« お弁当&手拭い | トップページ | 高山宏展に行った »

2011.11.15

そして翌日は昼の部を3階から・・・

11月14日(月) 「吉例 顔見世大歌舞伎 昼の部」

「吉野山」「魚屋宗五郎」

 朝バタバタしてしまって吃又はパス・・・初日にほんとしっかり見たからすっかり満足してることもある。が、(その場面が来るまで忘れてるのに)又平のどもりの演技や、おとくの嘆きを見るのがつらいから、というのも少しはあるかな。
 もしかしたら、吃又を見るたびに書いてるかも知れないけど、幼児期に息子がどもってたことがあって、明らかに私がプレッシャーをかけたなぁ、と今も苦く思い起こしてしまうのよ。ま、その頃、親子ともども苦しんだ結果、いま私は仕事して観劇三昧、とも言えるから、何がどう転ぶかわかりませんわ。

 とまぁ、見るたびにギクリとするのに、じっさい見るまでは何も思い出さないのはこれいかに。

 「吉野山」。初日にちゃんと見てたはずなのに、なんだか初めて見たような気がする場面もあったっけ。上から見ててもとても楽しかった。でも、今日も清元がちょっとね、と思ったのでした。だんだん調子が出てきたふうだったけど、最初のうち、揃わなさが気持ち悪くて。

 あ、今日は松緑さんが放った笠が客席に落ちてしまったよ~。

 「魚屋宗五郎」は、昨日の今日だったから、三津五郎さんがお殿様で出てきた時に、あの大家をいっしゅん思い出しちゃった。でも、いっしゅんだけね!
 
 3階から見ていることの良さは、声の調子に敏感になることかな。近くから見てると、つい「見る」ことに気をとられてる。だから、宗五郎が最初に花道を出てくる時の声の暗さ、お酒をすっかり飲んじゃった後の怒りの気持ちが籠もった声なんかに、ハッとしてしまう。お酒を飲むところとか、ドタバタの面白さだけじゃ決してないんだよね。

 そうそう、今日も大河くんがとても可愛くてしっかりしてて・・・。ついホロリですわ。

 昼の部はこれでもう大満足。(明日から実家に行き、来週は祝日も土曜も仕事で)唯一の楽しみは、夜の部をもう一度見ることだよん!

|

« お弁当&手拭い | トップページ | 高山宏展に行った »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

先週夜の部、そして今日昼の部を見てまいりました。どっちも楽しかったけど、僅差で夜の部に軍配、かな(笑)。

で、「吉野山」ですがはじまってすぐになんか気持ち悪い。あ、そうかきびだんごさまも書かれていたっけ。そうなんです。揃わなさがどうにも気持ち悪いんですわ。もう中日も過ぎてますのにねぇ。
あ、今日は松緑さんが放った笠、ナイスキャッチでした\(^o^)/。

「魚屋宗五郎」、揚幕の音がして、まもなくもんのすごい大拍手。大河くんでした。いやぁ、大きくなりましたねぇ。あんなにしっかりとセリフも。観客みんなの気持ちをつかんでいましたわ、今日も。家族のやりとりは3階から(2階でもいいけど)のほうがより楽しめるように思いました。もう1回くらいずつ見たいけど、ガマンガマン!

『南座顔見世初日日帰り敢行!』の暴挙に出ちまう(^_^;からつぎでした。

投稿: からつぎ | 2011.11.17 18:43

>からつぎさま
僅差で夜の部! なるほど。言われてみれば、宗五郎の家の中でのドタバタなど、上から見るとまた楽しいですもんね。
で、吉野山はやはりそう思われましたか。それで今思い出したのが、何年か前の浅草歌舞伎、七之助くん吉野山。この時、清元がどうかしてるんじゃないかと思うくらいでした…。そんな曲なんでしょうか。難しいとか落ち着けないとか。

南座顔見世、初日を日帰りですと!! 仁左さまL O V E ですねぇ。ぜひ、ご感想など教えて下さいね。

投稿: きびだんご | 2011.11.18 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お弁当&手拭い | トップページ | 高山宏展に行った »