« 初・ままごと | トップページ | ダ・ヴィンチが私を呼んでいた(爆) »

2012.07.01

土曜日は初日、日曜は千穐楽を見る

7月1日(日)

 6月30日(土) 松竹・巡業東コースの初日。江戸川総合文化センター
昼の部(12:00~)、夜の部(17:00~)
 ついつい、初日は居続けでありました。昼夜の間、1時間半ほどあったんだけど、音羽会つながり3人でティータイム・・・近くに全くお茶できるところがなくて(会場内の大食堂は満員)、新小岩駅の方向に向かって歩いてたら、ほとんど駅のそば近くまで行ってた。でもお喋りが楽しくて、そんな時間も苦にならないよ。
 ダブルキャストのうち、期待してたのは、松緑・鳥居前、菊之助・四の切だったけど、現実には逆の方がいい感じかなぁ。後半にまた見るので、そのときまでに進化しているでしょう。

 7月1日(日) 藪原検校の千穐楽(東京) 世田谷パブリックシアター
 結局、3回見たよ~。初回と全く同じ席からだけど、今日の方が周囲の環境がよくて集中して見られた。周りをいちいち気にしたくはないんだけど・・・。
 やっぱり熊谷真実の母親がよくて、ボロボロ泣いちゃった。その母を、思いがけないかたちで自ら手にかけたところから、杉の市(藪原検校)がほんとうの悪党の道を歩き始めたと、はっきりわかった。それと同時に、作者・井上ひさしも限りなく母親を求めたんだろうか、なんて思ってしまった。絶対、戯曲を読む!

 というわけで、この土日、のほほん観劇三昧・・・のようですが、お習字の稽古日が2週続くので、もぉぉ大変です。

|

« 初・ままごと | トップページ | ダ・ヴィンチが私を呼んでいた(爆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2日続きのご観劇、しかも巡業は通し!! お疲れ様でした。役者さんに劣らぬエネルギーだと、ほんと感服。
藪原検校は私は上から1度見ただけですが、もう一度見たかった。見る前は古田新太のイメージしかなかったから萬斎さんと杉の市が結びつかなかったけど、見たら圧倒されました。おっしゃるように、思いもかけぬ母殺しが杉の市を極悪非道の道へ進ませたというのがはっきりわかりましたね。

巡業は楽しかった。演目はしょっちゅう見ているものなのに、何か新鮮な気がしました(若手だから、ってことでもなく。だって「道行」だって新鮮に見えましたもの)。
浅草の千穐楽をどうするか思案中です。思案しているうちにチケットなくなりそうだけど

投稿: | 2012.07.10 10:45

はっ すみません。又です
もうきびだんご様にはわかっていらっしゃると思いますが。
この前、登録したのに、その後全部設定をはずしちゃったのが敗因。再度登録しました。

投稿: SwingingFujisan | 2012.07.10 18:36

SwingingFujisanさま
わざわざ恐れ入ります。もちろんわかってましたとも
実はつらかったのは2日続きの観劇そのものではなくて、翌2日の月曜日にお習字だったことです。圧倒的に時間がなかった 身から出た錆と言いますか、ヘロヘロ状態で夜中に書いてたんです。ほんとはどちらの感想も、もっとちゃんと書きたかったのに、こんなことでお茶を濁してます。

今日は江戸東京博物館に行ったのですが(ほら日本橋! 藪原検校のおさらい)、帰りに地元の図書館に「井上ひさし全芝居1」(藪原検校所収)を借りに寄ったのに、図書館カードを忘れてました。バカバカ 明日こそ。
巡業、結局私はもう1回、浅草(月曜日)に行くことになりそうです。菊ちゃん、少し軽くなってるかしら。

投稿: きびだんご | 2012.07.10 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初・ままごと | トップページ | ダ・ヴィンチが私を呼んでいた(爆) »