« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012.10.31

末廣亭の余一会は長蛇の列!

10月31日(水) 「市馬・三三 二人会」 13:00~ 於・新宿末廣亭

開口一番(市也・牛ほめ)、市楽・鮫講釈、仙三(太神楽:エコ太神楽)、市馬・夢の酒、三三・藪入り--仲入り--ナイツ(漫才)、三三・三枚起請、市馬・首提灯 *三枚起請、首提灯はネタ出し

 10日間ずつの寄席の興行で、1日あまる31日は「余一会」。各寄席で、毎回趣向をこらした落語会が開かれる。で、ちょうど水曜日で暇な今月は、おあつらえむきに市馬・三三の会ですもん。行かいでかっ。

 とはいえ、ここ何年も末廣亭には行ってないし・・・と、不安だったところへ、先日、「ござる乃座」で逢ったKちゃんも代休を取って行く、というのでラッキー。結果的には、先に並んだ彼女が席を確保してくれて助かった。
 そう、1時開演だから12時めざして行けばいいかな、と思ったら、なんのなんの。着いた時にはもはやすんごい長蛇の列で(末廣亭から2つ、角を曲がったところが最後列)、ひゃー。暢気に伊勢丹でお弁当買って、道に迷いながら行ってる場合じゃなかったね。

 並んでる時に、パタパタと市也くんが駆けて行くのを目撃。楽屋口はこっちなの?などと思ったりしてた。

 そうしたら、開口一番はその市也くん。「明日から二つ目になります!」そうか、前座最後の日、だったのね。メリハリもきいた「牛ほめ」で、これなら明日からも安心。がんばってね。

続きを読む "末廣亭の余一会は長蛇の列!"

| | コメント (0)

2012.10.27

テレビと私

 テレビは必要な時だけつける、という家なので、ニュースくらいしか見るものがなくて情報にもうとくなる。(あ、なぜか男どもが「相棒」にはまってるので、今は見てますが。成宮くんが意外にいい感じ。)

 それでもNHKはニュースの流れで見たりしてる。今週月曜にはスタジオパークに萬斎さんご出演! ちょうどあせって仕事してたから、横目で見つつ「録画してるから後でゆっくり見よう」
 ・・・ところが、NHK総合じゃなくてEテレを録画してたなにしろアナログなので、以前のように番組予約ができなくなり(タイマー予約)、つい間違えてたらしい。しくしく。

 金曜(26日)は、10時過ぎに帰宅して新聞のテレビ欄を見てたら、11時からの「アナザースカイ」に、佐々木蔵之介、チェコビールの文字が 「こ、これは見なくては」。いや~、ビール美味しそうでした←そこか この番組、初めて見たけどおもしろい。舞台の宣伝、というわけでもなくて。
 俳優をあまり知らない夫は、最初(私が見てるから)蔵之介さんを萬斎さんかと思ったようで。違うとわかってからも、「でも似てない?」と。顎のあたりのシャープさが似てますかしら。年齢も2歳違いくらいだし←自分を基準にすると、この2人の年齢が覚えやすいので頭に入ってる。

 萬斎さんは映画「のぼうの城」PRで、メディア露出中。今日(27日)は「嵐にしやがれ」。野球中継が延びて録画が危ないところだったけど、大丈夫でした。今はもうちょっと髪の毛がのびてるよ。

 しかーし、ほんとにテレビ買う ブルーレイも

| | コメント (0)

2012.10.26

よろよろと狂言を見に行く

10月24日(水) 「ござる乃座 47th」 19:00~ 於・国立能楽堂

舞囃子「班女」宝生和英 大鼓・亀井広忠、小鼓・鵜澤洋太郎、笛・松田弘之
狂言「「花子 行ノ形」萬斎(夫)、万作(妻)、三宅右近(太郎冠者)
--休憩--
狂言「茸」遼太(山伏)、幸雄、裕基ほか(茸)

 今回の「ござる乃座」は萬斎さんの「花子」! しかも小書が各回(含・名古屋、京都公演)違うとのことで、私が見た24日は「行ノ形」だった。あとは常(小書なし・28日の東京公演)と、「真」「草」らしい。
 28日のチケットに外れて24日に回ったんだけど、28日は仕事が入っちゃったんで、ちょうどよかったと言えるかな(結果的に土日も仕事なんだけどね)。

