« 今月の演舞場は、昼→昼・夜→夜と行きます | トップページ | 2日続きの楽しい観劇:1日め »

2012.01.15

これからも楽しみな浅草歌舞伎

1月15日(日) 「新春浅草歌舞伎」 第1部 11:00~ 於・浅草公会堂

年始ご挨拶・亀鶴 「南総里見八犬伝」 富山山中の場/大塚村庄屋蟇六内の場/円塚山の場 亀治郎(蟇六/犬山道節)、男女蔵(金碗大輔/簸上宮六)、亀鶴(網干左母二郎)、歌昇(犬塚信乃)、壱太郎(浜路)、薪車(犬川庄助)、愛之助(犬飼現八)、竹三郎(蟇六女房亀篠)ほか 「吉田屋」愛之助(伊左衛門)、壱太郎(夕霧)、春猿(吉田屋女房おさき)、竹三郎(吉田屋喜左衛門)ほか

 日曜日に一人で浅草歌舞伎の3階席へ行く、ってのも、ちょっと気が乗らない部分もあったけど(遠いし、家ですべきことも多々あるのに)、くじけずに敢行! というのも、この第1部、そもそも戻りチケで14日を取ってたけど友人が行きたいとのことで譲ってた。でも、やっぱり見たいな、と考え直した頃に、また戻りで15日を発見したのですよ。これは行け、ということよね。しかも、年始ご挨拶は亀鶴さんだし

 その亀鶴さんの挨拶は、やはり手慣れたもの。最初と最後だけは舞台でかしこまってたけど、間はマイクをもって客席へ。(前に見たときみたいに、トンボを切って降りたりはしなかった。でも今後そんなこともありそうだったよ) で、客席に降りて何をしたかというと、「愛之助さんの大ファンという人!」と挙手をさせて、その内の一人に「クイズ」! 同様に亀治郎ファンの一人にもクイズで、サイン入り手拭いをプレゼント。来月、松竹座(愛之助さん)、博多座(亀治郎さん)に行ってね、とPRも。

 携帯電話だけは!と注意してたけど、それ以外は拍手、笑う、泣く、何をしてもいい。あなたのその席はあなただけの空間。(素敵ね~、と喋ってもいい、と言ってたかな) まあね、そうなんですが、それはちゃんと「大人」でわきまえてる人を相手にしてるという信頼があればこそ・・・。そこがなかなかむずかしい。

 さて「八犬伝」。そういえば、挨拶の中で亀鶴さんが、「亀治郎さんはこの後、誰かわからないような格好で出てきます」と言ってたっけ。老け役の蟇六を、女房役の竹三郎さんとともに、楽しそうに演じてらっしゃいました! ほんと達者というか、なんでも軽々こなす・・・ように見える。で、上から見てると、この蟇六の顔だと香川照之さんとすごく似てる。イトコなんだから当たり前、だけども、すごく実感したので。

 竹三郎さんは別格として、男女蔵さん、亀鶴さんが、脇でしっかり支えてる、というのも感じたなぁ。亀鶴さんは、1部と2部の役柄の違いも楽しい。
 円塚山の場では、上に名前を挙げた以外の、巳之助くん、種太郎くん、米吉くん、隼人くんも、八犬士で登場。遠いから、誰?と確定するのにちょっと時間がかかって、せっかくのだんまりの全体を楽しむまではいかなかったのが心残り。

 「吉田屋」は、なんと愛之助さん伊左衛門初役だったのか!! とてもそんなふうには思えなかった(というか仁左衛門さんとダブらせてるのかな、私)。壱太郎・夕霧とのコンビも新鮮で、この先がとてもとても楽しみ。竹三郎さんは今度は吉田屋の主。昭和7年生まれということは、今年80歳になられるとはとても思えない若々しさ。

 来年からは、歌昇くん、巳之助くん、壱太郎くんたちが、もっともっと頑張って盛り上げていくのでしょう。それもとても楽しみに思えたのでした。特に、壱太郎くんのなんか不思議な顔立ち(古風なの?)の綺麗さ、歌昇くんの凛々しさに期待しちゃうぞ。

 先月の平成中村座いらい、しょっちゅう浅草に行ってるので、都営新宿線の馬喰横山駅を利用することが増えた。今日は帰りに、駅の中の神戸屋ショップでコーヒー休憩をして(浅草はざわついてるからそそくさ退散)、帰宅。でも、これでしばらく浅草には行かない、かも。う~、3月は・・・?

|

« 今月の演舞場は、昼→昼・夜→夜と行きます | トップページ | 2日続きの楽しい観劇:1日め »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

浅草はやっぱり楽しいですよね(町も歌舞伎も)。
来年からは過渡期に入るんでしょうが、愛之助さん、亀鶴さんあたりには残っていただいて、若手を支えてほしいなあと思います。
亀ちゃんは卒業公演だからか、思い切りはじけてますよね

愛之助さんの伊左衛門、初役とは思えない自然さでしたね。仁左様よりいいかも、なんて秘かに思ってしまったのでした

投稿: SwingingFujisan | 2012.01.15 19:08

SwingingFujisanさま
浅草は値段が安いこともあって(これも亀鶴さんが強調してらっしゃいました)、歌舞伎入門にもいいし、若い役者さんチェック(笑)にも最適ですね。期待以上に楽しかったです。なんてったって、3階席だと2000円というのが嬉しいっ。
今月のように東京で5座開いてると、私なんかは「とにかく演舞場!」まだ(財布に)余裕があれば他も、ですもの~。
来年以降、ほんといきなり総とっかえにはならないでしょうから、愛之助さんや亀鶴さん、男女蔵さんたちはぜひ残ってほしいですね。そして竹三郎さんのような存在も!!

愛之助・壱太郎、これからも期待大ですね。秀太郎さんの女房とか、これぞ上方って座組でも見たくなりました。

投稿: きびだんご | 2012.01.15 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月の演舞場は、昼→昼・夜→夜と行きます | トップページ | 2日続きの楽しい観劇:1日め »