« お土産ちゃくちゃく | トップページ | 文楽第2部、たっぷり楽しみ、感想ちょっぴり »

2011.09.10

千駄木→上野→新橋

9月9日(金)

 重陽の節句。この日が開店記念日の居酒屋さん@鵜の木は、飲み放題(笑)という魅力的なお誘いを断って、下町散策&おやぢ化?

Ame2

 友人は先にぜひとも行きたいという「ひみつ堂」で、かき氷を(すごく美味しかったそうです)。私はそれほど好きではないので、パスして、一緒にあめ細工屋さんにGO! お喋りしながら、山登りうさぎと ウサギに乗ったうさぎを作ってもらった。左はちゃんとリュックをしょって帽子かぶってるのよ。

 千駄木駅前からは、台東区のミニバス「めぐりん」で上野へ。途中で「旧吉田屋酒店」のそばなどを通って、以前、落語先達の案内でこの付近を散策したことなども、なつかしく思い出した(根津神社、へび道、エトセトラ。あちこち行ったんだっけ)。

 東京国立博物館「空海と密教美術展」。混んでるのがイヤなので、ねらい目は金曜日の夜間開館と思って行ったのだけれど、やはり人が多いね。でも許容範囲か。いつものように予習もせず、ただ「書」を見ましょうという意識はあった。入ってすぐが「弘法大師行状絵詞」「聾瞽指帰(空海筆)」で、そのあたりはほんと人がたまるのよねー。列には加わらず、隙間からちょこちょこ見ていく感じで。でも、後の「風信帖」ともども、これは見てよかった。

 もう一つはやっぱり曼荼羅でしょう、ということで。特に血曼荼羅は直前に作業トラブルがあって、展示期間が変わったために「胎蔵界」が見られたのでした。それとやっぱり仏像曼荼羅は迫力。シーンとした夜中に見たりしたら・・・妄想が広がりますワ。でも、仏像はついお顔と「手」を見ちゃうのと、動物たちに興味を惹かれるかなー。邪道ですかしら。ショップがまたいろいろにぎやかで、つい見てしまう。お習字方面もあったよ。母へのお土産に、パッケージに仏像が描かれた「こんぺいとう」を。

 喉が渇いたねー、ビール飲みたい、と言いつつ・・・でも上野駅近辺はよく知らないし。とりあえず山手線に乗っちゃって、乗ってからどこで降りる? 2人なら怖くないとばかり、新橋に行ってみることにして、駅前で「ここにしてみる?」 けっこう飲んで食べてしたつもりだけど、1人2000円少々という値段にビックリ。〆に久しぶりにいわゆる喫茶店のストレートコーヒー(これが840円)を飲んで、あ~楽しかった!!

|

« お土産ちゃくちゃく | トップページ | 文楽第2部、たっぷり楽しみ、感想ちょっぴり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

散策のこと、よく覚えてらっしゃいますね。コースは、天王寺、五重塔跡、長谷川一夫の墓、毒婦・高橋お伝の墓、下町風俗資料館、高橋泥舟の墓、山猫めおと塚、全生庵、いせ辰、へび道、夢境庵、根津神社、はん亭、不忍池・弁財天、湯島天神・切通し、上野鈴本夜席です。

写真見たら、私たち2人とも若い。平成15年4月ですって!

投稿: kazzp | 2011.09.11 14:11

kazzpさま
遊覧、なんにもせよ初参加だったので、よけい記憶にあります(実は一番最後に集合場所に到着したのです。新参者なのに、とあせったなぁ)。
それに写真もたくさんあって、いまはもう会うことも叶わない白髪のおじいちゃまとのツーショットとか・・・古きよき時代の思い出、という感じです。今のように多忙な師匠は想像もしない頃、ですね。
お蕎麦は夢境庵。ありがとうございます!!(店内で写した写真もあるんですが)。谷中墓地の長谷川一夫や高橋お伝の墓も面白かったし、猫がいっぱいいたなぁとか・・・ほんとkazzpさんにお世話になりました。老後(?)はまた散策しましょうね。

投稿: きびだんご | 2011.09.12 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お土産ちゃくちゃく | トップページ | 文楽第2部、たっぷり楽しみ、感想ちょっぴり »