 とはいいながら、この日、ややこしい仕事を片付けたその足で、正直ヘトヘト状態で国立能楽堂へ行ったのでした。
 中正面4列目の右ブロック左端。ぼんやり開演を待ってたら、ひとつおいた右(すぐ隣はこの時点では空席)から「あらっ!」という声が。狂言、落語などが趣味で、大阪の落語会のスタッフでもあるYさんではありませんか。いや~、こんな近くの席だったとは。

 舞囃子の「班女」は、24日は宝生流、28日は観世流(梅若紀彰)で。能「班女」は見たことがないんだけど、シテは花子なんだね。

続きを読む "よろよろと狂言を見に行く"

| | コメント (2)

2012.10.25

倉橋由美子が好きなので

10月25日(木) 「夜の入り口 ~村岡希美と池谷のぶえ、倉橋由美子を読む~」 19:30~ 於・新世界

(第1シーズン「大人のための残酷童話」)
出演/村岡希美、池谷のぶえ ゲストミュージシャン/鈴木光介

 最近、(ずっとアカウントだけ持ってて放置してた)ツイッターを、ひよっこながらもやっている。この企画も、ツイッターで知ったもので、そうでなければ存在すら知らないままだったと思う。

 そんなわけで、会場は六本木通り沿いのわかりやすそうな場所だし、と一人で行ってみた。あ、木曜日は7時までの仕事の日だから(残業がないとはいえない)、7時半~は賭けみたいなものだったけど、だからといって10時~の回にするのもね、と7時半~で決行。麹町から六本木はタクシーなら10分くらいだから、余裕でした。
 1階の入り口で料金とドリンク代(白ワインにした)を支払って、地下に降りる。うむむ、椅子がぎっちり。でも、ちょうどいい場所があいててラッキー!

続きを読む "倉橋由美子が好きなので"

| | コメント (0)

2012.10.21

週末はこんなでした

 相変わらず仕事の〆切に追われてます。が、もともと予定していた観劇だけは滞りなく。それ以外は不義理をしておりまする。申し訳ない。

いちおうこんなところへ行ってました。↓

19日(金)・矢来能楽堂「徹底解剖 道成寺」
 観世喜正さんたち「神遊」のメンバーで、道成寺に関するトーク、装束の説明、お囃子方のトーク、道成寺組曲、そして「道成寺」後半を。席が座敷の一番後ろ(ベンチシート)で、ちょっと集中しづらかった。
 この日もらったチラシに12月の「屋島」@観世能楽堂があって、発売開始がまさに19日だったので、これも何かの縁とばかりに行くことにした。「藤戸」もあったけどそれは日程が合わず。やはりね、タイミングは大事。

20日(土)・あうるすぽっと「日々の暮し方」
 南果歩さんと、小野寺修二さんたち。すっごく地味だからねー、土曜日でもかなり空席があって気の毒なくらい。かくいう私も、もともとが別役実の作?というだけで二の足ではあったのだけれど。
 このところ、マイムというかダンスというかの動きと、言葉の繰り返し、なんていうスタイルのお芝居を見ることが多いな。
 やはりエンエン、エレベーターを待ったので、劇場は2階なのにやたら遠かった。それが言いたいためだけにアンケートを出してきたぞ。だって、これから観劇、というワクワク感をそんなことでそがれちゃたまらないもん。

21日(日)・新国立劇場「リチャード三世」千秋楽
 S席、A席、B席と3種の席のうち一番安いB席にて、2回目の観劇。3150円なり。でもね、2階は3列しかなくてその最後列で、すごく見やすいから(前傾姿勢OKだもん)、とても満足。中劇場はこの席、狙い目じゃないかな。
 前回は1階の前方席だったから、役者さんはよく見えたけど、舞台の見え方(たとえば最初の太陽のダイナミックさなど)は、今イチだったんだな、と。あの太陽がまず印象づけられると、後にリッチモンドが出てきて「太陽が沈んでいく」と言い、決戦の朝にはもはや太陽が顔を出さないのが、象徴的によくわかる気がした(というか、その台詞がやけに心に残った)。
 
 というわけで、また落ち着いたら何かしら書きます。書けるかな。
 

| | コメント (0)

2012.10.19

珍しくちょっと予習してお芝居を見た

10月17日(水) 「リチャード三世」 13:00~ 於・新国立劇場 小劇場

作/ウィリアム・シェイクスピア 翻訳/小田島雄志 演出/鵜山仁 出演/出演/今井朋彦、前田一世、岡本健一、浦井健治、木下浩之、勝部演之、那須佐代子、中嶋朋子、倉野章子、森万紀ほか

