« 喬太郎と三三の二人会は珍しいのでは | トップページ | 今月の演舞場は、昼→昼・夜→夜と行きます »

2012.01.13

演舞場でのあれこれ(昼夜いました)

1月13日(金)

 11時から20時30分まで、演舞場に居続け!(いや、昼夜の間に昭和通りまでコーヒーを飲みに出たけども) 当初は夜の部は11日に行くつもりで、3階Bを買ってたんだけど、あれれ?落語に行くんだった・・・というわけで、そのチケットを友人の母上に譲って、エイッとばかり昼夜通しにしてしまった。

 今までの私なら、昼の部は一度見てることだし、「相生獅子」はパスしよう、となるところだけど、ちゃんと見たもんね。しかも熱いほうじ茶を水筒に詰めて持って行くという用意のよさ 銀河プラザでお弁当も買えたし。やっぱりね、3日の初芝居見物にとても余裕をもって出かけた効果が現れているのかも。三日坊主にならないようにしようっと。

 演舞場に着いて、エスカレーターで2階に上がってたら、4、5人前に乗ってた人が降りる時にころんで、いや~ビックリ。上でつかえると危険でしょ! なんとか皆、事なきをえましたが。劇場の人が2人ほど、とんできてくれたからよかった。

 で、ひゃ~気をつけなくちゃと思いながら3階に上がったら、ちょうど劇場の人が二人、座席図を見ながら話しているのが聞こえた。「今から○○してるようじゃ、要注意だね」と。実際、ちょっとよくわからなかったんだけど、目をつけるべき人のことのように思えました・・・。これまたちょっとギョッ。

 昼の部は、3階のAにしてみた(ほら、雪姫目当てだから)。1列目のほぼセンター。ちょっと右の方に、なつかしの「オバタリアン」という言葉を思い出すようなグループがいて、開演前に賑やかだったんだけど、それは心配することはありませんでした。

 右隣は、お着物の二人連れ。やっぱり華やかでいいわね~。「加賀鳶」の時、私も暖房ききすぎ?と思ってたら、お隣さんが気分がわるくなったみたいで、大詰あたりで退出。いやはやお気の毒でした。

 夜の部は2階Bに初めて座ってみた。うーむ、3階Aの方がいいかなぁ。というのも、けっこう2階の正面席に座っている人が視野に入ってくるので。しかも「矢の根」は短いのに遅れてくる人が相当いて、ちょっと落ち着かなかった。もちろん花道は全く見えないわけだし。

 昼夜通しといっても、演目的にそれほど疲れるのがなかったから、けっこう平気だった・・・「加賀鳶」の伊勢屋の店先で、ちょっと意識を失ってしまった以外はね。でも、通しでみると、やっぱり昼夜の演目はこれでいいんですか、という思いにも駆られたよ。

|

« 喬太郎と三三の二人会は珍しいのでは | トップページ | 今月の演舞場は、昼→昼・夜→夜と行きます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喬太郎と三三の二人会は珍しいのでは | トップページ | 今月の演舞場は、昼→昼・夜→夜と行きます »