« 雨の土曜は三鷹でノンビリ | トップページ | これぞ「桜の園」、であれば喜劇でも悲劇でも »

2012.06.17

関西ヨリ眼福来ル

Osaka

 このところ、続けてムフフな到来物が。どちらもSさんが送って下さったのだけれど、自分では買えなかった5月松竹座・写真入りの筋書と、今月の南座の筋書。

 やっぱりねー、写真が入ってるとそれだけ見ても楽しめるし、思い出すことも多い。うれしいな。

 南座のは、見てるとやっぱり帰りに寄るべきだったかと思っちゃうけど、まあ仕方ないもんね。玉三郎&愛之助の私服写真(懇親会レポート)も載ってるから、愛之助ファンの職場の子に見せて、うらやましがらせようっと。

|

« 雨の土曜は三鷹でノンビリ | トップページ | これぞ「桜の園」、であれば喜劇でも悲劇でも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお、素晴らしいですね
松竹座は、今となってはどういうわけか、十次郎が一番美しかったような記憶が残っていて、己のアタマのなんと頼りないことよ…
やっぱり、松緑さんとこのサイトみたいに、写真だけでもHPで販売してくれると嬉しいのにな。

投稿: 猫並 | 2012.06.17 11:32

猫並さま
どれもよかったな-、とは思うんですけど、すでに私の中では「高坏」がなかったことになってました 十次郎もどうも曖昧な感じです。いかんいかん。
Sさんはほんとは菊ちゃんの写真を買うつもりだったそうですが、一人で写ってるのがなかったとか(忠兵衛・梅川のツーショットなら!)。
私のPCにはもはや音羽会ブックマークはありません 今後も期待できない・・・ですもんね。

投稿: きびだんご | 2012.06.17 16:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の土曜は三鷹でノンビリ | トップページ | これぞ「桜の園」、であれば喜劇でも悲劇でも »