« 「吉備大臣入唐絵巻」を楽しむ | トップページ | マイブームは、ちょっぴり三島 »

2012.05.12

真珠の首飾りvs.耳飾り

 フェルメールの話です。

 「真珠の耳飾りの少女」が見られる、東京都美術館マウリッツハイス美術館展(6/30~9/17)はよく見聞きしてたけど、同時期、国立西洋美術館には「真珠の首飾りの少女」が来るのか(ベルリン国立美術館展。6/13~9/17)。これは全然、知らなかった。前者が朝日新聞、後者は読売新聞だからだね~。

 なんだかんだで、日本にはフェルメールがしょっちゅう来てますが、実は私はあまり見に行ってません。混んでるのはイヤだ、とか、へそ曲がりとか、まあいろいろ理由をつけてる。とにかく、どうせならゆっくりボンヤリ見たいな、と。
 ほとんど負け惜しみ(?)で、「やっぱり現地で見ようよ」とも言うんだけれど、さて元気なうちにどこかへ見に行けるんでしょうか。でも、広~い空間でゆっくりしかもまとめて見たからこそ、レンブラントやベラスケスがいいなぁ、と初めて思えた記憶はいまだに鮮明。

 で、混んでるのはいやだ、という「中高年」向けなのか、マウリッツハイスの方にはプレミアム鑑賞券(日時指定の夜間鑑賞券に、学芸員のセミナー、ドリンクなどがついてる)があるのを発見。まだ買えるのかどうかは知らないけど。

 月日はあっというまに経つから、次に気が付いたらもう会期末だったりして

|

« 「吉備大臣入唐絵巻」を楽しむ | トップページ | マイブームは、ちょっぴり三島 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「吉備大臣入唐絵巻」を楽しむ | トップページ | マイブームは、ちょっぴり三島 »