 10月3日~21日の公演だから、もはや千秋楽も近くなってからやっと見るという・・・。うまく予定が組めなかったこともあるし、「シェイクスピア友」の田園調布夫人(爆。でもホントなの)とご一緒するという事情のせいもあった。
 ボックスオフィスに電話した時、この日は高校生の団体が入ってる、と言われてギョッとしたものの、またオバサマに電話して相談するのも面倒なので、かまわず決行。高校生は客席でも休憩時間のロビーでも、とっても静かにしていて、えっ、団体いたの? というくらい。
 鑑賞教室でもない普通の公演に行けるなんて羨ましいなあ。(ただし静かにしてたというのと楽しんでたというのは全く別の話)

 私の席は、前から2列目の左ブロック。ちょうど役者さんがけっこう出入りするあたりでして、後半、浦井リッチモンド伯をガン見できる場所でした(カーテンコールも含めて)。ふふふ

続きを読む "珍しくちょっと予習してお芝居を見た"

| | コメント (2)

2012.10.18

うなりあう落語家と浪曲師

10月16日(火) 「市馬・武春 うなりあいましょう」 19:00~ 於・座・高円寺2

(らくご@座・高円寺 2012秋の宵公演)
こみち・民謡大家、市馬・のめる、志らく・片棒(懐メロ入り)--仲入り--灰神楽三太郎(市馬×武春)、武春(曲師・沢村豊子)・紺屋高尾
*のめる、紺屋高尾以外はネタ出しされてました

 浪曲の国本武春さんも好きなんだけど、なかなか聞く機会がない。大病後、活動を再開されてからは初めて。市馬師匠との会だなんて嬉しいじゃないの。志らくさんも久しぶり。

 火曜日、会社の仕事はせいぜい6時まで・・・のつもりが、後に予定がある日に限って長引くんだ。6時半くらいに麹町を出て、四ッ谷から高円寺。でも、意外と近い感じで、7時くらいには駅に着いたのかな。もうこみちさんの噺は始まってたけど、客席の後ろの空席に座って聞いてた(満員ではなかった、ということね)。最後列でも聞きやすい、いい会場。

 こみちさんの噺は、長屋を借りたいとやってきた人と大家が民謡でやりとり。聞きやすいいい声でたっぷり。でも、ちょっと一本調子というのか、だらだら続く感じがあったなー。

 こみちさんが終わってから本来の自分の席(前から6列目あたりのセンターブロック。見やすい!)へ。あ、高座返しはまもなく二つ目の市也くんでした。

続きを読む "うなりあう落語家と浪曲師"

| | コメント (0)

2012.10.15

目黒雅叙園に初見参

10月14日(日) 「京の美と技 KIMONO展」 於・百段階段

 わたくし、目黒雅叙園の名前は聞いたこと(もちろん)ありますが、いままでとーんと縁がなくて、この年になってやっと行ってきました! 
 なにぶん友人の結婚式が都内であったことは滅多になく、あったとしても、私もそうだけど同窓会館とかなかば公的な会館がほとんど。折しも秋の結婚式シーズンで、雅叙園は賑わっておりました。

 いつも着物で集まる仲間と、さて今月はどうしよう・・・今ひとつ観劇にも気が乗らないし、どこか展覧会かシネマ歌舞伎かなあ、と思ってたところへ、木曜日だったかの東京新聞・夕刊の美術展情報で見つけて、よし!と。
 目黒へはグループの年上の3人で。その後、渋谷での飲み会には、旅先から荷物を抱えてやってきたワーキングマザーと、ご主人の入院してる病院から息抜きにやってきた2人も参加。要は「飲み会」だったわけ

Meguro ←百段階段へのエレベーター

 えーっと、「KIMONO展」自体は、ハースト婦人画報社(って名前なんだ、今は。婦人画報や美しいキモノを出してる会社)の企画によるもの。織りや染めの技法による豪華な着物や製作過程などを。様々な織地が貼り交ぜ屏風に仕立てられてるのなんか面白かった。

 それはいいんだけど、お部屋自体が東京都の有形文化財指定とかで、花鳥画が描かれていたり、彫刻が施されていたり、豪華絢爛。なんか目がチカチカするというのか、着物に集中できないんだよね。
 「清方の間」なんて、そもそも鏑木清方の筆になる欄間などがある上に、展示テーマが「美人画に観る“きもの”の色合わせ」だから、落ち着かない。全体を見て楽しもうという意図はわかるけど、そうはうまくいかない(視線の流れとか)。

 とかなんとか言いながら、百段階段を探検堪能して、ここに来たら「豪華なお手洗い」にも行かなくちゃ!と、わざわざ「再現化粧室」へ。いろいろ楽しんだ目黒雅叙園なのでした。

| | コメント (4)

2012.10.14

お芝居にサーカス!?

