« 見応えあった狂言の会 | トップページ | 「女たちの十二夜」 »

2012.03.31

1993年の「ガラスの動物園」

Tn

 机の引き出しにしまったまま、引っ越しにもくっついてきたチラシのうちの1枚。

 1993年8月29日~9月12日、という公演期間なので、いまから19年も前だったのか  いやはや。チケット取扱いに、チケットセゾンとか丸井チケットぴあ、なんて名前があって時代を感じてしまう。

 これ、演出がマイケル・ブルームという人でした(訳は松岡和子)。で、ローラ=南果歩、トム=筧利夫、アマンダ=緑魔子、ジム=村田雄浩。

 あのガラスの動物たちのように、壊れそうなローラを演じていた南果歩に、それ以来注目している。ほかのキャストに関しては、あんまりよく覚えてないんだけど・・・いや、筧利夫はそれほど気に入らなかった故に、これまた記憶しているのかもしれない。トムジムはガハハと豪快なイメージで・・・誰だったっけ、というくらい。母アマンダも、そうだったわね、緑魔子、かなって感じ。やはり、やなお母さんイメージは残ってるんだけど。

 そのうちもっと思い出すかもしれず、それはそれでいいのか? それとも古い記憶が掘り起こされるのはよろしくないのか??

 ちなみに、当時のS席料金は6500円でありました。この年に息子は小学校に入学していて、我が家もそれをきっかけに八王子に越したところだったなぁ。でも、何がきっかけで見に行ったのかは思い出せない。そして当時から一人で見てるんだね

|

« 見応えあった狂言の会 | トップページ | 「女たちの十二夜」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

南果歩さんのローラ、観てみたかった
現在の南さんだと年齢的に無理かしらね・・

あの後またキャスティングの妄想をしまして
蒼井優ちゃんもいいんじゃないかな~と。
トムは繊細で屈折している感じが欲しいので、高橋一生くんなんてどうかしら。
ジムの明るい残酷さには藤原くんがハマるような気がしますが、主役じゃないから無理かな~

テレビドラマで瑛太くんの母親役を演じた時の大竹さんがすごく良かったので、アマンダは大竹さん!って思ったのですが、きびだんごさんは苦手なんですね

投稿: 尚花 | 2012.04.01 11:18

尚花さま
おお いろいろキャスティング楽しめますねぇ。私も考えようと思いつつ、なんか頭が空っぽになっちゃうんです。でも、蒼井優&高橋一生、いいです
藤原竜也とか小栗旬とかはやっぱトムかなぁ・・・。
大竹しのぶって、見ればうまい!と思うんですが、「ゆるゆる見たい」派なもので、どうも見る前から力が入っちゃうんですよ。しのぶつながりじゃないけど、音羽屋のしのぶちゃんが、もうすこし年を取ってから、アマンダをやったら見たいな。

投稿: きびだんご | 2012.04.01 23:30

きびだんごさま
私も観ました。この「ガラスの動物園」。
今はなき近鉄小劇場だったかな。
いや、しかし、19年前とは驚愕です。
私はあの頃、緑魔子さんが好きで、第七病棟
の舞台とかよく観ていたのですが、
この作品についてはほとんど記憶なし(汗)。
果歩さんと筧さんは印象に残っています。

今回の長塚さん演出版は観に行かない予定なので
きびだんごさまの二つのレポを読ませて
いただいて、あれこれ妄想しています。
個人的にはトム役は堺雅人さんでどうかな、
と思うのですが、年を取り過ぎということで
あれば田中圭くんで(笑)。

投稿: スキップ | 2012.04.03 14:51

スキップさま
まぁぁ、スキップさまもご覧になってましたか 突然、記憶の底からよみがえってきたような感じでしょ。私は一にも二にも南果歩、という感じの舞台でして・・・村田さんが今やああいうキャラになるなんて。でも久しぶりに見た「雪やこんこん」もよかったですけど。

で、いま自分の文章やコメントを読み返して、トムとジムが混乱してるのを発見、冷や汗をかいてます。トム役の筧さん、これは確かなんだけど、村田さんの役がトムになってるよ。あいすみませぬ。ま、気持ちはわかってもらえてるでしょ。なので、竜也&旬は私の中ではジム、なのです。ぜーぜー。
で、トムですが、「年を取り過ぎということであれば」に苦笑しつつ、個人的な好みで、田中圭に1票

投稿: きびだんご | 2012.04.03 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見応えあった狂言の会 | トップページ | 「女たちの十二夜」 »