« 9月は若手の演劇を見てる、その第1弾 | トップページ | 砂かぶり席で「浮標」を見る »

2012.09.24

この3日間

9月22日(土)×
9月23日(日)×
9月24日(月)○

 これいったい何かといえば、そもそもチケット持ってたのに行けなかった×と、大変だったけど行った○

 9月22日は、もともとルネこだいらの菊之助・春興鏡獅子に行こうと、音羽会にチケットを申し込んでた・・・が、頼んだのが遅かったこともあって23日に回されてしまった。
 その後、歌声寄席が発表になったから「ラッキー!」とチケットを取った。市馬師匠はもちろん、国本武春さんやサックス奏者の坂田明さんなど、メンバーが魅力的だったからね~。
 しかーし、最終的には仕事を入れてしまったの。まず稼げ、ってわけで。チケットは市馬好きの友人のもとへ。

 だから9月23日は、小平だよ!! が、しかし。お墓参りをこの日に行くしかなくなって、東京の東の端まで遠征するとなるととても小平は無理・・・。すっごく正直言うと、何がなんでもがんばるというほど席がよくなかったの。音羽会でなんとか席を確保して下さったと思うと申し訳ないんだけども。
 いや、空席にはなってないはず。

 というわけでしょぼくれた土日でしたが、24日はお習字の後、予定通り世田谷パブリックシアターの「浮標」へ。18時開演、休憩10分×2、終演22時という長さに驚くけれど、全くそんな長さは感じなかった。
 内容も決して明るくはないけれど(ぐじゅぐじゅ泣いちゃったけど)、見終わって暗くなるわけじゃない。なぜかスッキリしてるくらい。
 んでもって、明日出さなきゃいけない仕事の仕上げを、夜中にやってるわけだけど、この「浮標」のおかげでフル充電状態、元気になってます! いや~、田中哲司すごいよ。 

|

« 9月は若手の演劇を見てる、その第1弾 | トップページ | 砂かぶり席で「浮標」を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大丈夫、空席にはなっていませんでしたよ
同年代(たぶん)の女性の方でした。

チケットが届いた時はな席だと思ったのですが、実際は視界良好でなかなか良い席でしたよ。

第一部は葛西アナの司会でテンポ良く進行し、興味深いお話も聞けましたし、平櫛田中の作品やご本人の写真や邸宅等が画像で紹介されたりと、なかなか充実した内容でした。
素顔の菊ちゃんも見ることができたし
相変わらず受け答えはとっても優等生で・・でも、そういう所が好きだな~

弥生は本当に可愛らしく、丁寧な踊りで大満足。
獅子になってからは菊ちゃんらしい清々しさが溢れていましたが、ちょっと迫力不足だったかな

11月は立役なので、12月は綺麗な女形を是非

投稿: 尚花 | 2012.09.25 21:56

尚花さま
23日、あいにくの雨でしたが、がんばっていらしたのね
チケットは忙しかったから「おけぴ」託しますサービスに任せちゃったんですよ。空席にならずによかったです。

葛西さんの司会なら、とても面白そうですね。うらやましいなー。そして優等生の受け答え 想像できます。
そういえば、11月の予定をまだ全然考えてないんでした。女形の菊ちゃんが見たくて見たくて・・・ほんと12月に期待しましょう

投稿: きびだんご | 2012.09.26 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月は若手の演劇を見てる、その第1弾 | トップページ | 砂かぶり席で「浮標」を見る »