« 最後の仕上げは「ふくすけ」で | トップページ | ボンヤリ頭にほどよい芝居 »

2012.08.05

甘い歌声にポワン

8月4日(土) 「ミュージカル ソングス・フォー・ア・ニュー・ワールド」 17:30~ 於・シアタークリエ

作詞・作曲/ジェイソン・ロバート・ブラウン 演出/田尾下哲 出演/浦井健治、昆夏美、濱田めぐみ、米倉利紀

 ミュージカル好き、かつ浦井くん好きの友人に誘われて行ってきた! ちょうど、「ふくすけ」に至るドロドロを見ていた週なので、すごいタイミング。これですっかり真っ黒けな私の心は浄化されるでしょう(笑)。

 といっても、私だって目当ては浦井くんのみ。後の人は、名前を知ってるくらいだし。久しぶりのシアタークリエは、10列目のセンターで、とても見やすい。クリエって、客席自体は見やすいのに、残念な部分が多すぎる。

 で、この作品、出演者が4人のみ。「14の短編オムニバス・ミュージカル」とのことで・・・? 要は、休憩込みで2時間弱(あ、正味1時間半か)、歌をたっぷり聴いたのでした。ストーリーめいたものは、さて。オムニバスだからねー。

 私はけっこう声が気になるタイプのようで、歌がうまい下手よりも、そっちに気持がいってしまう。浦井くんの、特に高音部分がとても甘い声で、見た目の王子様キャラもあいまって、むふふ。秋には「リチャード三世」で見られるんだわ~。対して米倉さん(この人って普通の歌手と認識してましたが)は、むしろ低い音域の方が甘い感じで。

 そして若い昆夏美ちゃんの、フレッシュな歌声と、濱田さんの「大人」な雰囲気。衣裳もいろいろ変わっていくから、それにもけっこう注目していた。

 ミュージカルといわれれば、お話しはよくわかりませんでした、なんだけれども(特に浦井くんの担当部分が)、いやいや、そんなふうに歌そのものを(お芝居として)楽しむことが滅多にないから、面白かったな~。

 終演後のお食事にもちょうどいい時間帯だったし、こんなふうに思わぬ出会いがあるのはとても幸せだなあと思う。ちなみに浦井くんは来年「二都物語」にご出演だそうで。

|

« 最後の仕上げは「ふくすけ」で | トップページ | ボンヤリ頭にほどよい芝居 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

楽しんでくださったようでほっとしました

私も声フェチなんです(ご存知かもしれませんが)
歌唱力があっても相性の良くない声だと惹かれません。
包み込まれるような柔らかな歌声を聴いていると本当に心地良い

浦井くんの地声(喋る声)が好きで、実は甘い高音の歌声はちょっと苦手
カーテンコールで見せてくれた笑顔が小さな男の子の笑顔みたいに可愛くて、こんな子が息子だったらシアワセでしょうね~、なんて

来年はレミゼも二都物語もあるので、是非一度帝劇に足をお運びください(って東宝の宣伝部みたいですね

投稿: 尚花 | 2012.08.05 21:39

尚花さま
どうもありがとうございました!! 暑さを忘れる爽やかさといいますか、舞台全体にすっごく清潔感もあって、気持ちよかったです
尚花さん、声フェチでしたか。浦井くんは優しい声のイメージだったので、歌うとへええ、って思いました、なんたって前に聞いたのは、ベッジ・パードンでちょこっと、ですから。
さて、本格的なミュージカルを見るのはいつ

投稿: きびだんご | 2012.08.06 08:34

こんにちは。

ミュージカルにはとんと縁のない私ですが、
>私はけっこう声が気になるタイプのようで
ここに反応。
はい、私もマギレモナク『声フェチ』です。声に惚れるタイプです。今から死ぬときは大好きな人の声を聴きながら、と決めています!

今月は歌舞伎観劇はゼロ、のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2012.08.06 13:26

からつぎさま
なるほどなるほど。指フェチ+声フェチですね。了解
私も「最期に誰の声を聞きたいか」を、ちょっと考えてみよっかな。
声としゃべり方は不可分かもしれませんが、オリンピックでSMAPの○居くんの喋りを久しぶりに聞いたら、すっごくベタベタしててダメでした。
歌舞伎ね~。8月~10月はどうもね、というところです。演目的に。なんか、ちゃんと組み立てるのを放棄してるとしか思えません。私はとりあえず今月、昼の部だけは行く予定です。

投稿: きびだんご | 2012.08.07 00:27

これねえ、公演が発表になった時は、絶対に行く!って張り切っていたんですが、いざチケット先行販売の日に、やめちゃいましたの。歌舞伎にお金をかけ過ぎたことへの反省と、きびだんご様同様お目当ては浦井クンだけだったことで、何度もぽちっとしそうになって踏みとどまり…。
でも、きっときびだんご様が、と思ったらやっぱり 
「高音が甘い声」で「アルジャーノンに花束を」の浦井クンの声を思い出しています。
来年の「二都物語」(!! シアターガイドから来たメールで大興奮でしたわ)は必ず見ます リチャードも取りましたよ~

投稿: SwingingFujisan | 2012.08.07 09:23

SwingingFujisanさま
いや~、これは私、全くノーチェックでして、見に行けたのは尚花さんのおかげなのです。ほんと浦井くんのような息子がいたらですわ。
でも、「歌方面」=ミュージカル(それに宝塚、劇団四季も)にはほとんど無縁なものですから。今後はさて、どうでしょう。
歌ってる浦井くんを見ながらも、「リチャード三世」が楽しみだな、などと思ってました。

投稿: きびだんご | 2012.08.07 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の仕上げは「ふくすけ」で | トップページ | ボンヤリ頭にほどよい芝居 »