« ケチがつきっぱなしの落語会 | トップページ | 追想モードになってしまった「落語集」 »

2011.12.26

今月は浅草によく通ったなぁ

12月26日(月) 「平成中村座 十二月大歌舞伎」 昼の部

車引」「賀の祝」「寺子屋

 昼の部は、3日に見て以来。今まで中村座の千穐楽なんて見たことなかったけど、菊之助だし、もう暇になってるだろうから、と、見に行くことにしてた。そしたら!! 今年は仕事がずれ込んで、26日は出社になっちゃった。ま、絶対休めない、ってことはない日だから、「スンマセン」と菊ちゃん優先(結局、仕事は27日に振り替えてもらった)。

 いや、3日はなぜか全然乗れなかったんですよね・・・。あんまりちゃんと感想を書いてないのも、そのせいもあるかも。昼の部を2回も見るなんて、ちょっとバカだったかな、と思ってたけど、今日は違ってたよ! 私も「平成中村座」という場に慣れたこともあるし、今日は3列からで、表情なんかもよく見えた、というのもあるかしら。

 菊ちゃんの声はやはり回復せず! 日程の半分くらいはツラい状態だったのでは。早くもとの美しい声に戻ってほしい!!!

 「車引」では、勘太郎-菊之助の対比をすっかり楽しんだ。梅王丸の力づよさ、桜丸の柔らかさ。勘太郎くんのこういう役は、見ていてとても気持ちがいいんだわ~。二人の組み合わせもとても新鮮で、またどんどん共演してほしいな。

 そういえば、最初見た時、配役を全然確認してなくて、杉王丸に「成駒屋!」と声がかかって、えっ、誰?だったの。細~いから、橋之助さんとこの子じゃないし、と。虎之介くんだったのね。彼は「め組の喧嘩」ですごく印象に残ってるんだけど、もうこんなに大きいのかと。そして、台詞も3日に比べるとずいぶんよくなってたし。日々、鍛えられていくわけでしょうか。

 「賀の祝」も、今日は白太夫の心情にぐっと寄り添うことができた気がする。前半はキャスト的にもそれほど惹かれない、というのが正直なところかなぁ(ごめんね)。今日の菊ちゃん桜丸、腹を切る直前に八重を見る優しい目にグッときましたです。でもね、七之助の八重はどうも好きじゃないの。ちょっと○○美人っぽいんだもの(さらにごめんね)。

 「寺子屋」。そうねぇ、源蔵を丁寧に演じてるのはよくわかるけど・・・というところかな。あっ、七之助の戸浪は、八重とは打ってかわって違和感なし。
 前回、どうして竹本が気に入らなかったのかなぁ。今日はすんなりストンと耳に入って、浸れました。勘三郎もよかった!

 というわけで、今年の歌舞伎観劇を機嫌良く締めることができた。来週の火曜日には、はやお正月興行の初日ではありませんか。菊ちゃんの声が一日も早くよくなりますように!

|

« ケチがつきっぱなしの落語会 | トップページ | 追想モードになってしまった「落語集」 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

車引の第一声を聞いてどうなる事かと思いましたが…あれは、あれが本日の第一声!だったのかもしれませんね。確かに喉がピンチの時は声を出さないに限るので、粘膜ごく弱のワタクシめも黙して語らずの怪しいオバサンになることがままあります。だんだん声が出るようになっていったので、これが最後!なんて思いながら見ていたのでした。だんだん悪くなる感じじゃなかったので、お正月に向けて一安心した、お気楽な私でした。
そうそう、七之助の戸浪って、正面から見ていて「サヨナラ公演の時の勘三郎と同じだし表情もそっくり」と少し驚きました。
前に観た時はあんまり似てる感じがしてなかったからなんですが(痩せてる太ってるではなく!)、似てるかどうかに影響するのはビジュアルじゃなくて声なんだなぁって、つくづく思いました。

投稿: 猫並 | 2011.12.28 08:48

猫並さま
菊之助の声は、やっぱり出だしが一番つらそうでしたねぇ・・・。私も、14日みたいな「どうしたの??」というショックはなくて、その分、まあ落ち着いて見られた気がします。確かに、だんだん声も出るようになっていったんでした。でも、あの綺麗な声が魅力なんだから、「長いことこんな感じで無理に声を出してて大丈夫なの?」と今後がチラと心配になったんですよぉ。

親子とか兄弟の声、ある時突然「こんなに似てたのか」と思うことがありますよね。私もそういえば、戸浪でそんなことを感じたんでした。勘太郎があんまり父親の声に似すぎてイヤになっちゃうこともあるけど、今回はそんなことはなくて。世話物だと如実なのかしら。

投稿: きびだんご | 2011.12.29 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケチがつきっぱなしの落語会 | トップページ | 追想モードになってしまった「落語集」 »