« 初‐桜席、楽しかったぁ | トップページ | 上村淳之つながり »

2011.12.16

今年2回目の「融」

12月16日(金) 「国立能楽堂 定例公演」 18:30~ 

狂言「雁礫」小笠原匡、吉住講、野村扇丞 能「 」シテ友枝昭世、ワキ宝生欣哉、アイ野村万蔵//笛・杉市和、小鼓・横山晴明、大鼓・柿原崇志、太鼓・観世元伯

 中正面2列右端から。この席って前に座席がないから気楽。あぜくら会員発売日ではなくて一般発売で取ったんだけど、会員/一般、PC/電話、席の配分がどうなってるのか知りたいなぁ。

 今回は、夏の小金井薪能(雨ため室内にて)で「融」をあまり楽しめなかったから、ぜひ能楽堂で見てみたい、と思って行くことにしたもの。融だ融だ、と思っていたので、「窕(くつろぎ)」という小書がついてるのなんて、全く気づいてなかった。

 さて「雁礫」。見た記憶はあった、絶対、矢来能楽堂で。野村萬さんで・・・でも、お話が進行していくうちに、あれれ、初めて見るのかも? 困った記憶喪失なんである。このブログ内を「雁礫」で検索しても出てこないし・・・結局、矢来能楽堂は正解だったんだけど、善竹十郎さんがシテで、文字も「鴈」の字を使っていた。

 大蔵流と和泉流の違いか、あるいはシテのキャラクターにもよるのか(単に記憶が飛んでる可能性もある)、とにかく「初めて見た」ような気分。単純にわかりやすくて、アハハと楽しんだ。でえもねぇ、外が寒い時に、室内ポカポカって、危険だなぁと思ってたの、この時すでに。

 というわけで、「融」をしっかり覚醒して見てたのはどれくらいかなぁ。名所を教えるあたりがダメでした・・・。アイもあんまり聞いてない。心地よくzzzだったの。でも、後シテ登場からは、(かなり)ちゃんと見てたと思う。うん、あの舞の美しさだけで、私としてはOKってことに。

 「窕」ってのは、早舞が本舞台だけでなく橋掛かりも使って舞われるものだそう。私には「絵」として、あの橋掛かりの舞が一番印象に残っている。そうそう、今日の笛もとても好きだったなー。

 でもいつか、ちゃーんと「融」を見たいです・・・。

|

« 初‐桜席、楽しかったぁ | トップページ | 上村淳之つながり »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

本名で登場です。で、杉市和は私の最も好きな笛方です。たしか京都だか大阪だか在住ですので東京にはあまり登場されませんが、昨年日経能楽鑑賞会での浅見真州師の「熊野」でとても印象に残りました。今日も良かったですよね。

投稿: 松乃鮨 | 2011.12.17 00:58

松乃鮨さま
おや、タイムリーに本名で!(というのも、来月の狂言の会で「松脂」がかかりますが、この字を見ると頭の中で「松乃鮨」と変換されてしまう・・・と言い忘れたので)
笛、すごくよかったです!! 最初にもう「あらっ」と思いどんどん引き込まれてしまいました。また、ぜひ聞きたいです。

投稿: きびだんご | 2011.12.17 01:18

大エビ、しばらく眺めてから食べる予定の猫並です。
実は、あそこで、よっぽど「これなんて読むんですか?」って聞きたかったんですが、その前に食堂にいた時の感じからして、そんな質問していたら周り中に「ここに場違いなバカなオバサンがいます」って宣伝しちゃうことになるか?と怯えまして、ええ、帰宅するまで悶々としとりました。
ああ、やっぱりプログラム買えばよかったかなぁ…

私の周囲(見える範囲)はみなさん物凄く熱心で、気持ち前のめり?にも見えるほど、舞台に集中してました。その熱気がすごかったんですが…途中、背後から寝息が聞こえてきまして、それがいびきに変わった次の瞬間、まるで絞殺されてるかのようなうめきが…ホントにクビ締められてたんじゃないかって気もしてるんですが、さすがに振り返って確認しませんでした。うーん、心残りです(爆)

投稿: 猫並 | 2011.12.17 09:55

猫並さま
私に質問されていても、当然読めなかったでしょう。そして!プログラムは買ってあったけれども、付いているルビまでは絶対読めない(見えない)です。昨日はコンタクトだったから・・・。いろいろ不自由なもんです。
私のお隣のジイサマは、手元に謡本のコピーを用意して準備万端、という感じでしたが、覚醒度合は私と似たり寄ったりだったかも(爆)。
時々、眠いのを変に我慢して、でもzzzとなった時に、頭が重くて不快になったりするんですが、昨日はそんなことは全くなくて、適度にα波が出てたんだと思うことにします。
1月2月も、なんだかんだで能を見ることになりそうです。歌舞伎5座にあまり参戦せず、ちょっと別方向へ、ですかしら(除・音羽屋)。

投稿: きびだんご | 2011.12.17 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初‐桜席、楽しかったぁ | トップページ | 上村淳之つながり »