10月13日(土) 「K.ファウスト」 13:00~ 於・世田谷パブリックシアター

作・演出・美術/串田和美 音楽/coba 出演/笹野高史、小日向文世、雛形あきこ、串田和美、内田紳一郎ほか //サーカスアーティスト//ミュージシャン

 チラシの言葉を借りれば「21世紀の超娯楽劇! 踊る音楽! 奏でるサーカス! なんともバロックなロードムービー!」・・・でも、さっぱりわかりませんわ。?を頭に浮かべつつも、笹野、小日向のおふたりに惹かれて劇場へ。

 これ、会員先行の初日にチケットを取ったとき、確か最前列もあったんだけど、いやいやもうちょっと後ろの方が、と、G列のセンターブロック通路際にしてた。最前列(C列)だとほぼ座椅子状態だから足がつらかったと思う。というか、パブリックシアターもこんな舞台にできるんだ!

 串田、笹野、小日向の3人で、前口上、みたいなのがあって、さて、まずは陽気に賑やかに、ジャグリングの人たちもいるし、ああ、空中ブランコ!

続きを読む "お芝居にサーカス!?"

| | コメント (2)

2012.10.11

屋島にて

Yashima01 Yashima02

 屋島の頂上に行くには、(ケーブルカーがなくなってしまった今では)車しかない。いや、ちょうど私が行った日(10月8日)には、麓から歩いて登るらしい一行にも遭遇したけれども。

 画像左は、シャトルバスが発車する琴電屋島駅(または到着した駐車場のどちらか)にあった案内図。実際にこれらの場所に行ったのではないけれど、佐藤継信の名や那須与一があるので、ここに載せてみた。文字がはっきり読めるように、と思うと、こんな一部分になってしまった・・・。
 6日に御園座で見た「義経千本桜」の道行では、継信の名前が出てくるじゃない? おお、継信はここにいましたか、という気分。

 上から見下ろすと、ほんとに瀬戸内海は穏やか。画像右は、「獅子の霊巌」から岡山方向を見たところ。ここに立つと瀬戸大橋もわかる。
 ここでは妙に人になついてる猫が2匹やってきて(クロとトラ)、ひとしきり観光客に愛想してた。うち1匹は柵の外に出てるんだなー。

 屋島寺は84番札所で、宝物館にも行ってみた。那須与一の末裔が寄贈したとかいう「白旗」(といっても劣化し放題)なんかもあった。いろいろと・・・どこまで信用していいですか、というのも含めてね。

 なぜか水族館があるのが不思議。だからまだ人が呼べるのか? ちょっとうら寂しい気分にもなったのでした。 

続きを読む "屋島にて"

| | コメント (4)

2012.10.10

御園座は大賑わい

10月6日(土) 「吉例 顔見世」夜の部 16:00~ 於・御園座

「鬼一法眼三略巻 菊畑」菊五郎(奴虎蔵 実ハ牛若丸)、時蔵(皆鶴姫)、左團次(鬼一法眼)、仁左衛門(奴智恵内 実ハ鬼三太)ほか 「口上」「義経千本桜」道行初音旅・川連法眼館 勘九郎(源九郎狐/佐藤忠信)、七之助(静御前)、萬太郎(亀井六郎)、亀三郎(駿河次郎)、菊之助(義経)ほか

 正面玄関からではなく、大通り側の入り口しか出入りしてないな。この御園座に行くのもこれが最後というのに。
 それはともかく「満員御礼」となっていて、実際、開演直前など売店=懐かしの「くのや」コーナーからイヤホンガイドあたりにかけて、通りづらいくらい混んでいた。

