« 落語を聞く楽しさに、思わず感動 | トップページ | 更新が滞ってます »

2012.02.07

名古屋で歌舞伎をたっぷり楽しむ その1

2月5日(日) 「二月花形歌舞伎」昼の部 11:00~

「義経千本桜 渡海屋・大物浦」「女伊達」「直侍」

新大阪駅近くのホテルに泊まってたから、朝も余裕。でもとにかく名古屋まではさっさと行った方が安心。……名古屋駅でのんびりコーヒーなと飲んでも、まだ早い。御園座のある伏見まで地下鉄1駅だもんね。
でも、その昼の部に向かう劇場近くと、夜の部では後ろの席で、男性(どちらもご夫婦で)が、御園座の経営問題をあれこれ言ってて、あらら~。いや、新聞では見たけど、そんな寂しいことは聞きたくないんだけどな。ま、地元の人は、そんな甘いことを言ってられない?

席は昼が8列センターブロックの左端、夜は6列センターの右端。そういえば、御園座って5列までは特別席なんでした。

私としては、菊之助の直次郎が一番楽しみ、だったかな…。やはり初役の、お柳/典侍の局は、それほど意識してなかった。

のだけれど、これがとてもよかった。特に大物浦、典侍の局が、ああこんなに感情的にぐっとくるものなのかと、改めて思ったのだった。私は去年の松緑の銀平/知盛を見てないので、こちらも初めて見たけど、台詞にハッとするような力というか心を感じた。だから、最後までジーンとしてたよ。今までだと、知盛が背面から海に落ちた時点で、ふー、だったけどね。花道から義経一行が去り、弁慶のほら貝に込められた哀惜とか敬意とかも、初めて意識したかもしれない。

その後、見て聞いて楽しい女伊達、ってのも、またよいもので。でも実はつい右近くんを見ちゃったけど。キリリとした面立ちにふさわしいキレのある踊り、と思えましたが……。

直次郎はねぇ……やっぱり菊五郎のイメージが強くて、つい後ろに菊五郎を見るというのかなあ。ま、それは当然でもあり、その中でどうやるか、なのでしょう。大口寮は三千歳に貫禄負け? いや見てる私が、菊ちゃんの三千歳を見たいな、なんて思ってるし。立役もカッコいいと思うのに、もっと女方を見たいのよね~。

|

« 落語を聞く楽しさに、思わず感動 | トップページ | 更新が滞ってます »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

知盛と典侍局は、ほんとーに良かったですよね。目の前にあるモノがあまりに良くて、それがどんどん通り過ぎて行ってしまうのが惜しくて、観ている最中からもう一度観たいと思っちゃったくらいです。
花形でチケ代が割安だから、最初は特別席を張りこんでもいいかなって思ったんですけど、申し込む時点ですっかり忘れてて。
でも御園座って意外と舞台が高いので6列目ってストレスなくていい気もします。
松竹座や南座に比べると間口が広いので客席も多いんですかね。確かに客席はちょっと寂しくて(休憩に後ろの席をみて)ビックリしました。もっともアクセスが良くてありがたい遠征先なので、頑張ってほしいです。なくなるなら別のところから(爆)

投稿: 猫並 | 2012.02.07 23:51

猫並さま
そうそう、なんか見ながら感動してました!! どうしたんだ、と思うくらい。今まで大物浦の典侍局でそんなことなくて……淡々と見てたのかなあ。
そして、ここ何年か松緑株がかなり上がってるんですが、見てないことも間々あるのを反省しましたよ。これは絶対、東京でもやってほしいです。

で、菊五郎の直次郎も近いうちに見たくなりました。5月、松竹座の團菊祭は何が見られるかしら。海老蔵も出るそうですが。

初日、土曜日でも空席がわりとあったのね。同じく日曜も、でした。大阪←→名古屋くらいの距離なら、また行けるのに。

投稿: きびだんご | 2012.02.08 20:53

私も菊ちゃんは典侍局が一番よかったと思いました。直侍も弁天も素敵でよかったのだけど、世話物の味はまだまだ菊五郎さんにはかなわないなあ…世話物のむずかしさというものを感じた次第です。
松緑さんの知盛も非常に見応えがありました。弁慶の法螺貝が芝居を超えて心にしみました。

空席は平日のせいかと思ったけれど、そうでもなかったんですねえ。若手が頑張っていい芝居をしているので、空席が目立つのはともて残念です。リピートして応援したいけれど、なかなかねえ…。

投稿: SwingingFujisan | 2012.02.19 21:19

SwingingFujisanさま
たいへん遅くなりました
ほんと今でも、あの法螺貝を聞いた時の、ああ!という感動がよみがえります。「音羽屋」のお二人には、王道を着実に歩んでいってほしいです。
世話物って見る分には気楽というかおもしろがれるンだけど、じつは大変なものなんですね。

初日、二日目の土日でさえ、の空席では、平日は推して知るべし、でしょうか。東京でも、魅力的・野心的な演目で、リピートさせてほしいですよ。なのに3月4月は・・・

投稿: きびだんご | 2012.02.20 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落語を聞く楽しさに、思わず感動 | トップページ | 更新が滞ってます »