« はじめてみる「ジゼル」 | トップページ | 亀治郎の会、立派なパンフレットに驚く »

2011.08.21

美女劇、だったんだね。で、美女劇って?

8月19日(金) 「美女劇 伯爵令嬢 小鷹狩掬子の七つの大罪」 19:00~ 於・ザ・スズナリ

(Project Nyx 第7回公演)
作/寺山修司 構成・美術/宇野亜喜良 演出/金守珍(新宿梁山泊) 出演/寺島しのぶ(つぐみ)、水嶋カンナ(赤ずきん)、松熊つる松(掬子)、フラワー・メグ(アナベラ夫人)、野口和美(鰐夫人)、村田弘美(もうひとりのつぐみ)、傳田圭菜(麻耶子・人魚)、南かおり(アリス)、今井和美(テレス)、遠藤好(謎の男)、キム・ジョンヒョン(小人・少女)、中山ラビ(金髪のジェニー)、市川梢(便所のマリア)、ルナティコ(人形遣い)、高橋理通子(舞踏)、演奏(黒色すみれ)

 うーん、今こうして↑お名前を並べているだけでも、濃ゆ~い空間が甦ってくるなぁ。せっかくだから、キャスト表の全員、入れてみた。美女劇、と前につくことに今さらながら気づいた。ハクシャクレイジョウ コタカガリキクコ。早口言葉か

 しのぶちゃん出演じゃなければ、もちろん見に行ってないんだけど、・・・この見終わっての感覚ってなんなのかしら。あらゆるものが過剰で、だけどすべて共通の美意識に貫かれていて、理解はできないけど心地よい・・・のかなぁ。と、書いているうちに、最近見たものの中では「荒野に立つ」(阿佐ヶ谷スパイダース)と、座標軸の両端に位置するようにも思えてきた。あくまで見る側の感覚としてね。その強固な「ぶれなさ」に浸れる(溺れる)ような。

 当然、しのぶちゃん以外の役者さんも知らない。唯一、中山ラビの名におおっ!というところ。学生時代に・・・意識して聞いてたわけじゃないけど記憶にはある。
 しかーし、みなさんあやしい、怪しい? 妖しい?? 鰐夫人はもちろんとしても、それ以外の方々もビジュアルが強烈ですわ。このあたり衣装も担当している宇野亜喜良さんの存在感が、舞台美術とトータルに迫ってくるわね。

 そうそう、席は音羽会には頼まずにカンフェティ先行で確保していたもの。それがB列1番だったので、とにかく開場ころには行っておかなくちゃ、でした。いちばーん奥の端だもん。そして補助席も含めて、案の定ギューギュー。・・・なのに私の隣=2番は空席で、ゆったりできたとはいえ勿体ない。で、左端なので、ちょっと見づらい部分もあった。舞台下手の一番前に、大きな時計(アリスとテレスのうち、アリスが出てくる)があったりするから。もっと前X・Y列の人なんか、相当見づらかったんじゃないかしら。

 私はそもそも人形の類(リカちゃん人形みたいなの)が苦手なんだけど人形があふれてましたワ。ま、小さいから許しちゃおう。もう1体、人形遣いが遣う人形・便所のマリアには、惹かれるものがあったんだけどね。・・・と、何をどう書こうとしても、見たことから遠ざかってるなぁ。

 スズナリってあんなに舞台の奥行きがあったのね、とか、紗幕がうまく使われてたなぁ、なんていうのもあるけど、何より、ラストで本水!というのは驚き以外のなにものでもなかった。舞台の一番奥で、「あっ、本当の水だ」と思って見ていて、ふっと気がついたら舞台一面ざーっと流れてきてた。そんなことができたんだ!! 水浸しの舞台でのカーテンコールも面白かったなー。あらゆる部分で度肝を抜かれ、100分少々が5時間くらいにも感じられたのだった。昇華!という感じ。

☆キャスト表に「今回出演予定の『白井妙美』は都合により出演見合わせとなりました」と書いてあった白井さんは、可愛い衣装で、開演前の諸注意などを舞台上からアナウンス。その時の、「子宝に恵まれまして」という言葉が妙にツボ。今どき、あまり聞かないよね、特に若い人からは。いい言葉だなぁ、ちゃんとしてるなぁ、なんて。

☆黒色すみれの歌も耳に心地よかったけど、中山ラビが出てくるとなんかいよいよアングラっぽいというのか、時計が逆回りしたかのような感覚があった。

☆毬谷友子さんがいらしてたけど、Project Nyxの次回公演(来年1月)に出演されるのだわ! 吉祥寺シアターか(近い!)

|

« はじめてみる「ジゼル」 | トップページ | 亀治郎の会、立派なパンフレットに驚く »

演劇」カテゴリの記事

コメント

これは実際自分の目で観なくちゃどんなお芝居なんだか皆目わからないお芝居なんだ、ということがわかったような気がします(笑)
実は私も人形が苦手。
魂が宿っているような気がして怖いのです。
人形だけでなく、妖しげな雰囲気とかも苦手な私は、途中で逃げ出したくなったかもしれません。

投稿: 尚花 | 2011.08.21 20:04

尚花さま
スズナリは途中で逃げ出したくなっても、おいそれとは逃げ出せませんですわよ!と、おどしておこう また、こういう所でやるから、いいんでしょうね。
しのぶちゃんがスズナリに出たように、平幹二朗さんが吉祥寺シアターにご出演だったり。あくまで攻めの姿勢の役者さんには、惹かれます。
私は人形の中でも、可愛いのは特にダメなんです!

投稿: きびだんご | 2011.08.21 22:51

寺島しのぶの名とタイトルに惹かれて、ずいぶん迷ったのですが、スケジュール上あきらめたこのお芝居、きっときびだんご様のレポが…と期待しておりました

宇野亜喜良--学生時代、かなり好きでした。今でもいろいろご活躍なんですねえ。
中山ラビは私も「おおっ!」で、やっぱり意識して聞いていたわけじゃないけど記憶にはあり、ちょっと懐かしく思っています。

人形はこわいですよね。そういえば演舞場も人形でしたね。

投稿: SwingingFujisan | 2011.08.22 09:31

SwingingFujisanさま
これは絶対、私は見に行ってる、と思われたでしょう!! はいその通り、てなもので。
宇野亜喜良も、ほんと長らくあのまんまで、活躍してますよね。舞台は記憶にあるあの絵そのもの、という感じでした。ラストのしのぶちゃんの姿なんて、絵から抜け出たようで。
中山ラビに反応・・・世代を区切るモノサシにでもなりそうです

人形を愛でる遺伝子が、私には欠如してるかも、です。キモカワイイとか不気味さとかが溢れてるのなら許容できる・・・かな。

投稿: きびだんご | 2011.08.22 10:20

あ、音羽会で取ったんじゃなかったんですね。
そうですか…
実は、確認したかったんですが…
今回、音羽会で取ったチケットには、裏に「音羽会」って手書きしてあったんですよ。もちろん、もぎる方に。こんなの初めてですよね?って聞きたかったんですが。
私だけじゃないですよね、そう信じたい(爆)

投稿: 猫並 | 2011.08.22 23:24

猫並さま
カンフェティで扱うのがわかった時点で、じゃあ気楽にそっちで買うか、でした(ドタキャンの心配もあったものだから)。あのハコではどの席でもそう変わりないか、とも。・・・それは間違ってたんですけども。

さて、しのぶちゃんは、次は何かな? WOWOWのドラマは見られませーん。

投稿: きびだんご | 2011.08.23 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめてみる「ジゼル」 | トップページ | 亀治郎の会、立派なパンフレットに驚く »