 「おけぴ」でかなり安く譲ってもらえた席は、4列の右端から2つめ。出入りもしやすいし、集中しやすい環境でよかった。

 見終わってから思うのは・・・やっぱりなんとかして、昼の部の、せめて「蝶の道行」から見るよう頑張るべきだったな、ということ(菊ちゃんファンとしては)。だって、「地味」感はぬぐえない。勘三郎の不在、ということを実感として思い知らされた、というところ。

続きを読む "御園座は大賑わい"

| | コメント (4)

2012.10.09

今年も「ビックショー」を見る

10月5日(金)「市馬・喬太郎  ふたりのビックショー」 19:00~ 於・なかのゼロ小ホール

開口一番(市也・手紙無筆)、さん弥・もぐら泥(+踊り)、寒空はだか、市馬・御神酒徳利--仲入--恩田えり、喬太郎・明日に架ける橋

 今年も「ビックショー」の季節が来た。当日のプログラムに「上演記録」がついていて、平成19年からは毎年9月か10月に行なわれている(それ以前には平成14年にお江戸日本橋亭で!)。私は・・・平成14年のは絶対行ってると言い切る自信はないけど、それ以外は行ってますです。いつも1席ずつだけど、「余興」で二人が漫才をやったり、いろいろ。

 さて当日。開演5分くらい前に行ってみれば、開口一番は6時50分から始まっていてビックリ。寄席みたいだねー。
 さん弥さんもこの会には欠かせない人、かな。ヘンテコ踊り要員として。「もぐら泥」は久しぶりに聞いた気がする。独特の風貌やテンションが、この噺に合ってるとは思う。

続きを読む "今年も「ビックショー」を見る"

| | コメント (0)

2012.10.08

旅のメモ:10/6~10/8

珍しく、世間さまの3連休に合わせての旅行となってしまった。しかもたった2泊3日なのに、観劇あり、見舞い(偵察)あり、家族サービス(笑)ありと盛りだくさん。

10月6日(土) 御園座で顔見世・夜の部を見る。
 見に行く予定はなかったのに、7日に岡山へ行くことにしたので(しかも運良くチケットも譲ってもらえて)、じゃあ名古屋に途中下車だ!と。もっとなんとか頑張って、昼の部の「蝶の道行」から見たかったな。(名古屋泊)

10月7日(日) 朝8時前に名古屋を出発して岡山へ。
 ちょっとしたなりゆきで、玉野市宇野にある「ののちゃんち」に行く(宇野線。「ののちゃん」とは、いしいひさいちが朝日新聞に連載しているマンガの「ののちゃん」。「ののちゃんち」と言っても、ビルの2階で原画などを展示している小規模なもの。
 その後、岡山駅に戻ってから家族全員で(伯備線)、母が新しく入ったケアハウスに行く。その後、父の病院にも行って(吉備線)、岡山駅から瀬戸大橋線に乗る。(高松泊)

10月8日(月・祝)
 高松から琴電にて屋島へ。シャトルバスで頂上まで行き源平合戦に思いをはせる。那須与一とか佐藤継信とか。麓に戻ってから、地元では有名らしい讃岐うどん店へ。
 屋島からはまた琴電で、一路、琴平へ。田園地帯をコトコト、けっこう時間がかかったなー。そして金刀比羅宮への石段をひたすら登るも、とても奥社までは行けず。もうエネルギーがない!とばかりに、早いけどタクシーで高松空港へ。久しぶりの 羽田からは、リムジンバスがとても便利。

 こうして書いてみると、観劇、見舞い、観光よりも、乗り物にたくさん乗ったぞ~、という旅だったのかも。

| | コメント (0)

2012.10.05

二つ目クンをよろしく

Ichiya ←落語会のチラシ

 この秋(11月だっけ)、めでたく前座を卒業して二つ目に昇進する、柳亭市也改め市彌くん。柳亭市馬師匠の3番目の弟子です。

 昇進祝いの会のチラシがこれなんだけど、あらら、とても落語会とは思えませんわ、この路線でいくんですかい?

| | コメント (4)

2012.10.04

今頃「エッグ」のことを

9月19日(水) 「エッグ」 14:00~ 於・東京芸術劇場プレイハウス

(NODA・MAP 第17回公演)
作・演出/野田秀樹 音楽/椎名林檎 出演/妻夫木聡、深津絵里、仲村トオル、秋山菜津子、大倉孝二、藤井隆、野田秀樹、橋爪功ほか

 ずっと放置してたのは・・・もう1回、10月10日に見る予定があったから。しかも9月に見たのはセンターとはいえQ列、次回はG列だから、見え方も違うだろうと思って。
 でも、友人が「当日券に並ぶ余裕はないけど見たい」というので、譲ることにした。まっ、いいか、という気分。

