« めちゃくちゃ久しぶりに、お江戸日本橋亭へ | トップページ | 落語会でもらったチラシから »

2012.03.02

渋好みの落語会!?

3月2日(金) 「渋谷に、福来たる SPECIAL 【江戸暦/粋】」 19:00~ 於・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

市馬・雛鍔、春風亭一朝・二番煎じ--仲入り--春風亭小柳枝・井戸の茶碗、柳家小満ん・居残り佐平次

 今日から3日間、文化センター大和田の、さくらホール(大)と伝承ホール(小)を使って開かれる落語会の一つ(全部で9つ)。ほんとはアタマに、「毎日新聞落語会」とついてる。
 で、今日はさくらホールで「師匠噺/四派饗宴」、そして伝承ホールが「江戸暦/粋」。どちらも同じ7時開演というのに、なんと市馬師匠は両方に出演というんだから、最初は何かの間違いでは?と目を疑っちゃった。ま、同じ建物の4階と6階だから移動は簡単(笑)。

 さくらホールは、昇太&兼好が2席ずつ。中トリの生志とトリの市馬が1席、ということらしい・・・と、行ってもない方を気にしてどうする。

 私はそもそもあまり大きな会場で落語を聞きたくないから、さくらホールよりは伝承ホールがいいな、と。しかも、この伝承ホールの顔ぶれはとっても好みなんですの。初めて行く会場だけど(あ、去年の3月の落語会が中止になって払い戻しをしたんだった! いまパンフレットを見たら、それは3月12日の予定でした!!)、セルリアンタワーのすぐ近くで、井の頭線からは行きやすい。

 さて。トップバッターは市馬師匠。たしかにこの4人の中では一番若いし。でも、よくもこの4人を並べたり、という感じで、どの噺家さんも好きなんだなー。あ、小柳枝師匠はテレビで見たことがあるくらいで、なかなか聞けなかったからやっと、というところかな。

 こまっしゃくれたコドモ、というあたりで、一瞬「真田小僧」?と思ったら、久しぶりに「雛鍔」が聞けた。とくにお雛様の時期の噺、というのでもないよね。まずはサラリ、アハハというところで。やっぱりコドモがある意味「こどもらしい」んだ。

 一朝師匠も、もっと聞かなきゃなー。「二番煎じ」の謡や唄など、市馬師匠のとはまた違う雰囲気で聞き惚れる。市馬師匠はやはり「美声」が前面に出る気がするけど、一朝師匠の場合は節回しとか渋い声かな。

 仲入りの後のお二人は(前半もそうだけれども、特に)、高座のたたずまいが素敵。お年なりの色気があるとでもいいましょうか・・・。それはともかく、仲入り10分で終演予定9時、っていうのは、ちょっと忙しいんじゃないかな。実際には少し伸びてたけども。せっかくのメンバーですもん、もう少しゆっくり聞きたいよ(みなさんマクラもそこそこに)。

 小柳枝師匠はこんなに早口な方なんですか、という感じ。別に時間がないから、というわけではないのでしょう。寄席やなんかでも聞いてみたいけど、芸術協会の寄席は、さらに行く機会がないからなぁ。

 そして、今日ここで「居残り」が聞けるとは、でしたわ。小満んワールドとでも言いますか、特にテンポがいいわけでもないと思うし、ぼそぼそ的な語り口なんだけど、なんだか品川遊郭の世界に行ってるんだもん。

 今日の席は4列のほんとにセンター。発売日をかなり過ぎてからイープラスで買った(ぴあと席を比較して)。たぶん床面がフラットだろうから見にくいかな、と危惧してたら、座席がチドリになってるから全く問題なかった。真ん中で出入りはしにくかったけど。

 右隣が、じいさまの二人連れ。開演前にけっこう大きい声でしゃべってた、この3日間の会のチラシを見ながら、「なんでこんなのが完売なんだ」と半ば怒ってたり。ハイハイ、新作がお嫌いなんですね。そしたらすかさずもう一人が「そりゃあ好き好きだから」とかフォロー。左隣は大学生の男の子、と思われます。渋いね。というわけで、たぶん「さくらホール」よりも客の平均年齢は高く、女子率は低かったんじゃないかなと思うけど、面白かったな。やっぱりね、こういう会に行く行かないは「顔付け次第」だな

|

« めちゃくちゃ久しぶりに、お江戸日本橋亭へ | トップページ | 落語会でもらったチラシから »

落語」カテゴリの記事

コメント

小満ん師匠の「居残り」それは超うらやましいです!!!
先日、きょんきょんとの二人会に行って、小満ん師匠の「雪とん」が聞けてラッキーと思っていましたが、「居残り」も聞きたいです。
なんか、シブいけど色気があって、わたしも最近、小満んLOVEでございますよ。

小満ん師匠は、噺家さんにファンが多いですね〜。
きょんきょんも「憧れの師匠と二人会ができるなんて!」と言ってましたw

投稿: おまさ | 2012.03.10 14:16

おまささま
いいですよね~、小満ん師匠。もっともっと聞きたい!!という気になります。寄席に行けばいいのかなあ。
きょんきょんとの二人会にいらしたんですか。それは羨ましい。ちょっとビックリした組み合わせですが、刺激的な感じを想像します。「雪とん」って、そんな噺があることも知りませんでした。
あ、月末の国立演芸場での独演会には行くつもりです。そっちを随分早くから買ってたんです。

投稿: きびだんご | 2012.03.10 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めちゃくちゃ久しぶりに、お江戸日本橋亭へ | トップページ | 落語会でもらったチラシから »