« 元気に落語を聞いてきた | トップページ | 亀治郎、たっぷり! »

2011.10.12

玉三郎オーラに圧倒された

10月12日(水) 「坂東玉三郎特別舞踊公演」 14:00~ 於・日生劇場

傾城 吉原絵巻」「藤娘」「楊貴妃

 踊りだけだし、どうしようかな、などと思いつつ、それでも3等席を取っていた。ま、私にとってはそんな感じだったの(常々、踊りはワカランと言ってるし)。なので、今朝も3時くらいまで、「困ってるひと」(ポプラ社)という本を一気読み・・・ねむ~い、という危険な状況で日生劇場へ。

 あ、今まで玉三郎の舞踊公演は全く見てません!

 そんなわけで、最初の「傾城」はそれほど・・・つまり身を乗り出す、ってほどではなかったの。わ~、綺麗、くらいで。だけども、次の「藤娘」で、わわわとなり、最後「楊貴妃」(これが実は一番不安だった、どんなの?と)で、まさに陶然、でした。2階席のほぼ最後列までも、その美しさはあまねく光り輝いてました!!

 長唄やお囃子の素晴らしさもあったし(よかったぁ!)、「楊貴妃」では長唄に琴、胡弓、尺八が加わり、その美的な世界に酔っちゃったなー。そんなわけでカーテンコールの最後の最後まで、美意識に貫かれた玉三郎さんの素晴らしさを実感。その上で、だからこそ、手も叩かずに茫然と(陶然と)酔っていたかったかも、という思いも。

 トモダチと見るのをこれにすればよかったか、と若干後悔したけど、いやいや、1等はやはりお高いし、なんたって「レディー・ガガな菊五郎を見たい」とのことだもん。やはり国立劇場だわ

 

|

« 元気に落語を聞いてきた | トップページ | 亀治郎、たっぷり! »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさんの感想を拝見して、心が激しく揺れて今にもポチっとしてしまいそうな私です。
奇しくも、友人からもこの公演を観ての感動メールが昨日届きました。
でも、行けそうな日が1日しかなく、お高いチケットを買わないといけない・・う~ん。
私も踊りはワカラン組なものですから(笑)この公演はスルーするつもりで全くチェックしてなかったのです。
これを機に踊りに目覚めるかもしれないと思えば15000円投資しても惜しくない、いやいや惜しい(笑)・・と悩み中です。

投稿: 尚花 | 2011.10.13 09:07

尚花さま
そうなんですよねぇ。ぜひぜひ見て!というには、お値段が・・・。
もちろん、昨日見て感動してても、踊りが多少なりともわかった、ということではないんです(居直り?)。踊る人と、舞台美術と音楽の全てが、玉三郎の美意識で貫かれていてそれこそがワーっと迫ってくる、みたいな感覚でした。玉三郎って、山台の長唄さんの身長(座高)がデコボコしてるのも許さないとやら聞いたことがあるんですが、確かにそれも頷けるなぁ、なんて思ったのでした。

投稿: きびだんご | 2011.10.13 10:04

おはようございます。
昨日、見てきました。
すべて同感です!!!
見逃さなくてよかった。

投稿: | 2011.10.14 10:21

ここ何日か「やっぱり行っとく?」「うーんでもね、お高いしね…」という自問自答を繰り返しております^^;
平成中村座、チケットとっちゃったしなぁ…。

きびだんご様の感想を拝見して「今夜のチケット、今から押さえるか!?」とチケ松に行ったら、今日の分はもう選択できなくなっていましたし。
もう今夜しか行ける日がないので、よほどのことがないかぎり、行かずに終わりそうではあります。

投稿: おまさ | 2011.10.14 16:21

同志さま
ほんとに言葉では言い尽くせません!!
万一、同じ日に近くで観劇していても
お互い、腑抜けのようになってて、
何も目に入らなかったかもしれませんね。

投稿: きびだんご | 2011.10.14 22:44

おまささま
お勤めの方は、見に行ける日が限られるから、チケットを取るのも大変ですよね。
それに今後もなかなか魅力的なラインナップで・・・松竹に貢ぎそうだし。
私は11月の平成中村座はパスするしかないんですよ。安い席があったらなぁ。

でも、玉三郎さんのこういう舞踊会は、また拝見できますよね。私も次は、もうちょっといい席に投資します!!

投稿: きびだんご | 2011.10.14 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元気に落語を聞いてきた | トップページ | 亀治郎、たっぷり! »