« 落語会でもらったチラシから | トップページ | 贅沢な朗読劇 »

2012.03.04

歌舞伎の「唐相撲」を初めて見る

3月3日(土) 「三月大歌舞伎 夜の部」 16:30~ 於・新橋演舞場

佐倉義民伝」「唐相撲」「小さん金五郎

 夜の部、ほんとは別の日の3階Bを取ってたんだけど、チケットが送られて来た時にはすでにその日はダメだったことが発覚。こんなんばっかり。幸い、3階Aのいいところが戻ってるよ、と教えてもらって、久しぶりに3階1列から見ることになった。まあねー、今月、音羽屋(父のみ)が出るというのに、昼夜3階Bというのもナンですから・・・。

 佐倉義民伝。渡し守が左團次だったんでちょっとビックリ。あんまりそういうイメージじゃなかったんで・・・。前回見た時には段四郎だったんだよね。未だ療養中でいらっしゃるのかしら。
 染五郎の家綱が、大きさを感じさせてくれてよかったと思う。それと福助のおさんもね。

 寛永寺の場(直訴のところ)、いっぱい並んだ大名がみんな若者でフレッシュでした。3階からということもあり、廣松、廣太郎がわからなかった私。ごめんね。これからどんどん出演してください。それと、寛永寺の行きでは、松也がちょうど柱の陰に隠れてしまい、そんなぁぁ・・・と思ってたら、帰りはちゃんと大丈夫でした

 「唐相撲」は歌舞伎上演は久しぶりとのことで、見たことがないのも当然。長唄、竹本、お囃子もにぎやか。狂言の印象が強いので、そこは言葉の楽しさがメインの狂言と、見た目重視(?)舞踊の歌舞伎、ずいぶん違うなぁと思ったのでした。

 大勢で立ち回り変形バージョンのような踊りとか、面白かったけれども、衣裳がイマイチに思われましたです。動きやすく、というので仕方ないのかなぁ。梅枝の皇后はとても綺麗(踊りはあまり面白くなかった)。輪郭が美しいのね。

 全く初めての「小さん金五郎」が、軽い喜劇の感じで打ち出しにはちょうどいいかも。秀太郎のコメディエンヌぶりが最高。ただ、言われるまで梅玉の役が「回り髪結い」とは思わず、もっと立派な親分さん、に見えてしまったよ。

 さて、夜の部はそれでもなんとか見たんだけど、その後、昼の部を見るはずの日に仕事を入れてしまった。レギュラー仕事を実家行きのために無理言って休ませてもらってるから、臨時に頼まれると断わりにくい。さて、どうするかな・・・。

|

« 落語会でもらったチラシから | トップページ | 贅沢な朗読劇 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

本日、私も同じく3階1列から。一等席にしなくて良かったというのが正直なところ
<唐相撲>、何でこれを大歌舞伎の演目として出したのかなあ。。
お隣のオバサマは「アハハ」と何度も声を立てて笑い、それは楽しそうにしていらっしゃいましたが、私は全く乗れずに終わりました
<小さん金五郎>の梅玉さんと松江さん、上方劇の中に居ると何か違和感が
やっぱり秀太郎さんですよね!
そして時蔵さんと梅枝くんの綺麗なこと
実生活では父と息子なんだということが信じられない(笑)
今日の最大の収穫は意外なことに福助さんの<おさん>だったのです。
こういう福助さんは好き

投稿: 尚花 | 2012.03.04 22:52

尚花さま
おかげさまで1列28から見ました 尚花さんが4日にご覧になるのは昼の部と思い違いしてました
私の後ろはどうやらPTAグループだったんですが、唐相撲やはり受けてました・・・。「体操チーム」(笑)の衣裳はイケてないですよね。どうせならもっと弾けて遊べばよかったのかも(皇帝や「日本人」が)。しか~し、日中関係は微妙です。うちの夫は今週、話題の南京に行くんだけどな。

そう 感想にもっと書けばよかったんですが、私もこの福助おさんは好きです。ほんとに毎回印象が天地の差なのが、いかにも福助さんらしいのかも。

投稿: きびだんご | 2012.03.05 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落語会でもらったチラシから | トップページ | 贅沢な朗読劇 »