« 生協のチケット抽選、外れっぱなし | トップページ | 憎っくき台風 »

2011.09.21

珍しく寄席に行った

9月20日(火) 「池袋演芸場 9月中席」夜の部

開口一番(市也・のめる)、市楽・悋気の独楽、燕路・?、ダーク広和(マジック)、蔵之助・蛇含草、志ん橋・居酒屋、鏡味仙三郎社中(太神楽)、さん喬・そば清--仲入り--志ん馬・看板のピン、小里ん・三方一両損、正楽(紙きり:相合い傘、剣道、孫、かぐや姫)、市馬・七段目

 映画館と寄席は、いつでも開いている=結局行けない、ということが多くて、よほど強い意思を持たなくては行けないの(爆・そんなもんでも・・・)。市馬師匠がトリを取る中席、やっと滑り込み~。ほんとは昼の部(喬太郎が浅い時間に出て、トリは白鳥・三題噺)から居続け、というのがよかったけど、そこまでのエネルギーはなくて。

 寄席のしくみをすっかり忘れてるから、落語協会HP「本日の寄席」で最初は市楽くん、5時から、をチェックして10分ほど前に着いたら、ありゃりゃ、そうよ前座が喋るんでした。しかも市也くんだ。こういう時、たいていはロビーでモニターを見ながら待ったりするんだけど、ごめんね、と入れてもらった。
 途中で入るには、池袋はほんと向いてない構造なんだよね。入口が前方左の1カ所しかないから(衝立でドアの動きや人の姿は隠れるとはいえ)。しかも、昔と違ってかなり人が入ってるから、最後列の補助席の後ろを通れなくて(立ってくれた)・・・こんなことなら、外にいるべきだった、とちょっと後悔。

 で、結局、私も最後まで最後列の補助席に(そこは後ろを人が通れるスペースあり)。最後列といっても、池袋だから近い近い。客席の皆さんの様子を眺めたりしながらノンビリ聞いてた。特にこの顔付けだから(?)、リタイア世代の男性が多い感じ。あと、5時の時点で9割がた埋まってたと思うんで、昼から続けての人が多かったのかなー。なんかね、空気が重いの!! 池袋の、地下空間、というのを差し引いても、重い感じだったな。

 印象に残ったことをいくつか。
 もしかしたら「蛇含草」を聞いたのは初めてかな。名前はよく見ていて知ってるつもりだったけど、お餅を食べるんだ、と。そしたら、さん喬師匠が蕎麦屋に大勢人が集まってる噺を始めて・・・おやおや、それって「そば清」ですか? ちょっとびっくりした。こういうのは「ネタがつく」とは言わないのかしら。というわけで、夜の部には、蛇が2匹登場しましたです。

 こういう寄席に出てる市楽くんを見るのも初めてかしら。明るいグレーの着物+羽織で、いいんじゃないの。どよ~ん、な空気を相手に奮闘(あくまでイメージ)。で、その後の燕治さんが出て、そうか、やっぱり喋ってる時の「間(ま)」とか、緩急とか、大事なんだなぁ、と思ったりした。もちろんそこは年季の差だし、今はひたすら奮闘する時期なんでしょうね。

 志ん橋さんとか、小里りんさんとか、座布団に座ってる顔かたちに愛嬌がある人はいいわねぇ(そうだ燕治さんも)。で、不思議とその本人と合った噺、という感じ。

 紙切りの正楽さん。この前、喬太郎さんの会でめちゃくちゃ喋る二楽さんを見た記憶が強いからか、「こんなに黙って紙を切ってたっけ?」という印象。しかーし、この紙切りの間だけ、客席に来た人がいた・・・というのは目の錯覚かしら。

 市馬師匠は、「今日が千秋楽で」という話から、(先代正蔵の真似などをマクラに)「七段目」。う~。正直、別の噺がよかったな。でも、そういうのも含めて寄席だし、三味線も入って賑やかに明るく。そうそう、鳴り物のタイミングやなんかが、すっごくよかったっけ。

 昔、私が落語を聞き始めの頃と比べると、やっぱりお客さんが多いなぁ。でも、この日に限ってなのか、まーったりと聞く、という雰囲気はあまりなかったんだよね。ちょっとくたびれて帰ってきましたです。

|

« 生協のチケット抽選、外れっぱなし | トップページ | 憎っくき台風 »

落語」カテゴリの記事

コメント

平日にこのメンバーで(?)満員、というのはちょっと驚きですねぇ。いぇいぇ、勿論二流どころという意味ではなく、決してド派手メンバーではないという意味で。。。因みに、志ん橋のファンです。「居酒屋」も好きな話です、何十年も聞いていませんが。

ところで、白山雅一さんが亡くなられましたね。ご冥福をお祈りします。

投稿: 松乃鮨 | 2011.09.21 23:59

松乃鮨さま
そうなんです、昼の部は賑わってるかもしれないけど、夜なら・・・と思って出かけたんですけどね。落語をめぐる状況は確かに変わってるんでしょう。
志ん橋さん。なんかすっごく寄席芸人らしいというか、たたずまいなんかも素敵ですね。ホッとできる。私は「居酒屋」は先代金馬のCDでしか聞いたことがなくて、実際に聞いたのは初めてでした。金馬のとはずいぶん違ってて、?「居酒屋」だったけど、いやいや紛れもない「居酒屋」でした。
白山雅一さんの訃報には驚きました。今も舞台のお顔が目に浮かびます。合掌。

投稿: きびだんご | 2011.09.22 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生協のチケット抽選、外れっぱなし | トップページ | 憎っくき台風 »