« 恋はくせもの:能「道成寺」 | トップページ | 藪原検校、上から見てよかった! »

2012.06.26

去年は客席の獅童を見たのだった

6月24日(日) 「コクーン歌舞伎 天日坊」 17:00~ 於・シアターコクーン

原作/河竹默阿彌 脚本/宮藤官九郎 演出・美術/串田和美 出演/勘九郎、七之助、獅童、亀蔵、萬次郎、白井晃、真那胡敬二、近藤公園ほか

 先月は一緒に文楽を見た友人たちと、ガラリ気分をかえて今月はコクーン。ちょうど椅子席の最前列が取れたので、気分よく出かけた。私が旗振り役だったので、ハズレだったら・・・とちょっと心配してたけど、評判よさそうで安心した。
 そういえば去年のコクーン歌舞伎、千穐楽の客席にいた獅童くんに向かって、串田さんが舞台の上から「コクーン歌舞伎に出て!」と言ったんだっけ。さっそく実現してよかったね~。

 その獅童と七之助が、盗賊の地雷太郎&お六(実は・・・)で、この2人がなんだかとっても気に入っちゃったよ! 七之助って、こういう婀娜な雰囲気が似合うと思う。で、婀娜なんだけども固い部分がある、みたいな、ね。

 あともう1組の巳之助・新悟は、若くてただラブラブなところが、また対照的。(二人が同じ、竜宮城の夢を見るシーンもおかしい)

 そして、孤児で修験者の弟子として生きていた法策(勘九郎)が、ちょっとした運命のいたずらで、人を殺し、頼朝のご落胤になりすます・・・。運命の歯車がひとつ狂って、ぐるぐるぐるぐる、とんでもない方へころがりつづけてる、ヒーローでもなんでもない、弱さや情けなさを抱えた法策がまた、勘九郎らしい。

 ま、前半、ちょっとテンポが悪く感じられるところがあったのと(後半トトトーンといくから余計に)、テーマである「俺は誰だ」という法策の叫びを、わざわざ紙に書いたりせずとも、という感も。何度か繰り返される「マジかよ」(by法策)は、1、2回だったら浮いてたでしょうね・・・。

 何はさて、白井さんたち非・歌舞伎の人たちも違和感なく、おおこの人たちも実は・・・でしたか(怪しげだったもんね)で。ラストの法策を思うとき、確かにトランペットの音色がさらに哀切に響いた。

 立ち回り、カッコよかった~。特に七之助! もっとやってほしかったけどね(衣裳も素敵だった)。

 三谷幸喜氏(前日はパブリックシアターで目撃されてた)が、1階のバルコニー席にいらしてて、なんでそこへ、という感もあった。目立つ場所なんでつい目がいっちゃった=カーテンコールの時とか。

|

« 恋はくせもの:能「道成寺」 | トップページ | 藪原検校、上から見てよかった! »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

七之助の立ち回り、素敵でしたよね。あの衣装の裾の広がり方を含めて、もっと見たかったのに、3人の中で一番短くて残念。
あれを見ながら、ああ、私はたぶん、弁天は菊之助のが断然好きだけど、お嬢吉三は七之助の方が好きかもなって思ったくらい。
私も獅童と七之助が気に入りました。

投稿: 猫並 | 2012.06.27 09:09

猫並さま
たまたま金曜昼前のNHKでコクーン歌舞伎をレポしてたので、あのスケルトン柄の着物も見てまして、フーン・・・が、実際に七之助が着てると(帯の色との取り合わせも)、素敵!でした。さらにさらに、裾が広がるのがカッコイイ。後ろへ倒れる時の美しさとか「もっともっと見たいのに」と思いました。
獅童もああいう化粧がとても映える顔立ちで、(なんのかのと言われつつも)どんどん歌舞伎をやってほしいですよね。

投稿: きびだんご | 2012.06.27 11:06

今回のコクーン、意外なほど気に入りました。
で、リピートしちゃうことなったし
若手の皆さんがイキイキと演じていて(いえ、若手以外の方達も)見終わった後清々しい気持ちになりました。
クドカンの脚本はどうなんだろう~と心配していたのですが、時々挟まれる現代語も不快な感じはせず、何よりも下品にならないという一線を守ったことで<歌舞伎>になっていたと感じました。
勘九郎くん、七ちゃん、獅童くん、良かったです。
それから巳之助くんがお茶目で可愛いくてハートを掴まれちゃいました

投稿: 尚花 | 2012.06.27 11:28

尚花さま
うふっ、リピートおめでとう 確かに、もっといい席で見たくなりますよね。私も来週、実家に行く予定がなければ、きっとweb松竹にはりついてますよ。
私もクドカンの脚本が心配だったんですが(「大江戸りびんぐでっど」は)、七五調の台詞もうまく生かしてるし、ほんとよかったです。
そうそう、巳之助くん、お茶目で生き生きしてましたね いや~、これから若い人たちがますます楽しみ。

投稿: きびだんご | 2012.06.27 23:30

おはようございます。
「藪原検校」も「桜の園」も「天日坊」も巡業も、全部きびだんご様の後を追いかけている私です。あっ、今拝見したら歌舞伎鑑賞教室も
自分の感想を書いたらコメントさせていただこうと思いつつ、なかなか自分の感想も書けずにいて…。
「天日坊」は面白かったですねえ。とにかく3人がカッコよかった。千穐楽押さえておけばよかった、とほんと悔やみました(座席選びで迷っているうちに完売してしまった)。
ここのところ色々なタイプの歌舞伎が見られて、ますます歌舞伎にはまってしまいました。

投稿: SwingingFujisan | 2012.07.10 10:37

SwingingFujisanさま
いや~、楽しかったですね もう1回見たいな、という気持ちがフツフツと でもまあ記憶の中に美しく閉じ込めて、「藪原検校」に邁進したのですワ。
例年のことではありますが、夏には音羽屋の舞台がないこともあり、私の方は歌舞伎は少し弱めですかねー。でも最近の七之助の色香に迷いそうでコワイです

投稿: きびだんご | 2012.07.10 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋はくせもの:能「道成寺」 | トップページ | 藪原検校、上から見てよかった! »