« 桑の実のジャム | トップページ | »

2012.05.08

松竹座・昼の部を見て、ただいま~!

5月8日(火) 「團菊祭五月大歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・松竹座

寺子屋」松緑(松王丸)、海老蔵(武部源蔵)、梅枝(戸浪)、亀寿(涎くり)、亀三郎(春藤玄蕃)、菊之助(千代)ほか 「身替座禅」菊五郎、團十郎、巳之助、右近、権十郎 「封印切」藤十郎(忠兵衛)、菊之助(梅川)、三津五郎(八右衛門)、東蔵(おえん)、左團次(槌屋治右衛門)ほか

 しばらくご無沙汰してしまいました。田舎で平穏(?)な生活をしていると、ブログを更新する意欲が低下しちゃうんですねー。スマホでの入力が疲れて長文を書きづらい、というのもあるんだけど。

 そんなわけで復活第一弾は、本日見たばかりの團菊祭。昨日は夜の部を見たんだけど、事前の予想通り、昼の部の方がおおいに気に入ったのでした。まあね~、それは菊之助メインで見に行ってるんだから、当然といえば当然だけれども。でも、「身替座禅」の菊五郎-團十郎もすごくよかったし、どれも満足!だったので。これ、東京でやってたら何回も通っちゃいそう。

 そうそう、松竹座の入り口付近からして華やか、と思ったら、「祇園御連中様」との札があって、総見の日だったんでした。以前、南座でも遭遇したけれど、1階の左右の席にズラリ。幸い(?)本日の私の席は3列センターブロックで、舞妓さんたちは目に入らない場所だったから、お芝居の間は集中できました

 ・・・とはいえ、正直言って海老蔵は昼夜ともにあまり好きになれなかった。こんなはずじゃなかったんだけどな。武部源蔵にしても、眼光鋭すぎて見てるだけでくたびれそうよ(はい、そういう「くたびれる」のが苦手な私だからにすぎないのはわかってます)。

 その「寺子屋」は前半、ちょっとチグハグ(ギクシャク)な印象。海老蔵、梅枝、松緑、それぞれ別々にがんばってます、といったふうに見えて。松王丸が子どもたちの顔を検分するところも、機械的というかサラッといってたなー。
 で、菊之助の千代が登場してから一気にエネルギー集中の感が。ひいきの引き倒し、かもしれないけど、でもこの変わりようはなんだろう、と思ったのも事実。
 私の席はセンターブロックの右寄りだったので、松王丸と並んだ千代のちょうど前くらい。うつむいている菊ちゃんの目から垂直に落ちる涙を目撃しましたわ。だけど、それが目の錯覚かと思うくらい、嘆いてはいるけど毅然としてるというのか、涙をこぼしたと気づかれないくらいというのか・・・不思議なシーンだったなぁ。
 早く東京でも、菊之助の千代を見たいです!

 「身替座禅」、私は團十郎の奥方を初めて見た。これがめちゃくちゃ可愛いのよ。見た目も、旦那さん大好きなところも。菊五郎の山蔭右京の面白さというか「ほどの良さ」と、いい感じに合ってると思う。常磐津に一巴太夫

 「封印切」はそれほど好きな演目じゃない。実際に忠兵衛を見ながら「なんだかなー」と思いつつ、だけどもいつしか藤十郎の醸し出す世界に取り込まれてた。菊之助は初役で梅川。華やかな女形も見られてよかったよ(え?感想それだけ)。去年、同じ藤十郎の忠兵衛を見ていてその時も三津五郎の八右衛門だった(梅川は扇雀)。で、秀太郎のおえんの印象が強くて、東蔵がなんかしっくりこなかった感も。

 それほど好きじゃないと思いつつ「封印切」にもどんどん引き込まれて、昼の部はあっという間に終演時間となりましたです。
 きれいどころの皆様のはんなり着物姿も目の保養。この時期、帯の模様が、蝶、菖蒲、牡丹などなど、客席にも花が咲いてたのね。

|

« 桑の実のジャム | トップページ | »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

お昼の部は菊ちゃんを堪能されたご様子、ようございました

玉手御前の時も「是非東京でも!」と思っていたら、その年の暮れに再演、しかも通しでしたものね。
千代も(梅川も)今年東京で見られたらいいな~

菊ちゃんを観たい気持ちが募ってきました。
江戸川までお預けだなんて・・

投稿: 尚花 | 2012.05.09 10:20

尚花さま
私も、「東京でぜひ千代を!」と書きながら、玉手を思い出していたんですよ。今回、見てる私が相当舞い上がってたかもしれないけど、はぁぁ
その菊ちゃんは、松竹座のあとは巡業、そして8月9月はいつものようにお休みでしょうか。私は日経ホールの踊りに行きますが、そういう単発もの以外では巡業が貴重なチャンスですね。首がなが~くなりそう。

投稿: きびだんご | 2012.05.09 22:31

きびだんごさま
松竹座の團菊祭昼の部、楽しく見応えありましたね。
團・菊の「身替座禅」を除けば、さながら
菊之助オンテージ!といった趣だったでは
ありませんか。

「身替座禅」はこのお二人で観るのは私は初めて
だったのですが、ツイッターにもリプくださったとおり、
本当に楽しくておおらかでかわいくて品もよくて
私がこれまで観た中でもベストカップルでした。

そして菊之助くん。
千代も梅川も本当によくて、思えば、2年前の
團菊祭で菊之助くんの玉手にヤラレてから
もうず~っとヤラレっ放しです(笑)。
團菊祭でなくても関西にもっと来てほしいなぁ。

投稿: スキップ | 2012.05.21 00:44

スキップさま
こんばんは。「どこでもドア」(古いね)で松竹座にワープしたいきびだんごです。
菊ちゃん、りりしい立ち役もいいですけど、やっぱり女形をもっともっと見たいです。せっかくのあの声もあるんですもの。昼の部で、千代と梅川を見られるなんて、夢のようでしたが、次はいつ?なんて待つのはツライなぁ
「身替座禅」、面白くて好きだけど、えーっ、團・菊は昼の部、これなの?と思っちゃったんですよ。ところがなんのなんの。ほんとベストカップルでしたよね。オーバーな演技などではなくて、お二人の持ち味そのもの、なんでしょうか。ウフフ、という幸せな楽しさが見終わってからもずっと続いています。

歌舞伎座が新しくなっても、大阪での公演は続いてほしい、私もそう思います。なかなか大阪探検まではできないのですが、あのパワーに圧倒されるし、ずいぶんなじんできましたよ

投稿: きびだんご | 2012.05.22 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桑の実のジャム | トップページ | »