« 去年は客席の獅童を見たのだった | トップページ | 6月のお土産はきびだんご »

2012.06.27

藪原検校、上から見てよかった!

6月27日(水) 「藪原検校」 18:30~ 於・世田谷パブリックシアター

 どうしても上から見たくなって、買い足した3階席から。3階2列センター(通路際)だったから、出入りが楽だし、逃げ足も速かったはず(笑)。2回目だから、けっこう余裕をもって、いろいろ楽しみながら見ることができた。

 いちおうオペラグラスを持ってて、たまには使ったけど、でもまあ3階から見るなら全体を見ましょう、という感じかな。

 舞台の色彩あるいは照明の美しさ(黒の壁面に赤いロープとか、川とか)・・・おお、こんなふうになってたのか、と。この全貌がわかっただけでも、上から見た価値があったというもの。

 それと、萬斎&秋山菜津子のエロティックなシーンも、近くから見るのとはまた違ってたし。萬斎さんの太ももの筋肉なんて、上からの方がよく見えたんですけど(爆)。

 初日からだいぶ日が経ってるからか(楽も近いね)、ノリノリに感じられるところもあったし、客席の反応も前回見たときよりストレート。早物語が終わった時の拍手とか。

 今回ですっかり満足はしてるけど、さて千穐楽はどうしましょ。売るなら早く手を打たなきゃ・・・。と言いつつ、自分で見るかな。ひぃぃっ、お習字書かなきゃ←月曜日

|

« 去年は客席の獅童を見たのだった | トップページ | 6月のお土産はきびだんご »

演劇」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま

「藪原検校」2回分のご感想、拝読いたしました。
チケットが買い足せて、上から観ることができるって
やっぱりうらやましいです。
地方だとどうしても公演期間も短いですし。

・・・という愚痴はともあれ、とても見応えのある舞台でした。
萬斎さんがあんなに杉の市にハマるとは、観る前は想像も
つきませんでした(きびだんごさまの最初のご感想に
「ナルシストじゃないし・・」と書いてあったのを読んで
思わず吹いてしまいました)。

原作・演出・役者と3拍子揃った舞台でしたね。
できることなら私ももう1回、上から観たーい!
あの「百物語」もう1回聴きたーい!!(笑)

投稿: スキップ | 2012.07.16 01:23

スキップさま
最後の新潟公演も終わってしまいました・・・。東京公演は期間も長いし、劇場キャパもそこそこあるから、意外に、後からでも余裕で買えたりしたんですよね。ならあんなに勢い込んで2日分買わなくてもよかった、と(そのあたりの見極めにいつも失敗してます)。でもそれは贅沢な悩み。やはり恵まれてます。そしてスキップさまがしばしば()遠征していらっしゃるのもわかります。

萬斎・杉の市、あんな短いヘアスタイルを見るのは初めて(むしろ長めのことが多かった)。あれで見てる側もすっと入って行けたのかも。えへへ、ナルシスト、受けちゃいましたか。ということは同意、ってことですよね。もちろん
「早物語」あまり汗をかかないらしい萬斎さんの首筋に、汗が光ってました(え? 見てるのはそこ??)

投稿: きびだんご | 2012.07.17 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 去年は客席の獅童を見たのだった | トップページ | 6月のお土産はきびだんご »