« またまた下北沢へ(そんな場合じゃないのに) | トップページ | シアタートラムで、長い旅をした »

2011.07.25

KAATの「現代美術×伝統芸能」

 KAAT=神奈川芸術劇場は、4月に「国民の映画」を見に行って、遠い~と。来月の杉本文楽も、行けそうだったら直前になんとかチケット入手するかな、程度なんだけど・・・。

 がっ なんとこんなお知らせが、万作の会から来てしまいました。

9月21日(水)19:00開演 
神秘域(かみ ひそみ いき)  OUR MAGIC HOUR
ヨコマハトリエンナーレ2011 野村万作×野村萬斎×杉本博司 三番叟公演

 万作の“風”の三番叟と、萬斎の“華”の三番叟。大鼓には亀井忠雄、広忠父子、だそうで・・・。

 万難を排して行け、ということですか? KAme(カメ)=かながわメンバーズに入れ、ってことですか。その前に。もはやこの日には予定が

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

  ひとよかぎりのふしのまい
  秋の夜の 夢まぼろしのごとくなり

チラシに書いてあるコピーなんだけど、ほんと夢まぼろしとなるのかや。

|

« またまた下北沢へ(そんな場合じゃないのに) | トップページ | シアタートラムで、長い旅をした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた下北沢へ(そんな場合じゃないのに) | トップページ | シアタートラムで、長い旅をした »