 チラシの絵柄や、スポーツの熱狂を扱ってるという情報からイメージしてたのと、スポーツとしての「エッグ」は全く違ってた、というか、そもそも競技の名前とは思ってなかったし。

 というところから始まって、あらゆる「思い込み」に気をつけろ、というのが見終わってまず思ったこと。それは公演パンフの巻頭言(←いつもこれを読むのが楽しみ)、「知った気になっている過去」にもつながっている気がする。
 
 何重にも張り巡らされた壮大な虚構の中に身を置きつつ、展開に息をのみ、言葉をある意味楽しむ。私にとってはそんな2時間余。まあ、妻夫木・深津コンビが、それほどインパクトなかった感じで・・・。久しぶりに見た大倉さんが、やはりよいわね~

 常に「これぎり」と思って見なくちゃ、と、ちょっと反省。いや、見てるときはもちろん集中してたけど、観劇後に流しちゃったかな。

| | コメント (2)

2012.10.03

コクーンシートから「ボクの四谷怪談」を見る

10月3日(水)「騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談」 13:00~ 於・シアターコクーン

脚本・作詞/橋本治 演出/蜷川幸雄 音楽/鈴木慶一 出演/佐藤隆太、小出恵介、勝地涼、栗山千明、三浦涼介、谷村美月、麻実れい、勝村政信ほか

 これ、チケット取らなきゃと何度も思いながら後回しにしてて・・・。松也くんが出るんだし、豪華キャスト!なのにね。それもこれも、蜷川演出とは、時に相性が悪くて、今回はなんとなーくそんな予感がしてたから。←それは外れた。
 で、初日があいてから、むぅぅ、と考えた末、コクーンシートで見ることに。得チケがあったのに失念していて、文化村のサイトで購入。

 結果として、見てる間、すっごく楽しんだ。やっぱり1階のセンターブロックで見ればよかったかな、なんて思ったりして(別に前の方じゃなくていい)。ところが、帰宅してから、ずんずん疲れていっちゃったのよ。なんか、最近にない疲れ方。別に、理解しようと頑張ったわけでもないし、変なの。まあ、騒音歌舞伎=ロックミュージカル、と銘打たれてるだけあって、いまだに耳の奥で音がぐゎんぐゎんしてる、という感じかも。

続きを読む "コクーンシートから「ボクの四谷怪談」を見る"

| | コメント (2)

2012.10.02

珍しく演舞場に昼夜おりました

10月2日(火) 「芸術祭十月大歌舞伎」11:00~ 16:00~

昼の部:「国性爺合戦」松緑(和藤内)、芝雀(錦祥女)、歌六(老一官)、秀太郎(渚)、梅玉(甘輝)ほか 「勧進帳」團十郎(弁慶)、幸四郎(富樫)、藤十郎(義経)ほか
夜の部:「御所五郎蔵」梅玉(五郎蔵)、松緑(土右衛門)、高麗蔵(逢州)、芝雀(皐月)、幸四郎(甲屋与五郎)ほか 「勧進帳」幸四郎(弁慶)、團十郎(富樫)、金太郎(太刀持)、藤十郎(義経)ほか

 今月はあんまり気乗りしなかったはずなのに、昼夜いっぺんに見ちゃったよ。たしかチケットの発売日にweb松竹のシステムがいかれちゃって、午後、狛江(「伝統芸能の今」)に向かうバスの中で取ったはず。
 たまたま昼夜、3階Bの同じ席で。そしたらお隣さんも同じ席で通しだったんで、夜の部の時には少しお喋りした。

 滅多に通しでは見ない私なのに、今回はいっぺんに見たのは、見比べるのも面白いかな、と思ったから。でも、直前にはやはり昼だけでもいいかと、知人に打診したんだけどNGで、やむなく自分で見た、というのが正直なところ。

 でも、結果的には、譲ろうとした夜の部の「勧進帳」の方を面白く見たのだから、わからないものだわね(というか、たいてい私のもくろみははずれる、ということかもしれない)。

続きを読む "珍しく演舞場に昼夜おりました"

| | コメント (2)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »