« 渋好みの落語会!? | トップページ | 歌舞伎の「唐相撲」を初めて見る »

2012.03.03

落語会でもらったチラシから

 2日の「渋谷に福来たる」落語会でもらったチラシの中から。

古今亭志ん朝 大須演芸場 CDブック」6月発売予定、河出書房新社
伝説の高座、復活!とあるように、1990年から99年までの10年間、名古屋の大須演芸場で毎回3日間の独演会を続けた志ん朝。この落語会については、あちこちで読んだりしてきた。それが初めてCDになるんですと。

CD30枚! 全59席。42000円(予定)
初版特典、予約特典もありまする。

自慢じゃないけど、志ん朝を直接聞いたことはありません。まだまだこの先聞ける、と思ってたんだなー。

「皐月恒例 市馬落語集 三夜」5月23、24、25日。日本橋劇場にて
これを取り上げた理由は・・・昨日、隣に座ったじいさま二人組が、このチラシを見て大受け! なぜなら、毎夜のゲストが
曽根史朗、森サカエ、青木光一
「えーっ、こんな人が出るのか」、と。いや、どういう人か知ってるだけでも貴重なんじゃないですかねぇ。どうせ(笑)歌の人、でしょ。載ってる写真は、さて何年前(何十年前?)のものでしょうか。

市馬師匠本人は歌わないみたいよ。「歌は封印、落語三昧の三夜でございます・・・」とあるもん。ほんとかなー。

|

« 渋好みの落語会!? | トップページ | 歌舞伎の「唐相撲」を初めて見る »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋好みの落語会!? | トップページ | 歌舞伎の「唐相撲」を初めて見る »