなかったのを、自分なりに納得してたのにぃぃ。いいなー。
でも、尚花さんはそんなふうに「洗い清められた」から、うかれ坊主のビジュアルがよけいだったのかもね。
あの「藤娘」の美しさを思い浮かべたら、暑い夏も乗り切れそうな気がします。もう終わっちゃったの?というくらい、いつまでも見ていたかったです。

投稿: きびだんご | 2011.07.13 11:19

お目にかかれて良かった…のは!お声をかけてくださったから。私は自分から探す努力をしてませんでした。ありがとうございますm(__)m
それにしても、藤娘に遅れなくて良かったです。私はかなり本気で焦ってました(笑)だって入れなくなっちゃうもーん。でも、思ってたより余裕でしたね。席に着くのが大変な位置じゃなかったのも幸い。そして、始まっていきなり観た藤の精が眼福だったから「あーよかった」感も倍増。

お出迎え=募金だったので、紋付羽織はかまで決めた菊ちゃんを眺めながらも、下世話な私は「ここで、いいとこ見せようとして見栄を張るのが江戸っ子か?」「いや、女性客はみな堅実よねー」とか、いろいろ妄想しながら見てましたよー。
でも、お出迎えが引っ込んだとたんに募金の列も雲散霧消したのがなんとも!

投稿: 猫並 | 2011.07.13 23:23

猫並さま
いや~、楽しかったですね。ありがとう。
最前列の上手と伺っていたので、自分の席についてふいっとそっちを見てみれば、むむっ、発見 動いてない状態で動いてない人を見つけるのは得意なんです(笑)。
幕間の、ひぇ~急がなくっちゃ。お着物なのに素早かったですね! 身のこなしが猫的、かしらん もちろん本気度は伝わってましたとも。
お出迎え・・・でも、紋付き羽織袴姿の菊ちゃんも、やっぱり見たかったかな。それと、こういうとき募金箱に入れる適正金額についても、実はちょっと悩みます。とうぜん、人それぞれの考えとか、フトコロ事情があるんで(同じ千円でも全く違うものね)、自分にとっての適正金額はいくらなのか、と。

投稿: きびだんご | 2011.07.14 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松竹座・雑感 その2 | トップページ | 「息が足りないこの世の息が」 »