« 夕暮れの富士 | トップページ | 今年も「着物で歌舞伎」の日に行く »

2012.01.04

一年の計は初芝居にあり!?

1月3日(火) 「寿 初春大歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・新橋演舞場

相生獅子」魁春、芝雀 「祇園祭礼信仰記 金閣寺」梅玉(此下東吉“真柴久吉”)、菊之助(雪姫)、錦之助(十河軍平“佐藤正清”)、三津五郎(松永大膳)ほか 「加賀鳶」菊五郎(天神町梅吉/道玄)、時蔵(お兼)、彦三郎(伊勢屋与兵衛)、吉右衛門(日蔭町松蔵)ほか

 いつもだと東銀座駅から演舞場に走って、到着は開演5分前、というのがパターンなのに、今日は・・・三越でお弁当を買って10時35分ころには到着! 我ながら素晴らしい。今年はこんな調子でいきたいものです。

 ま、出足が快調だったのは、1年に1回あるかないかの夫同行、のせい。お正月だから私が招待しましたわ そしたら夫のまさに真ん前の席に、元の職場の関係者がいて、いやはや。ほとんど劇場に行かない人なのに、お正月早々、こんなことがあるのねぇ。私の方は知り合いには会わず、でしたが。

 さて「相生獅子」。見るのは初めて(だと思う)。女方2人で獅子なのねぇ。朝一番に見るにはちょうどいい感じかも、と思う。肩がこらないし。ただ、芝雀さん、最後のぶっかえりのところがちょっと(だけ)うまくいかず、例の平成中村座の菊ちゃんを一瞬、思い出してしまった。そんなことは、いつまでも覚えているのかもしれない。困ったもんだ。

 「待ってました!」雪姫を見たいがために、まず昼の部だったのよ。菊ちゃんはまだ声が本調子ではなかった。やはり最初のうちが特に、なのね・・・。それもあって、最初のうちはこちらも慎重に見てたけど、だんだん快調、というところで。今日は1階の3列目で見たけど、また3階からも見るので、それも楽しみ。
 ところで、上演時間を見ると、「金閣寺」はおおよそ11:50~13:30で、、前に20分休憩、後が30分休憩。開演前にちょっとおやつでも食べておきたい感じよね~。ま、昼食後に「金閣寺」だと、危険ではあるけれど。
 そうそう、雪姫が縛られて足で花びらを寄せるあたり、涙をこぼす場面がちょっと滑稽なんですけど・・・。今までこの部分の記憶があまりないのは、意識を失ってたのか!?

 三津五郎の松永大膳が、貫禄があってよかったなー。

 「加賀鳶」は、菊五郎・道玄と吉右衛門・松蔵の伊勢屋の見世先でのやりとりが特に印象的。前に見た時よりも、ラストの捕り物のところがとても楽しめたし。私はやっぱり菊-吉が好きですわ。

 3日から暢気に元気に芝居見物ができて、幸先のよいスタートが切れた。この調子で今年もいっぱい楽しみたいものです。

|

« 夕暮れの富士 | トップページ | 今年も「着物で歌舞伎」の日に行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

今年もどうぞよろしくお願い致します

私も余裕を持って劇場に到着することを今年の目標のひとつにしたい!
出掛ける前だというのに妙にのんびり寛いで、結局慌てて支度をして出掛けるというパターンを性懲りもなく繰り返しております

ご主人と初芝居だなんて、いいですね~
楽しんでくださいましたでしょうか。

菊ちゃんの喉が早く快復しますように

投稿: 尚花 | 2012.01.04 11:21

尚花さま
今年もいっぱい楽しみましょうね。よろしくお願いします。
で、尚花さんは今日の夜の部、いかがだったでしょう。私も早く見たいなあ。

うちの夫は芸術的感応度はほぼナシなんですが、一応歴史の人なので、そっち方面から寝ないで見てられるようですよ(爆)。ゆえに歌舞伎とか能ならまだ誘えるのですわ。
菊之助は菊五郎の若い頃にそっくり、というのが感想でした!

投稿: きびだんご | 2012.01.04 22:50

今年もどうぞよろしく♪

私は今日、昼の部を見てきました。それまで、プロの劇評はもちろん、誰の感想も読まないぞと心に決めていたので(笑)、ご挨拶が遅れましたm(__)m

加賀鳶の最後の獲りモノ、私も今回が一番楽しめた気がします!原因は判りませんが、あそこ、いつもなんだか冗長に感じられて飽きちゃってたんですが、珍しく最後までドキドキしながら見られて、ちょっと感動です。

投稿: 猫並 | 2012.01.06 00:46

猫並さま
今年も変わらず、お互い観劇三昧、時々遭遇!!でよろしくです。
さて、加賀鳶。私もラストが冗長だからな~と思ってたのに、なんか楽しめたんですよね。どうしてかしら。菊五郎の道玄メイクも意外と(笑)可愛かったし。でも、早くめ組を見たいです。

投稿: きびだんご | 2012.01.06 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れの富士 | トップページ | 今年も「着物で歌舞伎」の日に行く »