« 1993年の「ガラスの動物園」 | トップページ | 太古から大地にすっくと立ってきた、女たち »

2012.04.03

「女たちの十二夜」

4月3日(火)

 ほんとは今日から実家の予定だったんだけど、昨夜急に「木曜からにして!」との連絡が。春の嵐のためではないの。ま、おとなしく家にいて正解だったとは思う。しかーし最初からこの予定なら、明日は演舞場に行ってたのに、まだ1週間先じゃないと行けません。おまけに、月曜まで岡山となると・・・国立劇場に行けなくなってしまった。むむ。これから買うとなると、1等(の売れ残り)くらいしかないかも。

 さて、今日のタイトル「女たちの十二夜」とは。
 前エントリーで、19年前の「ガラスの動物園」のチラシを載せた。その裏面の下部1/4くらいのスペースに「劇書房企画公演のお知らせ」として、「女たちの十二夜」が。あ、「ガラスの動物園」の企画が、「劇書房」なのよ。

 要するに、シェイクスピアの「十二夜」を女優が演じているわけ。演出・鵜山仁、製作・松竹。キャストがすごく面白くて
 マルヴォーリオ=白石加代子
 サー・トービ=高畑淳子
 サー・アンドルー=片桐はいり
 オーシーノ侯爵=円城寺あや
 オリヴィア姫=松本留美
などなど。すぐに(私が)顔を思い浮かべられるのは、このあたり。マライア=鈴木裕美って、いま演出家の彼女かなぁ。そして!!

 フェステ=生瀬勝久

 ここには「白一点」とあるんだけど、検索してたらYouTube などでも少し見られて、内野聖陽も出ているもよう。

 このところ、シェイクスピア熱がさめてるんだけど(そもそもそんなに熱中してたわけでも・・・?)、やっぱり尽きせぬ魅力、という感じ。

|

« 1993年の「ガラスの動物園」 | トップページ | 太古から大地にすっくと立ってきた、女たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

>サー・アンドルー=片桐はいり
これは私の、ツボです。
生瀬はイメージしやすいですが、今なら、なんとなく勝村政信あたりで見てみたいかも、フェステ。

投稿: 猫並 | 2012.04.04 04:31

猫並さま
ですよね、片桐はいり あと白石加代子もちょっと見てみたい(怖いもの見たさ?)。笑える役の方がいいんでは・・・。
勝村さん、とてもいいと思います
実は昨日、ついつい昼間相棒を見始めたら、スペシャル版の再放送だったみたいで、えんえん、やめられず。そこに生瀬さんが出ていて、昨日は全くもって生瀬デーだったんです。

投稿: きびだんご | 2012.04.04 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1993年の「ガラスの動物園」 | トップページ | 太古から大地にすっくと立ってきた、女たち »