« 珍しくドラマを見る | トップページ | 8月はこんな感じ »

2011.07.31

祝・ベッジ・パードン千秋楽

7月31日(日) 「ベッジ・パードン」 13:00~ 於・世田谷パブリックシアター

作・演出/三谷幸喜 出演/野村萬斎(夏目金之助)、深津絵里(アニー・ペリン〈ベッジ〉)、大泉洋(畑中惣太郎)、浦井健治(グリムズビー)、浅野和之(ハロルド氏 etc.・・・)、三谷幸喜!

 ほぼ2ヶ月(カーテンコール時に萬斎さんが65公演と仰ってました)のベッジ・パードンも、本日これぎり! なのに、私は懲りもせずに開演時間を間違ってインプットしていて、あやうく見損ねるところであった。もちろん14時開演と思ってたのよ~。11時すぎにチケットを見ていてギョギョッ この学習能力のなさには、ほんとマジで我が将来をはかなむワ。
 ま、昼食抜きだったけど、なんとか間に合ってよかった。

 *いま手帳を見たら、ちゃんと「パブリックシアター13:00」と書いてるよ! 書いたって見なきゃどうしようもない。あぁバカバカ。サイコロの角に頭をぶつけて死んじまえってんだ。

 3回目の観劇となる今日は、G列と今までで一番舞台に近かった。その代わり、かなり右端の方だったから、いっしゅん誰かが柱の陰になる場合なんかもあったけど、でも近さは満喫した。ええ、萬斎ファンとしては満足です

 今日は千秋楽スペシャルと思われる部分が、少なくとも3つあった(もっとあったのかも、ですが)。 

 とりあえず・・・やっぱり出たがり(笑)三谷幸喜。ハロルドさんが家を出て行って、みんなも出なくてはいけなくなった時、奥さんの妹・ケイト(とうぜん浅野和之)が顔を出すでしょう。「今朝、牛乳屋の後を追っていった」あのケイト。三谷さんはそのケイトの後から、牛乳屋で登場。すぐにケイトと去って行ったけど、後ろの窓からヒラリ!!(ドブンか) 迫真の飛び降り。それも含めて大拍手でした。ちょうどこの窓の出入りが私のところからは見づらくて、三谷さん登場!というのも2拍くらい遅れて目に入ってきた。

 それよりも前、ケイトが初めて登場した時。舞台下手の椅子に座って、金之助と話をしている時に、肘掛けに手を置いてそのままぐわ~っと足を伸ばして椅子から浮き上がったので、萬斎さんがあっけにとられてしばし笑いが止まらなかったよー。そんな萬斎さんがとっても意外で(なんだか何があってもクール、って雰囲気でだもんね、イメージとしては)。

 あと、ベッジのスペシャル味噌汁。カップによそってから、大きなサイコロを2つずつ入れたのよねー。「特別に」って。これも内緒で仕込んでたものなのか、萬斎&大泉はしばし台詞のタイミングを失うほど。

 という賑やかな場面は賑やかに、だけど、ピシッと空気が締まるところは変わらず。ま、その緊張感が少しだけ緩かったかも・・・と思うのは、こちらも千秋楽で高揚していたんだろうか。

 三谷さんの芝居を、ここ何年かしか見ていないけど、こんなにストレートに異性への「愛情」を語るのは初めて見た気がする。彼が失ったものへの叫び、とか、勝手に考えちゃう。それは最初に見た時にそう思い、単純にストーリーを追うことをメインにした2回目にはそれほどでもなく、今日またそんな感慨を持ったのだった。本人はどうであれ、受けとめるのは客の勝手、ということで。

 カーテンコールは、今までの、全員が窓から顔を出す(浅野さんは弾丸ロスになって)、というところから、その後、ロンドンの地図の幕が降りた前に、5人が並んで、萬斎さんが役者紹介&挨拶。そこから全員、手を振ったりしながら上手側へ消えて・・・「本日の公演はこれで終了しました」というアナウンスが3回ほど流れたんだけど、みんな拍手してたから、最後にもう一度、5人出てきてオシマイでした。三谷さんはここには出て来なかった。でも、その最後のカーテンコールの時、下手の袖にいたのは三谷さんだったんじゃないのかなー。

|

« 珍しくドラマを見る | トップページ | 8月はこんな感じ »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

詳細な千穐楽レポ、ありがとうございます!!!
ただただ羨ましいけれど、三谷さんの出たところとか、浅野さんの浮き上がったところとか、目に浮かぶようでゲラゲラ笑ってしまいました。
きびだんご劇場で擬似観劇ができて満足です。

投稿: SwingingFujisan | 2011.08.04 13:28

Swingingfujisan さま
物好きだなあと思いつつ、3回見たわけですが、千秋楽に見たい!という人が多い理由はわかりました。いままでそれほどこだわってなかったので。ファンクラブに入ってなければ、この日のチケットは取って(取れて)ませんわ。
萬斎さんの、明治時代とはいえ背広姿は新鮮でした…が、やはり…以下自粛(笑)。
実家で蝉の声を聞きながら舞台のことを思うと、白昼夢のような感じがします。

投稿: きびだんご | 2011.08.04 15:07

タイトルだけで、判断つかず、チケット取りにも不参加で、その後、内容等を活字媒体で知り、興味関心の方向に合致していたので、観損ねて、ただただ残念です。

きびだんごさまの文章で悔しさを宥めていただきました。

投稿: ポンジュース | 2011.08.05 00:06

ポンジュースさま
私はパブリックシアター+萬斎さんで、とりあえず1枚。あとファンクラブ枠と…なんてやってるうちに、でした。後から深津絵里だけどどう?なんてちょっと心配もしましたが。
時にはこんな自分だけの「お祭」もいいよね~。テレビ放映しそうだけど、WOWOWかしら。

投稿: きびだんご | 2011.08.07 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珍しくドラマを見る | トップページ | 8月はこんな感じ »